2022年9月31日まで期間限定!新規口座開設だけで10,000円分のビットコインGET!

【保存版】TRONSCANとは?使い方・見方まとめ【TRON専用のエクスプローラーサイト】

TRONSCANに興味ある人
・TRONSCAN(トロンスキャン)とは?何ができるの?
・TRONSCANの使い方・見方を教えて!
・TRONSCANを今すぐ使いこなせるようになりたい!

本記事ではこのような方のため投資歴8年の著者ジョンが「TRONSCANの使い方・見方」について小学生でもわかるように画像付きでガチ解説していきます!

ジョン
TRONブロックチェーンで仮想通貨投資をするならTRONSCANは必須ツールなので、ぜひこの記事を参考にトライしてみましょう!

本記事を読むメリット
  • TRONSCANとは何か1分でサクッと理解できる!
  • TRONSCANの使い方・見方がこの記事だけで分かる!
  • TRONSCANで知りたいことを今すぐ検索できるようになる!

TRONSCANとは?

TRONSCANとは?
サービス名 TRONSCAN(トロンスキャン)
サービス内容 TRONブロックチェーンのオンチェーンデータ検索・確認・分析
開発チーム TRONSCAN社

TRONSCAN(トロンスキャン)とはTRONブロックチェーン専用のエクスプローラーサイトです

開発・運営はマルタに拠点を置く福祉財団「TRONSCAN」社が行っており、ユーザーに無料でオンチェーンデータを提供しています。

TRONブロックチェーン上の取引記録やアカウント、ブロック情報、ノード情報、スマートコントラクト検索だけでなく、コントラクトのデプロイなどの機能があるため開発者にも人気のツールです。

ジョン
投資家にとっても開発者にとっても、TRONブロックチェーンに関わるときの必須ツールがTRONSCANです!

TRONSCANでできること・役に立つ場面

TRONSCANでは下記のようなことができます。

・トークンの価格・時価総額・流通量などの確認
・トランザクション・ブロックの履歴・詳細確認
・ネットワーク状態の確認
・スーパー代表への申請・投票
・そのほか統計データの確認

そのため、下記のような悩み・問題を抱えている人はTRONSCANを使うことで解決することができます

・TRONブロックチェーンが遅くて困っている!
・TRONブロックチェーンでの取引履歴が欲しい!
・スーパー代表に申請・投票したい!
・特定のトークンのコントラクトアドレスが知りたい!

…などなど

ジョン
よくある悩み・問題は上記のようなものですが、BscScanを用いればすべて解決できます!では、これから画像付きでやり方を解説していきます!

TRONSCANの使い方・見方

TRONSCANの主な使い方・見方である下記4つについて解説していきます。

  • 使い方①:ネットワーク状態を確認する
  • 使い方②:取引履歴をExcelで出力する
  • 使い方③:スーパー代表投票をする
  • 使い方④:特定のトークンのコントラクトアドレスを確認する

使い方①:ネットワーク状態を確認する

TRONSCANの「帯域消費データページ」から、ネットワーク状態を確認することができます。

TRONSCANの「帯域消費データページ」

帯域消費=ネットワークの取引量なので、異常に高いときはネットワーク処理が多く、混雑している場合があります。

同様に「トランザクションデータページ」から、日ごとのトランザクション数を確認できます。

「トランザクションデータページ」

ジョン
帯域消費とトランザクション数からネットワーク混雑度が推測できるので、ネットワーク遅延を感じたらコチラのデータを確認してみましょう!

使い方②:取引履歴をExcelで出力する

TRONSCANトップページ上部の検索窓から取引履歴をExcel出力したいTRONウォレットアドレスを検索しましょう!

TRONSCANトップページ上部の検索窓から取引履歴をExcel出力したいTRONウォレットアドレスを検索

検索したページ下部の「取引履歴」タブ>「CSV Download」を選択しましょう!

TRONSCAN「取引履歴」タブ>「CSV Download」を選択

ジョン
取引履歴が多いほど出力に時間がかかり、数分の待ち時間が必要な場合もあります!

使い方③:スーパー代表投票をする

TRONSCANの「スーパー代表投票ページ」から投票をすることができます!

まずは「Connect Wallet」からTronPowerを保有しているウォレットを接続しましょう!

「Connect Wallet」からTronPowerを保有しているウォレットを接続

ウォレット接続が完了したら、あとは各代表ページから投票ができます!

ジョン
投票した人が代表者になった場合、仮想通貨TRXが貰たりするので、やっておくだけトクしかありません!トライしてみましょう!

使い方④:特定のトークンのコントラクトアドレスを確認する

TRONSCANトップページ上部の検索窓からコントラクトアドレスを検索したいトークンを検索しましょう!今回はUSDCを調べてみます。

TRONSCANトップページ上部の検索窓から取引履歴をExcel出力したいTRONウォレットアドレスを検索

検索結果ページ上部の「コントラクトの発行」がコントラクトアドレスです!

「コントラクトの発行」がコントラクトアドレス

コレが間違っていないか不安であれば下記の大手サイトでも同様に確認し、コントラクトアドレスが同じであることを確認しておくと賢いです!

ジョン
基本的に上記の方法を応用すれば、ほとんどどんな情報でも検索できるのでTRONSCANはメチャクチャ便利です!

おまけ:そのほか統計データ

TRONSCANの「統計チャート一覧ページ」からそのほか様々な情報を分析できます。

主に、下記のような統計データを見ることができます。

TRONSCANの「統計チャート一覧ページ」
・トランザクション
・トークン
・流通量
・アカウント
・ネットワーク
・ブロック
・コントラクト
・スーパー代表

今後の投資対象を見つけたり、ステーブルコインの安全性を確かめたりなど、TRONブロックチェーンの分析に役立つので、ぜひぜひご活用ください^^。

TRONSCANのトラブル・よくある質問

TRONSCANは無料なの?課金とかはない?

ジョン
TRONSCANは完全無料のツールです!

TRONSCANには一切の有料機能はなく、全ての機能を無料で使うことができます。

もし有料課金を求められた場合、それは偽サイトの可能性が高いのでURLが「https://tronscan.org/」であることを確認しておきましょう!

TRONSCANでその他ブロックチェーンデータは見れる?

ジョン
TRONSCANはTRONブロックチェーンのデータのみ確認できます!

TRONSCANはTRONブロックチェーン専用のエクスプローラーサイトです。

その他チェーンの分析をしたい場合は、それぞれ専用のエクスプローラーサイトを使いましょう。

イーサリアム:Etherscan
BNB Smart Cahin:BscScan
Solana:SolScan
Polygon:PolygonScan
Avalanche:AvaScan

TRONSCANで他人の残高とかチェックできる?

ジョン
TRONSCANを用いれば他人の残高などもチェックできます!

TRONSCANはブロックチェーン上のあらゆるオンチェーンデータにアクセスできます。

なので「あの人どれくらいお金持ってるのかな?」というときにアドレスさえ分かれば全ての情報を見ることができます。やり方は上述の通りアドレスコピペで検索すればOKです^^。

まとめ:TRONSCANは仮想通貨投資の必須ツール!

最後に本記事のまとめです。

  • TRONSCANはTRONブロックチェーン専用分析サイト!
  • TRONSCANは完全無料で利用できる!
  • TRONSCANは投資で稼ぐ情報分析に必須のツール!

ではでは、本記事は以上となります。ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。