海外FXを使うことの違法性【法律的にはOK】

海外FX_違法性
海外FXの違法性が気になる人
海外FXって違法じゃないの?海外FXを使うことで逮捕されたりしない?実際に使っている人は法律違反なの?いろいろメリットがあるので海外FXを使いたいけど、法律面で不安だから教えてほしい。

本記事では、このような疑問に答えていく。

本記事の結論
  • 海外FX業者はグレーゾーン
  • 海外FXを使うことは違法ではない

海外FXの違法性についての2つの側面

海外FXの違法性について語る前に、あなたが心配しているだろう2つの観点を整理しておく。

  • 海外FX業者が日本人向けに営業することが違法であるか?
  • 日本人が海外FX業者を利用することが違法であるか?

二つの側面について、本記事ではお伝えしていく。

 

海外FX業者の違法性

結論、違法とは言えないまでも、グレーだと推察される。

日本においてFX業者は登録制

FX業者が日本で営業活動を行うためには、金融証券取引法に基づき、金融庁へ登録し営業許可をもらう必要がある。

  • 登録をしている業者:国内FX業者
  • 登録をしていない業者:海外FX業者

現在、大まかに上記のような区分けになっている。

海外FX業者は日本の法律違反にならない対策をしている

まず、海外FX業者が日本在住の日本人に対して営業活動をすることは「外国証券業者に関する法律(施工令第二条二項)規定」によって禁じられている。対して海外FX業者側の姿勢は「日本にはサーバーも営業所もなく、日本語公式サイトも”海外在住の日本人”に向けたもの」という建前を貫いているのだ(これについては下記画像のように公式サイトに明記している場合がほとんどだ)。

XM_日本人向け営業ではない注記

 

海外FXを使うトレーダーの違法性

結論、トレーダーに違法性は全くない。

金融庁の姿勢は「自己責任ならOK」です

下記、金融庁公式HPからの引用だ。

外国為替証拠金取引は、金融商品取引法の登録を受けた業者でなければ行うことができません。無登録業者からの勧誘にご注意ください。

登録を受けた業者と取引を行う場合でも、その業者の信用力を慎重に判断し、信用できる業者と取引を行ってください。

https://www.fsa.go.jp/ordinary/iwagai/

金融庁としては「金融証券取引法無登録業者の利用を推奨はしない。但し、あくまで個人で責任を負い利用するのであれば、その責任に対して法的追及は行わない」といった立場だろうか。

ただし、税金は納めてというスタンス

海外FXの取引で得た利益は、総合課税の対象となり、課税方式は累進課税となっている。国内FXでは得た利益のうち、一律20%が税金として徴収されるが、海外FXは利益額が多いほど税金も増えるため、注記しておく。

なお、税金については【図解】海外FXの税金は3STEPで全部分かる【5分】にて詳細を解説している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です