【サラリーマン向け】後悔しない休日を過ごす方法【何もしなくてOK】

サラリーマン_休日

休日後悔しがちな人
休日を振り返ってみると、ダラダラしてるだけで何も得るものがない…もっと休日を充実したものにしたい。遊びでも勉強でもいいけど、とにかく後悔しない休日の過ごし方を身に着けたいな。。。

本記事はこのような方向けとなっています。

煩雑に、いろんな過ごし方をまとめた記事じゃないです

・おすすめのアウトドアの過ごし方!

・おすすめの休日レジャー!

こんな記事はネット上にあふれており、今更書いても価値がないかと思うので、今回は「後悔しない休日を過ごす方法」といったテーマにフォーカスしてる記事です。

つまりはゲームをしようと、恋人と過ごそうと、ダラダラしようと、勉強しようと関係なく、「休日を後悔しない」ことができるようになる方法です。

なお、わりと数学的な部分もあります。

本記事の内容
  • 後悔する休日を過ごすサラリーマンの特徴
  • サラリーマンが後悔しない休日を過ごす方法【カンタン】
  • 勉強に使える方法です【意識高い人向けかも】

後悔する休日を過ごすサラリーマンの特徴

後悔する休日を過ごすサラリーマンの特徴

いきなりですが、休日の夜に「今日はもったいなかったなぁ」と後悔したこと、ありますか?

たぶん、誰しもが経験しているはず。覚えのない超人の方は、本記事は読む価値がないと思うので、ぜひブラウザバックしてください笑

ちょっと、後悔する休日を例に挙げてみます。

  • 平日の反動から、なんとなく1日中ダラダラ過ごす休日
  • 資格の勉強をするつもりだったのに、「来週でいいや」と投げ出した休日
  • 金曜日に夜更かしした結果、起きたら午後過ぎで損した気分になる休日

これ、あなたも絶対にどれかは思い当たる節があるはずです。

もしかしたら、つい先日あったかもしれませんね?あるいはずっと昔から今まで、同じような後悔を繰り返していませんでしょうかね。で、それは「怠け癖」のせいだと思っていませんかね?

もしそうなら、これから面白い発見があると思います。

良い休日を過ごせない理由は「怠け癖」ではないです

いきなり結論ですが、休日に後悔してしまう原因は「怠け癖」じゃないです。

むしろ「怠け癖」がある方に朗報があります。実は「怠け癖」こそが「良い休日を過ごす」ために必要です。

ええええぇぇ??どういうこと???今はこんな感じで結構です。あとで具体的な方法と絡めて詳細はお伝えします。ここはいったん頭の片隅に置いといてください。

じゃあ「怠け癖」でないなら、何が「後悔する休日」の原因となるか。実は、それは全て「想定外」に起因しています。「想定外」こそが休日のクオリティを著しく下げてしまうのです。

 

「想定外」が「後悔する休日」をつくる

例えば、1日中ダラダラして後悔した日を思い出してみて下さい。そして自問してほしいです。「その日は1日ダラダラするぞー!!」と決めてましたか?違うはずです。

こういった日は次の2つどちらかに当てはまるはず。

  • その①:何かしようと思ってたけど、ダラダラしてしまった
  • その②:何かをする計画すら立てず、ダラダラしてしまった
つまり、ダラダラしようとは思っていなかったにもかかわらずダラダラしてしまった場合、休日を後悔するハメになるという事です。「想定外のダラダラ」で休日が汚染されてしまっています。

さて、ここまではご理解いただけたかと。そしてこの解決法は、超カンタンです。

 

ダラダラを「想定」しておきましょう

ダラダラすることは悪ではありません。悪なのは「想定しないダラダラ」です。

つまり、ダラダラするなら、あらかじめ計画して、全力でダラダラしてください。逆に「ダラダラする」と決めた日は勉強や家事、洗濯などは絶対にしてはいけません。

そして、この方法の本当に面白いマジックはここからです。

「ダラダラする」と決めていたのに結果的に「勉強」や「家事・洗濯」をしてしまった場合、「想定外」にもかかわらず、ほとんどの場合「後悔」は出てこないという事です。

これは何故でしょうか?

怠け癖がある人は「怠け」を負、「実行」を正としている

自分の怠け癖に嫌気がさしている人は、無意識に「怠け」を負(悪いモノ)、「実行」を正(良いモノ)と位置付けています。そのため、想定外であっても勉強や家事などをした場合に「良いことをした気分」になるので、後悔どころかテンションが上がる、という現象が起こります。

100%休日を充実したものにする方法は、この性質を利用したモノです。

順を追って説明していきます。

まず、「後悔する休日を過ごすパターン」は下記の6パターンになります。

  • 1.休日の予定:怠ける、結果:怠ける→後悔しない
  • 2.休日の予定:怠ける、結果:実行→後悔しない
  • 3.休日の予定:実行、結果:怠ける→後悔する
  • 4.休日の予定:実行、結果:実行→後悔しない
  • 5.休日の予定:なし、結果:怠ける→後悔する
  • 6.休日の予定:なし、結果:実行→後悔しない

上記から、「何かを実行しようと予定していた場合」か「何も予定していなかった場合」に結果的に怠けてしまうと後悔する休日を送るハメになります。

しかし、最初から「怠ける」と決めておけば、結果的に怠けても、あるいは何かをしたとしても後悔することはありません。言い換えれば、最初から期待はゼロなので、何も引き算するものがない状態です。

こうすることで、100%後悔しない休日を送ることができます。

 

サラリーマンが後悔しない休日を過ごす方法【カンタン】

サラリーマンが後悔しない休日を過ごす方法【カンタン】

さて、後悔しない休日を送る方法をまとめます。

  • その①:休日の計画を立てる
  • その②:「1日中ダラける」とメモや手帳に書く

以上です。

休日に勉強したいけど、できない。。。といった悩みの対応策にめちゃくちゃ使えるので、ぜひやってみて下さい。※頭の中で計画するのではなく、ちゃんと文字にするのがミソです

より高みを目指すなら…やっぱり勉強です

休日の使い方は人それぞれだけど、僕的に一番充実するのはやっぱり「勉強」なのですね。1日遊びに使った後に「ちょっと勉強すればよかったなぁ」と後悔することはあれど、1日勉強した後に「遊びたかったなぁ」と思ったことが一度もないからです。

月並みですが、男なら頂点を目指したい欲があり、本能通りに生きるならやっぱり勉強が最も充実するのですよね。なので、自己成長したい!現状に満足していない!という方であれば、QOLをあげるため、ぜひ勉強してみてほしいです。

勉強をして失うのは時間だけです。一方で得るものはたくさん。資格や仕事、あるいはお金そのものかもしれないですね。けど遊んでも収穫はないはずです。少なくとも収入という面においては。

今やサラリーマンの10人に4人が副業に関心があり、10人に1人が実際に副業をやっているそうです。本当に人が少ない今がチャンスだと思います。2020年になってYouTuberは飽和していますが、2010年であれば参入チャンスがあったのと、同じことです。

休日ちょっと勉強をして、このチャンスをつかんでみてください。

関連記事

【厳選5冊+α】投資初心者におすすめな本【もう迷わない】

【厳選3つ】サラリーマンにおすすめのWワーク【不労所得を目指す】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です