2020年11月30日まで限定!新規口座開設だけで10万円GET!

【最新版】FXのNDD方式とDD方式の違い【業者リストも公開】

海外FX_ndd

NDD方式とDD方式がよくわからない人
FX会社の方式にはNDDとDDというものがあるらしいけど、実のところよく分かっていない。両者の違いやメリット、デメリットを詳しく教えてほしい。海外FX業者はNDD方式なの?それともDD方式なの?

本記事ではこのような疑問に答えていく。

Jon
みなさんこんにちは!Jonと申します。
2020年、ついにサラリーマンを辞め、投資家兼ブロガーとして精進中の25歳。
投資歴7年、やっとのことでFX収入は月100万ほど。一応目標達成。
わりと赤裸々に、FXや投資関連のノウハウを毎日ブログにUPしている。
さて、今回の記事の内容はこんな感じ!
本記事の内容
  • NDD方式とDD方式の違いは「お金の流れ」
  • 海外FX業者はNDD方式、国内FX業者はDD方式
  • NDD方式は取引の透明性が高い、DD方式は不透明

FX業者のNDD方式とDD方式の違い

  • NDD方式→トレーダーからの注文をそのままインターバンクに流す
  • DD方式→トレーダーからの注文をFX業者のディーラーが処理する

たぶん、まだ分かりづらいので簡易的な図にしてみる。

DD方式の全体図
DD方式
NDD方式の全体図
NDD方式

DD方式のメリット・デメリット

先ほどの図の通り、DD方式ではトレーダーからの注文をFX業者のディーラーが仲介する。負けそうなトレードであればインターバンクに注文を流さずに、トレーダーが支払う負け分をそのままFX業者の利益にすることができる。

だからDD方式ではFX業者がトレーダーの注文に介在する。

DD方式のデメリット【注文の意図的操作がある】
  • トレーダーの損がFX業者の利益となるため、意図的な操作がありえる
  • ディーラーの裁量でスリッページや約定拒否、ストップ狩りなどがありえる
  • スキャルピングや自動売買が禁止されている場合が多い

トレーダーとFX業者が利益相反になり、FX業者側がトレーダーが損をする方向に意図的な操作を加える場合がある。噂レベルの話ではなく、実際に約定拒否があったり、ストップ狩りがされる場合は少なくない。

DD方式のメリット【スプレッドが超小さい】
  • スプレッドがNDD方式と比べて小さい

NDD方式と比べてスプレッド狭いのがメリット。理由は上記の述べた通りで、DD方式ではディーラーの操作(俗に言う『呑み行為』)によって大きな利益を得ているから、スプレッドを極小にすることができる。

むしろ表面上はオトクに見える「極小スプレッド」で集客し、集客したトレーダーから吞み行為によって利益を得ているという見方もできる。

 

DD方式のFX業者一覧

DD方式は国内FX業者の多くが採用している方式だ。

例えば、下記業者。

  • GMOクリック証券
  • DMMFX
  • FXブロードネット
  • 外為どっとコム
  • SBIFX
  • YJFX

海外FX業者でもLAND-FXなど一部DD方式の業者がある。

 

NDD方式のメリット・デメリット

さきほどの図の通りで、NDD方式のFX業者はトレーダーからの注文をそのままインターバンクへ流す。※インターバンクについては「実際に為替取引ができる場所」くらいの理解でOK

だからNDD方式ではFX業者がトレーダーの注文に介在することは一切ない。

NDD方式のデメリット【手数料がちょっと高い】
  • DD方式に比べてスプレッドが広い

NDD方式ではFX業者がやる事は「取引の仲介」でしかないので、利益は「仲介手数料」のみとなる。よってDD方式のFX業者と比べてスプレッドが高くなる。

なお、FX業者における『手数料』にはワリと深い意味があり、詳細は下記記事をどうぞ。

海外FX_スプレッド

【狭いのは2業者】海外FXのスプレッドをシンプルにしました

NDD方式のメリット【透明性が高い】
  • トレーダーの稼ぎ=FX業者の稼ぎなので、サービスが良い
  • 注文がFX業者を仲介しないので、スリッページや約定拒否がない
  • スキャルピングがほぼ許されている

NDD方式のFX業者の利益は「トレーダーの取引手数料」なので、トレーダーがたくさん取引をするほどFX業者の利益が増えることになる。よってトレーダーの利益=FX業者の利益という関係が成り立つわけだ。

だからトレーダーがたくさん利益を得られるように、NDD方式のFX業者は多くのサービスを提供しているワケだ。その最たる例が『ボーナスキャンペーン』である。

 

NDD方式のFX業者一覧

勘の良い人は分かっていると思うが、NDD方式は主に海外FX業者が採用している方式だ。

代表的なところだと次の3業者かと。

これらの業者は口座を作るだけで数万円もらえるボーナスキャンペーンを実施しているのだが、その理由はここにある。いやぁまったく初心者の当時はぼくもお世話になった。

ボーナスキャンペーンについては下記記事をどうぞ

海外FX_ボーナスv4

【2020年版】仮想通貨・海外FX業者の優良ボーナス一覧まとめ【20種類】

 

【豆知識】NDD方式はさらに2つの分類がある

NDD方式の2パターン

FX業者は上図のように分類されるので、、、厄介ですがNDD方式はさらに2分類され「STP方式」と「ECN方式」に区分けされる。

ECN方式はインターバンクに注文を流す

ECN方式は、トレーダーからの注文をそのままインターバンクへ流す方式。つまり先ほどのNDD方式の説明と同義だ。

トレーダーからの注文に対して、インターバンク内でオークションが自動的におこなわれ注文のマッチングが行われる。

もっと分かりやすく言うと、トレーダーから『10万通貨買い』の注文が入ったときに、『10万通貨売りたい』という注文を見つけて、マッチングさせるという事。

但し、ECN方式では『注文の際にかかる手数料』が『固定の取引手数料+スプレッド』という二重に手数料がかかる仕組みになっている。

STP方式に比べてさらに透明性の高い方式だ。

STP方式はインターバンクではなくLPに注文を流す

NDD方式の中でもSTP方式はインターバンクではなく提携先の金融機関、業界ではLP(リクイディティプロバイダー)と呼ばれる金融機関に注文を流して、注文をマッチングさせる。

STP方式の『注文の際の手数料』は『スプレッド』のみで、ECN方式より若干スプレッドが広くなっている。

 

ECN方式とSTP方式はどっちがおすすめ?

  • ECN方式:資金力があり、スキャルピングメインのトレーダー
  • STP方式:少額資金からFXを始めたい、初心者トレーダー

大まかに上記区分けでOK。初心者であれば、NDDでSTP方式である、先ほどの3業者でOKだ。

  • XM:『スタンダード口座』を選ぼう
  • is6com:『スタンダード口座』を選ぼう
  • GEMFOREX:『日本円口座(オールインワン)』を選ぼう

FXのNDD方式とDD方式まとめ

最後に本記事の内容をサラッとまとめる

  • 国内FXはDD方式、海外FXはNDD方式
  • トレーダーにとってはNDD方式>>DD方式
  • 透明性の高いNDD方式の海外FX業者を選ぼう

というわけで、今回は以上になる。

海外FXを始めるにはぶっちゃけ知識不足です

NDD方式とDD方式について理解していただいたと思う。

でも、ぶっちゃけまだまだ知識不足。

まだまだ学ぶべきことは膨大ですが、下記の第1STEPにて最初に学ぶべきことを3つのPOINTにギュッと詰め込み1つの記事にまとめた。

もしやる気があるなら、見て損はしない記事。

「千里の道も一歩から」という言葉がありますが、最初はつらいけど、頑張ると見えてくるものがあるので、自分の固い意志のある方は是非読んでみていただけると嬉しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です