FXの『pips』が分からないあなた!【3行で教える】

海外FX_pips

 

pipsがよくわからない人
FXではpips(ピップス)という言葉をよく見かけるけど、実は意味がよくわかっていない。なんとなくの使い方は分かるけどキチンとした定義や使い方を知りたい。実際、pipsって知っておくべき知識なの?それとも別に知らなくてもいい?

本記事ではこのような疑問に答えていく。

Jon
みなさんこんにちは!Jonと申します。
2020年、ついにサラリーマンを辞め、投資家兼ブロガーとして精進中の25歳。
投資歴7年、やっとのことでFX収入は月100万ほど。一応目標達成。
わりと赤裸々に、FXや投資関連のノウハウを毎日ブログにUPしている。
さて、今回の記事の内容はこんな感じ!
本記事の内容
  • pipsは「その通貨の最小単位の100分の1」を示す単位です
  • pipsはトレード手法や自動売買の成績を判断する指標に使われます
  • pipsの計算はややこしいけど、無料の計算機があります

FXにおけるpipsとは

FXにおけるpipsとは

pipsはFXトレードにおいて手法の優秀さや、自動売買の成績を分かりやすく表す指標として使われる単位の事

…といってもたぶん、分かりづらいので、カンタンに説明していく。

pipsは「その通貨の最小単位の100分の1」を示す単位
  • pipsは「その通貨の最小単位の100分の1」を示す単位
  • 円なら0.01円が1pips
  • 米ドルは最小単位が”セント”なので0.01セントが1pips

上記3行がpipsの定義。米ドルは「セント」という単位があり、その100分の1が1pips、つまりドル計算だと0.0001ドルが1pipsとなる。

「pip」ではなく複数形の「pips」で使われます

pipsは単位を示しているので、単数つまり”1”であれば“1pips”ではなく”1pip”と表現する場合が文法的には正しいけど、ほとんどのトレーダーはpipsを使う。

というわけで1pipではなく1pipsで表現されるので注記しておく。

 

なぜ「pips」が使われるのか?

pipsはFXトレード成績を分かりやすくするために作られた。

分かりやすくするため、例を用いて説明する。例えば、トレード成績が下記2パターンの場合を見てみる。

  • ドル円10万通貨買い→1円上昇し、10万円の利益
  • ドル円1万通貨買い→1円上昇し、1万円の利益

上記2パターンでは、同じ「”1円分”の勝ち」だが「利益額は10万円と1万円」で異なる。この場合、前者の方が優れたトレードをしているように見えるが、実際はただ掛け金が大きいか、小さいかの差だけである。

このようにトレードは掛け金や、通貨ペアによって実際の損益が変動するため、トレード手法や自動売買システムの性能を客観的に判断する際に別の指標が必要となる。その客観的な指標として単に値幅だけを示す『pips』が用いられる。

騙されないために、pipsの豆知識を教えます

上述した通り、pipsはトレード手法や自動売買システムの性能の客観的な指標として用いられるのだが、FX界隈にはpipsを用いた巧妙なだましがあるため、注記しておく

結論から言うと、トレード手法や自動売買のpipsは決済を分割することでカンタンに誤魔化すことができる

例えば、10万通貨買いのポジションを保有している場合、その手法は次のように決済を行う。

  • 100pips上昇した場合:1万通貨×10回で決済(100pips×10の勝ち
  • 100pips下落した場合:10万通貨×1回で決済(100pips×1の負け

つまり、勝ちトレードの場合は決済を分割し、負けトレードの場合は決済を集約することで、pipsをごまかすことができるということだ。

自動売買EAの「~pips勝ちました!!」的な宣伝は信用しちゃダメ

このpipsを用いただましは自動売買界隈で特に使われている。

有料の自動売買EAを売るための宣伝として「~pips勝ちました」はマジで当てにならないので要注意。

海外FX_自動売買

海外FXの自動売買の闇を暴露する【EA提供者の不都合な真実】

 

FXトレードのpips計算をラクにする方法

FXトレードのpips計算をラクにする方法

pips計算にはいろんなツールがあり、楽に計算できる。

というわけで自分で計算する必要は一切ない。

なお、pips計算の際には「ロット」についての知識も必要になる。ロットとは要するに「取引通貨の単位」のことだが、pipsとわりと混同しがちなので、よくわからない方は下記記事で学んでいただければと思う。

海外FX_1ロット

【海外FX】ロット(lot)をどこよりカンタン解説します【1ロット=10万通貨】

 

FXにおけるpipsまとめ

最後にpipsについてサラッとまとめる。

  • pipsは「その通貨の最小単位の100分の1」を示す単位です
  • pipsはトレード手法や自動売買の成績を判断する指標に使われます
  • pipsの計算はややこしいけど、無料の計算機があります

Pipsについてはこれだけ知っておけば万事OKだ。

追伸:Pipsを理解しても「脱・初心者」にはなりません

さて、本記事ではpipsについて学んでいただいた。これでFXにおける資金管理が共通のpipsという単位を用いてできるようになるし、自動売買の過去検証などもできるようになる。つまり、FXトレーダーとして一歩前進した。

但し、FX初心者が知っておくべく前提知識はこれだけではない。Pipsを理解しただけで、このままトレードを始めても、絶対に勝てないし、下手したら全財産を失う結果になるだろう。ともあれ、相場はそれほど残酷だ。

でも、安心してほしい

FX初心者が正しく海外FXを始めるためのロードマップを本ブログでは”たったの3STEP”に凝縮し、まとめている。こちらの3STEPを正しく学び、実践していただければ、億トレーダーも夢ではないだろう。なぜならこれは僕自身が数多くの億トレーダーを分析し、月収100万円まで到達した方法であり、そのやり方をそのまま書いてあるからだ。

あなたがFXで本当に稼ぎたい金額が、無意識に稼げるようにできたら、どうだろうか?
それって、かなりすごいこと。

気難しく、常に変動するFX相場があなたの思い通りに動く。そうなれば、たいていのFXトレードに勝利することができるようになるだろう。これは、そんなすごいテクニックを身に着けるための3STEPだ。

本気でお金を稼ぎたいと思っている方であれば、是非第1STEPから参考にしていただければと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です