2020年11月30日まで限定!新規口座開設だけで10万円GET!

【裏ワザ有】これが、海外FXハイレバのマジなリスクです【失敗しない必読書】

海外FX_ハイレバ

ハイレバの本当のリスクを知りたい人
海外FXのハイレバを勧める声が多いけど、なんか怪しい。。。実際のところリスクはどうなの?国内FXの方が安全とよく聞くから、本当は海外FXはめちゃくちゃ怖いんじゃないの?ちゃんとリターンだけでなくリスクも説明してほしい。

本記事ではこのような疑問に答えていく。

Jon
みなさんこんにちは!Jonと申します。
2020年、ついにサラリーマンを辞め、投資家兼ブロガーとして精進中の25歳。
投資歴7年、やっとのことでFX収入は月100万ほど。一応目標達成。
わりと赤裸々に、FXや投資関連のノウハウを毎日ブログにUPしている。
さて、今回の記事の内容はこんな感じ!
本記事の内容
  • はい、海外FXのハイレバは間違いなく危険です
  • 国内と海外どっちが危険!?→国内です
  • 危険度を左右するのは全て「追証制度」にアリ

海外FXにおけるハイレバの危険性について

海外FXにおけるハイレバの危険性について

まずハイレバの危険性を語るうえで、知らないとダメなのが次の2つのポイント。

  • POINT①:リターン=リスクという考え方
  • POINT②:国内と海外でホントに着目すべき点

 

POINT①:リターン=リスクという考え方

「強大な力にはリスクが伴う…(中二病風)」

冗談っぽいけど、わりと的を射ている考え方。FX投資においても当てはまることでつまり「リターンが大きいほどリスクも大きいよ」ということ。

1万円でFXを始めたとしてざっくり計算してみます

分かりやすく、ドル円レート100円とおく。

となるとドル円2,500通貨のお値段は25万円だ。手持ち資金が1万円しかないけど、レバレッジ25倍を活用するとドル円2,500通貨買えるわけ。

  • →レバレッジ25倍:1円上昇すれば『+2,500円』、1円下落すれば『-2,500円』

さらにドル円10万通貨のお値段は1000万円。手持ち資金が1万円しかないけど、レバレッジ1000倍であれば、ドル円10万通貨も買えちゃうわけ。

  • →レバレッジ1000倍:1円上昇すれば『+10万円』、1円下落すれば『-10万円』

ざっくりで、こんなの当たり前でしょ?と思うかもしれない。でも、いざハイレバに興味があるあなたはこれまで、ちゃんとこのような計算をしていただろうか?

レバレッジが大きいほどリターンもリスクも大きい

ハイレバの良い面ばかりがフォーカスされがちなので、前提としてこの考えを持っていてほしい。

つまり「ラクに10万円稼げるかも!?」は「スグに10万円失うかも!?」と同義。

「強大な力にはリスクが伴う…」と覚えておくと良い笑。

 

POINT②:国内と海外でホントに着目すべき点

「国内FXは最大レバレッジ25倍、海外FXはレバレッジ400~3000倍までピンキリ」

一般的に海外FXと国内FXのレバレッジ論の際は、単純なレバレッジの大きさを比較しがちだけど、レバレッジの大きさなんて忘れてもいいくらいもっと大切なことがある。

それが『追証』。

『レバレッジの大きさ』ではなく『追証』が大事

追証は「マイナス残高をトレーダーが負担する制度」のこと。さっきの『手持ち資金1万円』の例を用いるとサクッと理解できる。

  • ①レバレッジ25倍:1円上昇すれば『+2,500円』、1円下落すれば『-2,500円』
  • ②レバレッジ1000倍:1円上昇すれば『+10万円』、1円下落すれば『-10万円』

✓①レバレッジ25倍の場合、負けると残高は?

1円下落すると『-2,500円』なので口座残高1万円から2,500円が差し引かれて、残り7,500円になる。

✓②レバレッジ1000倍の場合、負けると残高は?

1円下落すると『-10万円』なので口座残高1万円から10万円が差し引かれて、-9万円になる。

追証制度がある場合、この-9万円はトレーダーの自己負担となる。

国内FXは追証“アリ”、海外FXは追証“ナシ”
  • 国内FX:追証アリ(日本の法律で定められています)
  • 海外FX:追証ナシ(ゼロカット制度と呼ばれてたりします)

そして、この追証制度は国内FXには100%付いて回る。

一方で、海外FXでは追証制度はほぼない。※本サイトで紹介している業者はわりと厳選しており、全部追証制度はないので安心してほしい

とどのつまり、リターン=リスクという観点を最初に紹介したが、海外FXにおいてはリターン>リスクとなるということ。

ぼくはこういった意味で、海外FXが国内FXよりリスクが少なく、さらに稼ぎやすいと思っているワケだ。

 

海外FXハイレバをオススメする怪しい人物たち

海外FXハイレバをオススメする怪しい人物たち

最初に断っておきたいのだけど、ネット上は真摯に情報発信している人も多い。ぼくも『信用』をかなり重んじて活動しているわけで、真摯な部類に入る(自分で言うのもなんだが…)

ただ、中には真摯でない人も居るわけで、そういった人のウソを見破るためのテクニックというか知識をちょっと伝授したい。ぼくのようにFXに関する発信活動をすると、やたらと目につくけど、多分あまり知られていないことなので参考になるはず。

特に、ハイレバの儲けやメリットばかり誇張する人とかね。。。

 

悪質偽装工作を見破るテクニック3つ

よく見るFXの成績偽造方法が下記3つ。

  • 偽造①:勝ちpips数をアピール
  • 偽造②:利益金額をアピール
  • 偽造③:MT4(PC版/スマホ版)の成績画面をアピール

ぶっちゃけ、これらはカンタンに偽造できる。

①については言わずもがな、勝ちトレードの場合は分割決済をし、負けトレードの場合は1回で決済することで、あっという間に偽造可能。(※詳細を知りたい方はFXの『pips』が分からないあなた!【3行で教える】を見てほしい。)

②の偽造は「無理だろ」と思われがちだけど、下記のようにやれば超カンタン。

2つの口座で全く逆の取引をする→どっちかが勝つ→買った方の成績を切り貼り
これが最も、初心者トレーダーが騙されやすい。

③はかなり悪質で、画面のスクショを改ざんしたり、時にはゼロから作る場合もあり。僕の場合はTwitter(@Jonko40476838)のDMにて「MT4の画面偽造します」的なメッセージが来ており、要はそういった偽造団体(個人?)があるっぽい

 

情報発信者側からの意見

上記のような理由、つまり悪質な成績公開が界隈にはびこっているため、正直FXトレーダーの成績は本物にしろ、偽物にしろ、見分けがつかなくなってしまっている。

ステマではないが、akiさんのようにYouTubeライブでリアルタイムトレードするくらいしか、自分が本当に優れたトレーダーだと証明する方法はないだろう。(ちなみに始めた当時はボコボコに批判されていたが、分かる人は「これできるのはすげえわ」と分かっていたはず)

僕はスイングメインでスキャルはやっておらず現状ライブ配信は難しいが、ボチボチYouTubeでの発信も考えており、スキャルについても手法検証して試行錯誤しているわけで、もろもろ楽しみにしておいてほしい。

ともあれ、こんなぼくの戯言の100倍重要なことは「リアルタイムトレード以外の成績公開は99%無意味」という初心者がほぼ知らない事実なので是非覚えておいてほしい。

海外FXハイレバのリスクについてまとめ

とゆーわけで、海外FXのハイレバについてサラッとまとめる。

  • 海外FXのハイレバはリターン>リスク
  • 国内FXを避けるホントの理由は『追証』
  • ハイレバの成績公開は全部信頼しちゃダメ

本記事はこんな感じで終わり。

【裏ワザ】ハイレバのリスクをゼロにする方法

とゆーわけで、本記事ではハイレバのリスクを存分に理解していただいたわけだけれど、これで終わっては消化不良だろう。

「リスクは分かったけど、結局俺はどうすればいいの?」こんな方に一つ質問。

もし、自分のお金を一切リスクに晒すことなく、ハイレバを活用できたらどうだろうか。それは相当すごいことだろう。トレードで勝てば100万円、負けても損失無し。トレードの勝率が50%だったとしても、悪くない勝負。

そんなすごい『勝負』を実現させるのが、この裏ワザだ。

【結論】ボーナスキャンペーンを利用する【一度きりです】
  • 海外FX特有のボーナスキャンペーンを利用する
  • 口座を作るだけで2~3万くらい貰える
  • ただし、一度きりの裏ワザです【既にやった方、すみません】

海外FXでは口座を作ると証拠金がもらえる「口座開設ボーナス」というモノがあり、これを利用してがんばれば、5万くらい集まる。

この口座開設ボーナスにハイレバを組み合わせることで、自分のお金を失うリスクゼロで高単価利益が見込めるトレードができるというわけだ。豊富なボーナス制度があり、かつ追証なしの海外FXだからこそ成せるまさに『裏ワザ』的テクニックとなる。

有名どころだとGEMFOREXis6comといった業者のボーナスキャンペーンが豪華かと。

2万以上ある海外FX業者の中から、19業者を厳選しておいたので、興味のある方は下記記事を参考にしていただければと思う。

海外FX_ボーナスv4

【2020年版】仮想通貨・海外FX業者の優良ボーナス一覧まとめ【20種類】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です