2020年11月30日まで限定!新規口座開設だけで10万円GET!

海外FXの自動売買の闇を暴露する【EA提供者の不都合な真実】

海外FX_自動売買
海外FXの自動売買に興味がある人
海外FXの自動売買でおすすめのEAを知りたい。完全放置で稼げるEAでラクして稼ぎたい。自動売買って本当に稼げるの?実際にやっている人の声を聞きたい。

本記事ではこのような疑問に答えていく。

下記のツイートに反響が多かったため、この機に自動売買の危険性についてまとめておきたい。

 

本記事の内容
  • 自動売買は超キケン【小学生でも作れる】
  • 自動売買作成者が稼ぐ仕組み【知られていない】
  • 無免許で自動売買のEAを有料販売するのは違法

自動売買について3行でまとめます

本記事の内容をご理解いただくために「自動売買とは」をカンタンにお伝えしておく。

  • 自動売買とは全てのFXトレードを自動化するシステムのこと
  • 「いつ買うか、いつ売るか」等のシステム設定をEAと呼ぶ
  • EAは有料/無料のものがあり、販売者は個人あるいは企業

この程度理解していただければ、基礎知識はOK。

 

海外FXの自動売買のリスクとは

EAは小学生でも作れるという事実

実は、2020年は小学生でもEAが作れる時代。

なぜなら、下記のようなツールがあるから。

通常、EA作成にはMQLというプログラミング言語でビルドする必要がある。
但し、上記ツールを用いるとクリック&マウス移動だけでEA作成可能。

つまり、小学生でもEAは作れる時代になっている。
あなたが使おうとしているEAは「自分以下のFX初心者が作ったものかもしれない」のだ。

 

自動売買提供者がボロ儲けする仕組み

次に、自動売買販売者の稼ぎ方についてだ。

とんでもなく大きく稼げる方法なので、びっくりする人も居るかもしれない。

『ライフタイムコミッション』で無限に報酬が入る

ライフタイムコミッションとは「トレーダーが取引をするごとにアフィリエイターに一定額の成果報酬が入る」海外FXの報酬制度のこと。

例えば、「1lotの取引ごとに1000円の報酬」という制度であれば、10lotの取引を毎日行うトレーダーひとりに口座開設をさせることができれば、月に約20万円の報酬が得られる。

海外FXのアフィリエイト収入は主にこの「ライフタイムコミッション」なのだ。

自動売買販売者の多くはライフタイムコミッションで稼いでいる

自動売買販売者は、ほぼ「海外FXのアフィリエイター」だ。

2019年10月にぼくが調査した結果、「無料EA FX」でGoogle検索上位100件のうち97%が海外FXアフィリエイターだった。

これについては過去にツイートして反響があった。

つまり、EA提供者は「自動売買×ライフタイムコミッション」という組み合わせで利益を出している。

これがどれほど爆発的な利益を生み、トレーダーにとってはいかに危険であるか、次項で解説する。

自動売買の設定を『自分がボロ儲けするため』にしている?

トレーダーの利益そっちのけで、ライフタイムコミッションの性質を最大限活用すると、EA販売者の利益はとてつもないことになる。

例えば、さっきと同様「1lotの取引ごとに1000円の報酬」という報酬制度だとする。EAの設定が「1日に50lotの売買を繰返す」場合に、たった一人のトレーダーから月100万円のアフィリエイト収入を得ることができる。つまり、EAをたった100人に提供するだけで月1億円の収入となる。

つまりたったの一人の紹介で月収100万円。
これほどのコスパのアフィリエイトは唯一といっても過言ではないだろう。

つまり彼らは「無料でEAを提供するので”指定のリンク”から口座開設してください」という「めちゃくちゃお得に見えるエサ」で、実はとんでもない利益を出しているのだ。

 

もちろん、自動売買はリスクばかりではない

但し、自動売買を利用するのは必ずしもリスクばかりではない。

なぜなら、優良なEAを提供する個人や業者もいるからだ。
実は本質的には「EA提供者はトレーダーに稼げるEAを提供したほうがメリットがある」のだ。

つまりライフタイムコミッションの仕組み上、優良なEAを提供して、トレーダーの資金を増やし続け、長く取引を続けさせるほど、EA提供者も長い間利益を享受できるということ。

だから、優良なEAを提供する方も決して少なくはないことは注記しておく。
ただ、こういった悪徳業者が存在するデメリットではなく、もっと別の理由で僕は自動売買を利用していない。

 

そもそも自動売買にあまりメリットを感じない件

ぼく個人としては、そもそも自動売買にメリットを感じない。
なぜなら、自分のトレード技術は一切向上しないから。

自動売買で100万失ったらどうする?

例えば、自動売買で100万円を運用し、それが1か月で全てなくなったら、どうするだろうか?

結論、どうしようもない。

誰かのせいにしても何の解決にもならないし、自分が失敗から何か学んだとしても「自動売買はキケン」くらいだろうか?

それなら失敗から多くを学べる「裁量トレード」の方が良くないだろうか?

FXにおける本質的は「自動売買の理解」ではなく『いかにしてお金を稼ぐか』であり、それには「トレードの成長」という手段が最も効率がよく、再現性が高いことを僕は知っている。

FXの本質は「裁量トレード」から学べる

何度も言うように、FXの本質は「どうやって稼ぐか」だ。

思考停止で自動売買に手を出すのは本質外れであることを自覚してほしい。
やるべきは「裁量トレード」一択だ。

本質をとらえるためには「大衆心理」を学ぶ必要があり、それは全て「テクニカル分析」として分かりやすい形に落とし込まれているからこそ、「テクニカル分析を用いた裁量トレード」をぼくは長年やり続けている。

その結果、月収100万円程度はFXで稼げるようになった。

 

海外FXの自動売買をやる前に確認すべきポイント

最後に、自動売買をやる前に確認してほしいことをまとめる。

  • EAの売買手法を100%理解できているか
  • EA提供者が本当に信頼できるかどうか
  • 最終損益/運用期間/必要資金を自らシミュレーションし想定できているか

注記しておきたいのは、ぼくは自動売買を否定しているわけではない。
むしろ仕組化の手段としては大歓迎だ。

例えば、1ヵ月で10%の利益が出せるが、24時間パソコンの前でチャートを見張る必要がある手法を編み出せたとしたら、それを自動化したいというのは当然であり、もちろん有益だ。

問題は「稼げる!」といって自分の稼ぎ目的の悪徳EAを販売する者がいるということ。そしてそれを見抜ける人が少ないということである。

最後に、FX初心者にもかかわらず自動売買を考えていた方にとって、本記事が考え直す一助になれば幸いだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です