2022年11月30日まで期間限定!新規口座開設だけで60,000円GET!

【保存版】BscScanとは?使い方・見方まとめ【画像付きの初心者向け解説】

BscScanに興味ある人
・BscScanとは?何ができるの?
・BscScanの使い方と見方を教えて!
・BscScanを実際に使っている人に教えてほしい!

本記事ではこのような方のため投資歴8年の著者ジョンが「BscScanの使い方・見方」について画像付きで初心者に分かりやすくガチ解説していきます!

ジョン
BscScanはBNB Chainで投資するときや、Dappsで遊ぶ時の必須ツールなので、ぜひこの機に使い方をマスターしておきましょう!

本記事を読むと出来ること
  • BscScanでできることを1分でサクッと理解できます!
  • BscScanの見方・使い方が画像付きで理解できます!
  • BscScanで各種データ分析ができるようになります!

BscScanとは?

BscScanとは?
サービス名 BscScan(ビーエスシースキャン)
サービス内容 BNB Chainのオンチェーンデータ検索・確認・分析
開発・運営 Matthew Tanら個人開発者チーム

BscScanとはBNB Chain(旧BSC)専用のエクスプローラーサイトです。

>>【保存版】BNBチェーンとは?特徴・始め方や将来性まとめ

パプリックブロックチェーンであるBNB Chain上のあらゆるオンチェーンデータにアクセスでき、データ検索・分析などの用途で利用されます。

開発・運営はEtherscan/Polygonscanと同じチームが行っており、BNB Chain上では最も利用されているエクスプローラーサイトになっています。

BscScanでできること・役に立つ場面

BscScanでは下記のようなことができます。

・トークンの価格・時価総額・流通量などの確認
・NFTの取引履歴・保有者などの確認
・トランザクション・ブロックの履歴・詳細確認
・リアルタイムのガス代確認
・ネットワーク状態の確認
・多数統計データの確認

そのため、下記のような悩み・問題を抱えている人はPolygonscanを使うことで解決することができます

・BNB Chainのガス代が今どれくらいか知りたい!
・BNB Chainが遅くて困っている!
・BNB Chainでの取引履歴が欲しい!
・BNB Chainで保有しているNFTを確認したい!
・特定のトークンのコントラクトアドレスが知りたい!

…などなど

ジョン
よくある悩み・問題は上記のようなものですが、BscScanを用いればすべて解決できます!では、これから画像付きでやり方を解説していきます!

BscScanの使い方・見方

下記5つのBscScanの使い方をそれぞれ解説していきます!

  • 使い方①:ガス代を確認する
  • 使い方②:ネットワーク状態を確認する
  • 使い方③:取引履歴をExcelで出力する
  • 使い方④:NFTの取引履歴・保有者を確認する
  • 使い方⑤:特定のトークンのコントラクトアドレスを確認する

使い方①:ガス代を確認する

BscScanの「Gasトラッカーページ」から下記のようにリアルタイムのガス代を確認可能です!

BscScanの「Gasトラッカーページ」

右側のグラフでは、設定したガス代毎の「Pending」トランザクション数を見ることができます!

設定したガス代毎の「Pending」トランザクション数

これをキッチリ見ておくと、すぐに取引を完了したいとき「Pendingが発生しないGwei」にガス代を設定して素早く取引を終えることもできます!便利ですね^^。

また「ガス代平均チャートページ」では期間ごとの平均のガス代を確認できるので、こちらを基準に「今のガス代は高いか、安いか」を判断してみましょう!

ガス代平均チャートページ

ジョン
上記チャートを見てもわかるように、BNB Chainはトランザクションが混雑するとガス代も高騰するので、取引を行う前に必ずガス代はチェックしておきましょう!

使い方②:ネットワーク状態を確認する

BscScanの「ネットワークステータスページ」にてBscScanのネットワーク状態を確認することができます!

下画像のように、全てのステータスが「Operational」になっていれば問題なくネットワークが動いています!

BscScanの「ネットワークステータスページ」

ジョン
BNB Chainが遅いと感じたときは、まずこちらのネットワークステータスをチェックしましょう!

使い方③:取引履歴をExcelで出力する

BscScanトップページ上部の検索窓から取引履歴を出力したいアドレスをコピペして検索しましょう!

BscScanトップページ上部の検索窓から取引履歴を出力したいアドレスをコピペして検索

検索結果のページ下部から「Transaction」タブ>「CSV Export」を選択しましょう!

「Transaction」タブ>「CSV Export」を選択

最後に確認したい期間を指定して、「Download」を選択すると取引履歴がエクスポートできます!

「Download」を選択すると取引履歴がエクスポート

ジョン
トークンの取引からDappsへの承認、またNFT取引まで全ての履歴を確認できるので確定申告のとき等で役立ちます!

使い方④:NFTの取引履歴・保有者を確認する

BscScanの「ERC-721トップトークンページ」から、BNB Chain上のNFTが取引高の多い順に確認できます。

なおBNB ChainはEthereumがフォークしたチェーンのため、NFT規格は同様のERC-721です。別名BEP-721とも呼ばれますが、BscScan上ではERC-721表記です。
BscScanの「ERC-721トップトークンページ」

さらにNFTシリーズごとに、より詳細の情報を確認可能です。今回は取引高3位の「Amazy Sneaker」を見てみましょう!

>>【保存版】AMAZYとは?始め方・稼ぎ方まとめ【新世代Move To Earn】

取引高3位の「Amazy Sneaker」

詳細画面の上部では下記情報が確認できます。

NFTの詳細確認

Total SupplyNFTの総供給量
HoldersNFTを1つ以上保有しているアドレス数
Transfers取引数
Contractコントラクトアドレス

ページ下部の「Transfers」タブから、取引履歴を見ることができます!

「Transfers」タブから、取引履歴を見る

また「Holders」タブからはホルダーのアドレスと保有数、保有しているNFTが見れます!

「Holders」タブからはホルダーのアドレスと保有数、保有しているNFT

ジョン
特にNFTのコントラクトアドレスは二次市場でニセモノを見破るとき便利なので、活用してみてください!

使い方⑤:特定のトークンのコントラクトアドレスを確認する

BscScanトップページ上部の検索窓からコントラクトアドレスを知りたいトークンして検索しましょう!今回はBUSDを検索してみます。

BscScanトップページ上部の検索窓からコントラクトアドレスを知りたいトークンして検索

検索したページ右上の「Contract」からコントラクトアドレスを確認可能です!

ページ右上の「Contract」からコントラクトアドレスを確認

MetaMaskにトークンをインポートするときは、こちらの公式コントラクトアドレスを用いるようにしてください!

>>1分でできるMetaMaskへのトークン追加・削除方法【画像付き解説】

コレが間違っていないか不安であれば下記の大手サイトでも同様に確認し、コントラクトアドレスが同じであることを確認しておくと賢いです!

ジョン
基本的に上記の方法を応用すれば、ほとんどどんな情報でも検索できるのでBscScanはメチャクチャ便利です!

おまけ:統計データが見れます

BscScanの「チャート&統計ページ」から、様々なオンチェーン統計データを確認できます。

BscScanの「チャート&統計ページ」から、様々なオンチェーン統計データを確認

ブロックサイズ、ブロック生成時間の平均などなど、マニアックな情報も確認できるので、BNB Chainの分析・解析をする際に便利です。

これらはブロックチェーン全体のデータですが、Dappsごとのデータを見たい方は「Dune Analytics」や「DappRadar」などがおすすめです。僕は毎日のように見てますし、もちろん無料です^^。

BscScanのトラブル・よくある質問

BscScanは全て無料で使えるの?課金されたりしない?

ジョン
BscScanの機能は全てタダで利用できます!

BscScanに有料機能は一切なく、全て無料で利用ができます。

無料かつ、今後の投資必須ツールでもあるので、この機にBscScanはブックマーク登録しておくと賢いです^^。

BscScanでRevoke(リボーク)はできる?

ジョン
BscScanではMetaMaskからRevoke(リボーク)できます!

RevokeとはMetaMaskでDappsに承認した「トークン権限」を非承認にすることです。Revokeを忘れて不正なDappsにトークン権限を渡したままにすると、最悪資金が盗まれます。

RevokeはBscScanの「Token Approvalページ」から可能です。

詳細は下記記事を参考にどうぞ^^。

BscScanで他チェーンの情報も見れる?

ジョン
BscScanではBNB Chain以外の情報は見ることができません!

BscScanはBNB Chain専用のエクスプローラーサイトです。他チェーンにもそれぞれ専用のサイトがあります。

イーサリアム:Etherscan
Solana:SolScan
Polygon:PolygonScan
Avalanche:AvaScan

まとめ:BscScanはBNB Chain資産運用の必須ツール!

最後に、本記事のまとめです。

  • BscScanはBNB Chain専用エクスプローラーサイト!
  • BscScanを用いれば多くのオンチェーンデータにアクセス可能!
  • BscScanは無料かつ必須なのでブクマ登録しておきましょう!

ではでは、本記事は以上となります。ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です