2020年11月30日まで限定!新規口座開設だけで10万円GET!

【中・上級者向け】名著『FXデイトレード・スイングトレード』まとめ【専門書です】

FXデイトレード・スイングトレード

為替相場は、狭い取引レンジに長くとどまることは滅多になく、強いトレンドが発生する傾向にあります。そのため、テクニカル分析をするのに最適な相場と言えます。投機が全体の80%を占めるため、相場が急騰や急落をしても、その後は自律的に元に戻ることが良くあります。よって、為替相場とテクニカル分析の相性は非常に良いです。

 

プロの為替トレーダーは必ず、チャートとテクニカル指標を使っていますし、ローソク足はほとんどのチャートシステムで利用できます。しかも、フォボナッチ・リトレースメント、ストキャスティクス、MACD、移動平均、RSI、サポートとレジスタンスといった一般的に使われている指標は、多くの場合、有効に機能することが認められています。

 

厳格な規制がある先物市場とは異なり、外国為替市場には上下ともに値幅制限がありません。例えばS&P500指数先物であれば、評価額が前日終値比で5%下落すると、その時点で値幅制限ルールが発動され、一定時間は同値かそれ以上の価格でしか取引できません。外国為替市場は分散しているという特性によって、取引所が日々の取引に対して規制することはありません。そのため、時代遅れの取引所規則が原因で取引のチャンスを逃すこともないわけです。

 

外国為替市場は中心となる取引所がないOTC市場のため、マーケットメーカー間の競争によって、彼らが一方的な価格を提示することができません。なぜなら、あるマーケットメーカーが価格を大きくゆがめようとしても、トレーダーには別のマーケットメーカーを探すという選択肢があるからです。さらにスプレッドは、マーケットメーカーが取引コストに異常が生じないように厳重に監視することを保証しています。

 

中央集権的な市場は、その特性から独占的になりやすいと言えます。一人のスペシャリストが市場を支配し、価格は、トレーダーの以降ではなくスペシャリストの位以降で簡単に歪みうるからです。一方、外国為替市場は中央集権的な市場ではありません。一人のスペシャリストではなく、複数のマーケットメーカーが市場参加者を階層ごとにひとくくりにしているからです。

書籍はコチラ:『FXデイトレード・スイングトレード

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です