不労所得生活には、あまり魅力がない件【夢は捨てよう】

不労所得_生活

不労所得を夢見る人
将来は不労所得を得てぬくぬく暮らしたいなぁ。仕事なんか本当はやりたくないし、生活のためだけにやってるけど、いつかは不労所得を得てサラリーマンなんてやめてやりたい!

本記事の結論
嫌な仕事で生きる<<<不労所得で生きる<<<<<やりたい仕事で生きる

結論、不労所得だけで生きる人生は、つまらないです。

本記事の信頼度
サラリーマンエンジニア→副業ブログで月100万円→退職し、ブロガー兼FXトレーダー

2020年6月現在のぼくの経歴はこんな感じ。

やりたくないサラリーマンから、副業ブログをはじめて不労所得で生きれるようになり、今はやりたいことだけやってます。

ぶっちゃけ、今は労働ゼロでも月100万円はいってきますが、経験してみて初めてそのつまらなさに気づきました。

「サラリーマンで40年生きるなんて嫌だ」と思っている方もいるはずです。僕も昔はそうでしたし、なんなら皆さん以上にサラリーマン生活で嫌な思いをしている自信もあります。

けど、今は意見が変わりました。

まったく上から目線とかではなく、不労所得は大したことないので、現状に不満のある方はじっくり読んでみてください。

本記事の内容
  • 不労所得のある生活とは【想像すると大したことない】
  • 不労所得<やりたい仕事【イメージ:ゲームのやりこみ要素】
  • やるべきは「嫌な仕事」を辞めること

不労所得のある生活とは【想像すると大したことない】

不労所得のある生活とは【想像すると大したことない】

「寝ていてもお金が入ってくる」という陳腐な言葉がありますが、皆さんのイメージする不労所得もこんな感じじゃないでしょうか。

  • 仕事はせず毎日映画を見たり、遊ぶ
  • ストレスを抱えず好きな人と好きな時に旅行に行く
  • ただただ家でゴロゴロする

こんなイメージをしている方が多いはず。

ただ、このイメージは間違っています。
正確に言うと、もう一段階上に本当の幸福っぽいものがある感じです。

僕は「ストレスフリーになる」ことが目的で不労所得を目指しましたが、ぶっちゃけかなりイメージ不足だったと思います。

 

ちょっと頭でイメージしてみてください

イメージをもっと深彫りしてみてください。

仕事を辞めて、どうしてもやりたかった世界一周旅行を終えました!ハワイやグアムなどのリゾート、パリやラスベガスなどの観光名所、東南アジアでシェアハウスなんてのも経験できました!

じゃあその先は?

漠然とイメージしていた理想の生活を実現したはいいとして、その後どうしようと思っていますか?

断言します。その生活が心から一生楽しめるものでない限り、必ず飽きが来ます。
そして、一生をささげられるほどの情熱を注げる何かが、絶対に欲しくなっちゃいます。

思ってたものと、現実が違うことはよくある

「実際にやってみたら、そうでもない」というのは誰でも経験があると思います。

大人になる前は、自分がすごい人間になると思っていたけど、そうならなかった。
社会人になる前は期待もあったけど、実際は面白くもなかった。

それと同じで「不労所得を得ること」それ自体は、まっったく期待外れに終わると思います。

本当に大事なことの本質は「嫌なことは辞める」ということだと実感してます。

まだ理解を得られないと思うので、ちょっとイメージしやすくしてみます。

 

不労所得<やりたい仕事【イメージ:ゲームのやりこみ要素】

不労所得<やりたい仕事【イメージ:ゲームのやりこみ要素】

ちょっと次の3つのテレビゲームを想像してみてください。

3つのテレビゲームどれをやりますか?
  • ①:つまらなそうなテレビゲーム
  • ②:楽しかったけど全クリしてやることがないゲーム
  • ③:超楽しかったし全クリ後もやりこみ要素満載のゲーム

    ※脳内で好きなゲームに変換してみてください(ポケモンとかドラクエとか)

多くの人は③のゲームがしたいはず。

次はこのゲームを仕事に置き換えてみます。

あなたは実際、どれをやってますかね?

3つの仕事どれをやってますか?
  • ①→やりたくないサラリーマン業
  • ②→嫌な仕事を辞めて、不労所得で生活
  • ③→どれだけやっても楽しめる仕事

さっきゲームでは③を求めていたのに、仕事となると①の人が多いはずです。なぜかあなたは、本当にやりたいポケモンではなく、嫌々ロックマンをやってます。

その状況に不満を言いつつ、②の不労所得を夢見るわけです。

でも本当に求めるべきは、圧倒的に③ですよ。

なぜなら、②はやりこみ要素がないからです。不労所得でゲームクリアになっても、もうやることがないので、そのゲームから興味は必ず失せます。

なので今、不労所得を目標にしている方は目線を一つ上げて、楽しめる仕事を探してみてほしいです。

 

やるべきは「嫌な仕事」を辞めること

整理すると、仕事における幸せは3ステージあります。

  • 1stステージ:嫌な仕事をやる
  • 2ndステージ:不労所得があり、仕事をする必要ゼロ
  • 3rdステージ:楽しい仕事をやる

なので理想は「不労所得があり、かつ仕事が楽しい」という感じです。

まずやるべきは「嫌な仕事を辞める」ことだと思います。

辞めるために準備は必要ですが、僕はその期間に1年かかりました。
あなたも今から始めれば、遅くないはず。

ぜひ仕事においても幸せをつかんでみてください。

関連記事

【厳選3つ】サラリーマンにおすすめのWワーク【不労所得を目指す】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です