2022年11月30日まで期間限定!新規口座開設だけで60,000円GET!

【初心者向け】Avascanとは?使い方・見方まとめ【Avalanche専用エクスプローラーサイト】

【初心者向け】Avascanとは?使い方・見方まとめ【Avalanche専用エクスプローラーサイト】

Avascanに興味ある人
・Avascanとは?何ができるの?
・Avascanの使い方・見方を教えて!
・Avascan初心者にわかるように説明して!

本記事はこのような方向けに投資歴8年の著者ジョンが「Avascanの使い方・見方」について初心者に分かりやすく画像付きで解説していきます!

本記事を読むメリット
  • Avascanとは何か1分でサクッと理解できる!
  • Avascanの使い方・見方をレベルアップできる!
  • Avascanで知りたい情報を探せるようになる!

ジョン
AvascanはAvalancheブロックチェーンで投資したり、Dappsをイジる人なら必須ツールで、使いこなせると超便利です!

Avascanとは?

Avascanとは?
サービス名 Avascan(アバスキャン)
サービス内容 Avalancheのオンチェーンデータ検索・確認・分析
開発・運営 Avascan社

AvascanとはAvalancheブロックチェーン専用のエクスプローラーサイトです

>>【保存版】Avalancheチェーンの特徴・始め方まとめ【初心者向け】

ブロックチェーン上のデータは僕たちユーザーが見ても「?」な情報だらけですが、それらを整理し、分かりやすく情報を提供してくれるのがAvascanの役割です。

Avalancheブロックチェーンにおける最初のエクスプローラーサイトであり最大手なので、人気・信頼度ともにバツグンに高く、利用ユーザーが最も多いのが魅力です。

ジョン
検索もできるので、ブロックチェーン上のGoogleのような存在です!

Avascanでできること・役に立つ場面

Avascanでは主に下記のようなことができます。

・トークンの価格・時価総額・流通量などの確認
・トランザクション・ブロック履歴の確認

・バリデーター・デリゲーター数など確認
・Dappsの統計データ確認

そのため、下記のような悩み・問題を抱えている人はSolscanを使うことで解決することができます

・Avalancheのガス代が今どれくらいか知りたい!
・Avalancheでの取引履歴が欲しい!
・Avalancheで人気のDappsやトークンデータが見たい!
・特定のトークンのコントラクトアドレスが知りたい!

…などなど

ジョン
よくある悩み・問題は上記のようなものですが、Avascanなどのツールを用いればすべて解決できます!では、これから画像付きでやり方を解説していきます!

Avascanの使い方・見方

下記5つのAvascanの使い方をそれぞれ解説していきます!

  • 使い方①:ガス代を確認する
  • 使い方②:取引履歴をExcelで出力する
  • 使い方③:Dapps・トークンの統計データを確認する
  • 使い方④:特定のトークンのコントラクトアドレスを確認する

使い方①:ガス代を確認する

Avascanではガス代を確認することができません

ガス代を確認したいときは、Etherscanと同じチームが開発・運営しているエクスプローラーサイト「SNOWTRACE」を利用しましょう!

SNOWTRACEの「Gasトラッカーページ」にて下画像のようにガス代を確認できます。

SNOWTRACEの「Gasトラッカーページ」にて下画像のようにガス代を確認
30秒以上で完了:26 nAVAX
10~30秒で完了:26.5 nAVAX
10秒以内で完了:27 nAVAX

また右側のグラフを確認してPending(待ち状態)が発生しやすいガス代が分かるので、こちらを確認しつつガス代を設定するようにしましょう!

AvascanでPending確認

ジョン
ガス代を高く設定すれば取引を早く完了できるので、そのときの要望に応じてガス代を臨機応変に設定しましょう!

使い方②:取引履歴をExcelで出力する

Avascanでは取引履歴を確認できますが、Excel出力ができません

そこで履歴をExcel出力したいときは、Etherscanと同じチームが開発・運営しているエクスプローラーサイト「SNOWTRACE」を利用しましょう!

SNOWTRACEトップページ上部の検索窓から、取引履歴を出力したいMetaMaskの「Avalanche C-Chain」アドレスを検索しましょう!

SNOWTRACEトップページ上部の検索窓

検索結果ページの下部から「Transactions」タブ>「CSV Export」を選択します!

「Transactions」タブ>「CSV Export」を選択

最後に、出力したい期間を選択して「Download」ボタンを選択すればExcel出力完了です!

出力したい期間を選択して「Download」ボタンを選択

ジョン
確定申告の際には必ず取引履歴が必要になるので、こちらのやり方を覚えておきましょう!

使い方③:Dapps・トークンの統計データを確認する

Avascanの「Hot統計ページ」にてAvalancheブロックチェーン上のDappsで取引高が多いものを確認できます!

Avascanの「Hot統計ページ」

Avascanの「MARKETCAP(仮)ページ」にてAvalancheブロックチェーン上のトークン時価総額ランキングを見ることができます!

Avascanの「MARKETCAP(仮)ページ」

使い方④:特定のトークンのコントラクトアドレスを確認する

Avascanトップページ上部の検索窓からコントラクトアドレスを調べたいトークンを検索しましょう!今回はUSDCを調べてみます。

Avascanトップページ上部の検索窓からコントラクトアドレスを調べたいトークンを検索

検索結果ページの上部からコントラクトアドレスが確認できます!

検索結果ページの上部からコントラクトアドレスが確認

おまけ:ステーキングAPYを確認する

Avascanの「Staking統計ページ」からステーキングのAPYを確認できます!

Avascanの「Staking統計ページ」からステーキングのAPY

こちらのページはユーザー向けというより、バリデーターやデリゲーターになりたい方向けのデータです。ノード運営するなら、役立つデータが他にもたくさんあります!

ジョン
ただ、多分ほとんどの人が不要なので、おまけとして紹介させていただきました!

Avascanのトラブル・よくある質問

Avascanは無料で使える?課金されない?

ジョン
Avascanは完全無料で使えるツールです!

Avascanに一切の有料機能はありません。上述したSNOWTRACEも同様に完全無料です。

こうしたオンチェーンデータ分析ツールは投資判断にメチャクチャ使えますし、何より無料なのでガンガン活用してきましょう!

AvascanでAvalancheブロックチェーン以外のデータは見れる?

ジョン
AvascanではAvalancheブロックチェーンのデータしか確認できません!

AvascanはAvalancheブロックチェーン専用のエクスプローラーサイトです。

他チェーンの場合は、下記のようなサイトが有名です。

イーサリアムEtherscan
PolygonPolygonScan
SolanaSolScan
BNB Smart ChainBscscan

Avascanでリボーク(Revoke)はできる?

ジョン
Avascanでリボークすることはできません!

Avascanでリボークはできませんが、SNOWTRACEの「Token Approvalページ」からリボークすることができるので、こちらを活用しましょう!

こまめにリボークしておくことは仮想通貨運用の鉄則なので、忘れないようリマインダー登録などしておきましょう!ちなみに僕は月1回リボークしてます^^。

まとめ:Avascanは無料でデータ分析できる投資必須ツール!

最後に本記事のまとめです。

  • AvascanはAvalanche専用エクスプローラーサイト!
  • Avascanは他ツールと併用して使うと便利!
  • Avascanは投資判断に必須の無料ツール!

ではでは、本記事は以上となります。ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です