2022年12月31日まで期間限定!新規口座開設だけで60,000円GET!

【最悪!?】BingXの評判・口コミ完全まとめ【仮想通貨コピートレード取引所】

【最悪】BingXの評判・口コミ完全まとめ【仮想通貨コピートレード取引所】.pptx

BingXが気になる人
・BingXを他業者と比較してのレビューを知りたいな…
・ポジショントーク無しでリアルな評判を教えて!
・いろんな人の口コミを見て、自分でも判断したいな…

本記事はこのような方向けに投資歴8年の著者ジョンが「BingXのレビュー・口コミ」を忖度なしでガチ調査した結果をまとめています!

本記事を読むメリット
  • 5分でBingXの業界評価が分かります!
  • 本記事だけで多くのユーザーの口コミが見れます!
  • 良い面だけでなくBingXの「悪さ」もぶっちゃけます!

BingXの会社概要

BingXとは?取引所情報まとめ【ボーナスキャンペーン有】
会社名 BingX(旧Bingbon)
サービス内容 仮想通貨コピートレード・現物/デリバティブ取引
設立 2018年(シンガポールにて設立)
ライセンス 米国MSB、カナダMSB、エストニアMTR、オーストラリアDCE
※参考:https://onl.la/D6FX4R6
社員数 200人以上
サポート support@bingx.com(日本語対応)
対応言語 11言語(日本語、英語、スペイン語、中国語、韓国語など)
最大レバレッジ 125倍(通貨ペアによって変動)

BingXは仮想通貨コピートレードに特化した取引所です。

コピートレードを利用すれば、投資初心者であってもプロ投資家に資産運用を任せることができるので、副業トレーダーや片手間に資産運用をしたい方から注目を集めています。

2018年設立当時は「Bingbon」としてベトナム・タイなど東南アジアを中心に事業を行っていましたが、2021年の大相場を機に日本市場へ進出し、ブランド名を「BingX」と改めました。

仮想通貨コピートレード専門の取引所と言えば「Bitget」が圧倒的知名度と人気ですが、それに次ぐ取引所としてBingXの注目度は非常に高いです!

仮想通貨取引所Bitgetの評判・安全性ガチまとめ

BingXの良い評判・口コミ

BingXの良い評判・口コミ

【良い評判①】仮想通貨コピートレードができる数少ない取引所

BingXは仮想通貨コピートレードができる数少ない取引所の一つです。

  • Bitget
  • BingX
  • BitCopy

知名度のある取引所であれば、およそ上記3つだけが仮想通貨コピートレードを実施しています。※bybitも実施していますが現状は人数限定で評価も謎です

Binance、FTXなど業界最大手ではコピートレードはできません。

なのでコピートレードができる取引所というのは大きな強みとなりBingXの人気につながっています。

【口コミ】実際にコピトレをしている人の声

【良い評判②】4か国で金融ライセンスを取得している

BingXは下記4か国で金融ライセンスを取得しています。

・アメリカMSBライセンス
・カナダMSBライセンス
・エストニアMTRライセンス
・オーストラリアDCEライセンス

無許可で金融業を行っている取引所は少なくありませんが、4か国ものルールに従って運営されているという点でBingXは信頼度が高いです。

例えば、アメリカMSBは米国財務省傘下のFinCENによって発行されるライセンスであり正式に米法に則って企業運営が行われていることを意味します。

【良い評判③】日本語対応している

BingXはアジア圏中心に全11言語に対応しており、日本語対応もしています。日本語対応しているWebサイトが下画像です。

日本語対応しているWebサイト

外国籍の取引所ではWebサイトが不自然な日本語だったり、意味が通じなかったりするのですが、BingXは非常に丁寧で分かりやすい日本語対応ができています。

その理由ですが、社員に日本人の方がいるようです。実際、BingXのサポートとやりとりしたとき、対応してくれたのが日本人の方でした。名前は伏せますが、下記のように日本語でサポート回答を頂きました^^。

日本語でサポート回答

【口コミ】日本語対応の評判はGood

【良い評判④】出金拒否の噂が全くない

BingXには出金拒否の噂が全くありません。

「当たり前だろ!」と言われそうですが、8年以上投資してきて、悪徳業者には99%出金拒否の噂があると肌感覚で理解しています。某Gate.ioとかググればヤバさが分かります。

ユーザー側の規約違反による出金拒否などのケースがあるため、「出金拒否は100%悪!」というわけではありませんが、こういった噂が一切ないのはBingXのプラスポイントです。

ジョン
「できて当たり前!」と思うかもしれませんが、海外取引所では思った以上に出金拒否が多いので、今後別の取引所を利用するときにも必ずココはチェックしておきましょう!

【良い評判⑤】コピートレードのシミュレーションができる

BingXの口座開設をすると自動的にVSTという体験金が口座に付与されます。

このVSTを使って、コピートレードを実際に試すことができます。これは最大手BitgetにはないBingX独自の強みです。

「イキナリ自分のお金を突っ込みたくない…」「ホントにコピートレードで稼げるか試してみたい…」という方はBingXが非常に向いています。

VSTを使ったコピートレードのやり方は、下記記事にまとめているので参考にどうぞ^^。

【良い評判⑥】コピートレード手数料が安い

BingXはコピートレード手数料が最大手Bitgetより安いです。詳細は下記表の通りとなります。

取引所名 デリバティブ手数料 利益配分率
Bitget Maker:0.014%
Taker:0.042%
※2022年4月27日に上記へ改定
最大10%
BingX Maker:0.04%
Taker:0.075%
固定8%

具体的にどのくらいの手数料になるのか、計算してみます。

50万円分のポジションで利益が10万円出た場合

・Bitget:10,070円の手数料
・BingX:8,200円の手数料

Bitget手数料計算式

50万円×0.014% + 10万円×10% = 70円+1万円 = 10,070円

BingX手数料計算式

50万円×0.04% + 10万円×8% = 200円+8,000円 = 8,200円

このように手数料だけで言えばBingXはBitgetより優れていると言えます。

ただし、BingXのコピートレードには「Copy Trade Pro」と「Copy Trade」がありプロ版だと手数料がBitgetより高くなってしまいます。手数料を目当てにBingXを利用するのであれば「Copy Trade」を選択してください!

【良い評判⑦】ボーナスキャンペーンが豪華

BingXでは常時ボーナスキャンペーンを実施しています。

【常時実施】タスク完了で100USDT(約1万3,000円)GETボーナス!

2022年6月1日~30日の期間限定ボーナス

下記のタスクを完了することで合計100USDT(約1万3,000円)がGETできます!

  • 携帯番号連携:20USDTプレゼント!(約2,600円)
  • 入金と2万USDTの取引完了:20USDTプレゼント!
  • 5万USDTの取引完了:25USDTプレゼント!
  • 15万USDTの取引完了:35USDTプレゼント!
ジョン
最大レバレッジ125倍まで設定できるので、入金額が1万円でも100倍のハイレバトレードをすれば往復15回のトレードで全てのタスクを完了できちゃいます!

ただ、ぼく個人的には上記のようなギャンブルトレードをするより、BingXと長く付き合うつもりで低リスクでトレードをすることをオススメします^^。

ボーナスの受け取り方は下記記事を参考にしてみてください!

【口コミ】ボーナスを最大限活用して辞めるのもアリ

ジョン
個人的にはこのやり方が一番いい気がしてます!笑。普通にコピートレードしたいならBitgetの方が優秀ですので。

BingXの悪い評判・口コミ

BingXの悪い評判・口コミ

【悪い評判①】現物・デリバティブ手数料が高い

BingXの現物手数料・デリバティブ手数料は、業界大手取引所より高いです。下記表の通りとなります。

取引所 現物手数料 デリバティブ手数料
BingX 0.20% Maker:0.04%
Taker:0.075%
Binance 0.10% Maker:-0.025%
Taker:0.075%
Bybit 0.10% Maker:-0.01%
Taker:0.05%

上記のように全ての面においてBinance、Bybitに劣っています。

なのでBingXでは仮想通貨コピートレード以外の取引は100%オススメしません。大人しくコピトレだけやっておきましょう。

【悪い評判②】コピートレーダーの未実現損益データがない

BingXではコピートレーダーの未実現損益データを見ることができません。完全非開示です。

個人的には、これ詐欺レベルかなと思ってます

なぜなら未実現損益データがなければ、コピートレーダーはいくらでも自分の成績をごまかすことができるからです。具体的には、下記のようなトレード成績をカンタンに作ることができます。

  • 収益:100倍
  • トレード勝率100%

これだけの説明だと理解がちょっとムズカシイ人は、こちらの記事に「この現象の説明と攻略法」をまとめてます。読んでみてください。

【悪い評判③】CEOなど運営チームのメディア露出がない

BingXはCEOや運営チームなどの情報を開示していませんこれも不安です。「なんか事件があっても逃げられるようにしてるの?」と思ってしまいます。

取引所運営が資金持ち逃げするニュースはThodexBitsaneなど何件もあります。同じことをしないとも言い切れないわけです。

仮想通貨コピートレード大手BitgetのCEO「Sandra Lou」さんはコインテレグラフに登場したりTwitterでもマーケティングをしたり、他チームメンバーの参画を祝ったりなどメディア露出は少なくありません。

一方、BingXはそこらへんがブラックボックス過ぎます。「BingX CEO」でググってもそれらしい人はいるけど確信が持てないレベルです。

徹底してチーム情報を非開示にしているのは何らかの意図があるのかも…?

【悪い評判④】コピーできるトレーダーが少ない

仮想通貨コピートレードができる取引所のコピートレーダー数ですが、BingXは非常に少ないです。※手動で集計したのでメチャ大変でした…(2022年6月10日集計)

  • Bitget:1036人
  • BitCopy:460人
  • BingX:276人

BitCopyは「全くトレードをしてないアカウント」も削除されないため多く見えますが、それでもBingXのコピートレーダー数は少ないですね。

より多くの選択肢があるのは、やはりBitgetです。

【口コミ】下手くそなトレーダーもいる

まとめ:BingXの評判・口コミは悪くない!上手く活用しよう!

いかがでしたでしょうか?

BingXはまだまだ知名度がないため、Twitterでの口コミが少なかったですが、事実ベースで評判・口コミをまとめてみました。

決して評判・口コミは悪いものではなかったですが、ベストかというとそうではなく、仮想通貨コピートレードであれば個人的にはBitgetかなと思ってます。

ただBingXが悪いというワケではなく、ボーナスキャンペーンや手数料の安さ、VST体験金など独自の強みがあるので、Bitgetとは別の用途でBingXは活用価値がありそうですね!

BingXの戦略的利用方法など別記事にまとめてますので、こちらも参考にどうぞ~。

ではでは、今回は以上となります。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です