2020年11月30日まで限定!新規口座開設だけで10万円GET!

【図解】海外FXの税金は3STEPで全部分かる【5分】

海外FX_税金
海外FXの税金が分からない人
海外FXの税金の仕組みはどのようになっているか知りたい、国内FXと比べて税金は安いのであれば、海外FXを使ってみたいけど、調べても複雑な言葉ばかりでよくわからない。。。分かりやすく解説してほしい。

本記事では、このような悩みにこたえていく。

本記事の内容
  • 年間利益330万円以下であれば国内FXより海外FXの方が税金が安い
  • 海外FXの所得は経費と通算できる
  • 税金逃れはヤメよう

 

海外FXの税金を3STEPで理解する

海外FXの税率【累進課税とは?】

海外FXの税率は「累進課税」という方式で徴収される。

累進課税(るいしんかぜい)とは、課税標準(租税を賦課する課税対象)が増えるほど、より高い税率を課する課税方式のことをいう。また、この制度下における税率は「累進税率」と称される。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%AF%E9%80%B2%E8%AA%B2%E7%A8%8E

簡単に言えば、「所得が大きいほど徴収される税金が増える方式」だ

海外FXの税率【累進課税とは?】

 

あなたに海外FXの税金を納める義務はあるのか?

下記に当てはまる場合は、確定申告が必要になる。

年間売上20万円を超える場合、確定申告が必要

下記に当てはまる場合のみ、確定申告は不要となる。

  • 【学生や専業主婦】年間売上が48万円以下(基礎控除)の場合
  • 【その他全員】年間売上が20万円以下の場合

年間の”利益”ではなく”売上”ということに気を付けよう。

あなたに海外FXの税金を納める義務はあるのか?

 

海外FXの累進課税で実際に支払う金額はいくら?

結論、税金額は下記のように計算できる。

海外FXの納税額 = 年間利益×税率-控除-経費

累進課税なので”年間利益”によって税率が異なることに注意。

  • 年間利益195万円以下の場合:15%
  • 年間利益330万円以下の場合:20%
  • 年間利益695万円以下の場合:30%

さらに下記のように控除が適用される。

✓累進課税詳細の表

年間の利益総額     海外FXの税率       海外FXの税金控除額
~195万円  15%       0円
195万円~330万円以下 20%       97,500円
330万円~695万円以下         30%       427,500円
695万円~900万以下         33%       636,000円
900万円~1,800万円以下      43%       1,536,000円
1,800万円~4,000万円以下   50%       2,796,000円
4,000万円~          55%       4,796,000円

ここから経費を差し引くことができるので、割と節税は可能。

国内FXの税率

国内FXの税率は一律20%だ。

控除も含めて計算すると年間利益330万円以下であれば、確実に海外FXの方が税金を抑えることができる。

海外FXの税金を脱税する人が多い【絶対ダメ】

当たり前だが、脱税はバレるのでヤメよう。

お金の流れは全て税務署や国税が把握している

金融庁のルール下で運営されていない海外FXであれば、脱税がばれないと思うかもしれないが、お金の流れが存在している限り、必ずバレる。例えば、下記。

  • 銀行経由での海外FX口座への入出金
  • カード(クレジット・デビット)経由での入出金
  • bitwallet等オンラインウォレット経由での入出金

これら全ての記録は残っており、一度調査が入れば全てバレることになる。

国家間の税務局が情報交換できる

「租税条約等に基づく情報交換」という制度を用いて、他国の税務局と日本の税務署は連携している。海外FX運営元の国と連携されればすぐに脱税はバレる。

 

【よくある疑問】ボーナスは課税対象になるか?

口座開設ボーナスや入金ボーナスは課税対象にならない。

ボーナスは「ポイント」と思えば分かりやすい。Amazonポイントで買い物はできるが、ポイントが課税対象にならないのと同じ。
【よくある疑問】ボーナスは課税対象になるか?

 

【よくある疑問】キャッシュバックは課税対象になるか?

キャッシュバックは課税対象になる。

キャッシュバックは”現金”として返ってくるので、課税対象になる。
【よくある疑問】キャッシュバックは課税対象になるか?

 

海外FXの税金まとめ

利益が330万円以上であれば、国内FXより海外FXの方が税率は高い。

ただ、どちらを使うかは結局あなたが、リスクとリターンのバランスをどのようにとるか次第だ。

  • 海外FXはレバレッジ500倍以上
  • 国内FXはレバレッジ25倍

強引な言い方をすると、海外FXを用いれば、同じ利幅でも稼ぐ額が20倍以上になる。つまりは少ない資金で大きく稼げる可能性がある。

ちなみに海外FXは「ボーナス制度」があるので、自己資金は使わず、試す程度にボーナスだけ貰い、危険と判断すればヤメるくらいの感覚がラクでいい。

ボーナスについては下記記事でぼくが体験した経験を載せているので、是非参考にしてほしい。

関連記事

【2020年4月更新】海外FX業者の優良ボーナスキャンペーン一覧【19種類】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です