2021年7月31日まで期間限定!新規口座開設だけで10,000円分のビットコインGET!

仮想通貨EXコインの概要・価格・買い方をガチ調査してみた【伸びる】

EXコイン

 

EXコインが気になる人

・なんか話題だけど、そもそもEXコインって何?

・メンタリストDaiGoさんも話してたし、怪しくはないよね?

・EXコインの買い方は?価格は?

本記事はこのような方向けです。

本記事の内容
本記事では、仮想通貨「EXコイン」の概要・価格・買い方についてまとめています。「怪しい?」「DaiGoさんはどの放送で紹介してる」など小さな疑問についてもお答えしています^^

 

仮想通貨EXコインとは

まず、超簡単にEXコインとは?を解説すると、次の3つに凝縮されます。

  • ①:【概要】ケインズ発案の世界共通通貨「バンコール」思想下の仮想通貨
  • ②:【3つの凄さ】ローコスト、高セキュリティ、価値の安定性
  • ③:【実現したいこと】世界共通の低コストかつセキュアな決済を実現する

「ムズ…」という感じだと思うので、順に解説していきます!

 

①:EXコインの概要

まずEXという名前は「Exchange」や「Extra」からとったモノ、FXが「Foreign Exchange」なので、由来は近いものがありますね。

実際に買う時、通貨としての表記は「EXC」です(商標登録は「EXCoin」で登録ずみっぽい)。

ビットコインであれば「BTC」と表記したり、ビットコインキャッシュでは「BTCH」だったりしますね
ビットコインとは違い「中央管理される通貨」

ビットコインはその”非中央集権制”が画期的と言われ注目を浴びた一つの要素でもありましたが、EXコインは異なり法定通貨同様、中央集権の性質を持っています。

しかし、中央の権利を分散することで法定通貨では避けられない多くの問題を解消しているようです。

さらにビットコインと異なり、ブロックチェーン技術を採用しているわけではありません

ではでは、具体的に「EXコインは何が凄いのか?」わかりやすくまとめてみます!

 

②:EXコインの3つの凄さ

  • 軍事機密レベルの”セキュリティ”
  • 中央管理は「デジタル銀行」なので”ローコスト”
  • USドルに裏付けられた”価値の保存性”
セキュリティ
EXコインはブロックチェーンではなくユーザー・口座情報・取引履歴の3つにIDを付与して照合する三権分立の認証システムを導入しています。

この3つが相互に対応していなければ取引が成立しないため、外部からの改ざんが不可能な仕組みになっています。

なお、EXコイン開発者の”日下部さん”が当時開発した「Felica」をさらに発展させたセキュリティレベルを実現しているそう…言い方を変えれば「大企業SONYが作ったデジタル通貨と同等以上のセキュリティレベル」ということですね^^

なお、IT製品やシステムのセキュリティレベルを表す国債指標にEAL(Evaluation Assurance Level)というものがあり、全7段階のうちFelicaは「6+」です。レベル7は核ミサイルの発射システムなど、世界でたった7件のみ。そして6+は軍事機密など過去20年で72件のみ。現在審査中ではありますが、EXコインは6+以上の取得が確実視されており(Felicaをベースとしているので)、そのセキュリティレベルの高さは折り紙つきになっています。

EALについてIPAの情報

ローコスト

そして、次にローコスト性についてです。

EXコインは中央集権制ですが、その管理は全てAIによって行われるので、人件費などの物理的コストがほとんど発生しません。

ゴメンナサイ…専門ではないので電力については他サイトの知識等、調べて総動員しました。

なんとビビったのですが、EXコインはFelicaシステムを応用したものであるため、サーバー1台を動かす電力が1時間当たり7kwらしいです。7kwというとエアコンを約7時間稼働させた程度。

つまり、EXコインのシステムでは、このエアコン7時間分の電力のみで3000万人分の取引を同時に管理できます。

こうして中央管理が非常にローコストになるため、国をまたいだ送金手数料も格安(銀行の10分の1程度)、加えて0.2秒後には着金する異常なスピードを誇ります。

価値の保存性
最後に「価値の保存」について。Facebookのリブラをご存知なら少し似ていて「法定通貨によってその価値を裏付ける」という仕組みになっており、EXコインの時価総額の50%以上のUSドルを常時保有しています。

これにより、EXコインの価値は何があっても最高値の50%以下にはならない(買い支えることができる)仕組みになっており、買いで保有しておけば50%以上の損失を抱えることがない安定した通貨システムを実現することができています。

ジョン

まとめると…
・セキュリティの高さ
・低い管理コスト
・価値の保存
これら3つが、主なEXコインの”凄い”特徴です。

 

③:EXコインが実現したいこと・思想

『雇用・利子および貨幣の一般理論』で有名な経済学者ケインズをご存知でしょうか?

知らない方は「R>G」を『資本論』で提唱したマルクスの一つ前の世代の経済学者と言えば、イメージがわくでしょうかね。

EXコインはこの経済学者ケインズと深いつながりを持った仮想通貨です
第二次世界大戦後に提唱された世界共通通貨『バンコール』

ケインズは第二次世界大戦後の経済復興のために世界共通通貨『バンコール(bancor)』を提唱しました。

しかし、皆さんご存知のように今や世界一の通貨と言えば「USドル」です。そう、このバンコールの提案は当時、米国によって反対され実現に至りませんでした

その後、ケインズの世界共通通貨バンコールの思想のもとに数多くのプロジェクトが進行しました。

ビジョンの壮大さと技術的壁が大きいことは言うまでもなく、多くのプロジェクトが失敗に終わります。そんな中、唯一の完成形ともいえるプロジェクトがついに現れました。

そのプロジェクトこそが、この「EXコイン」です

EXコインを完成させたのは、たった2人の日本人
  • 房 広治さん
  • 日下部 進さん

メンタリストDaiGoさんの放送をご覧になっている方であれば分かると思うのですが、一人目はDaiGoさんが「房総理」と呼んでいらっしゃる方です。

日下部さんは、EdyやFelica、おサイフケータイなどを生んだ天才エンジニアとして有名な方。

つまるところ、EXコインは金融と技術のプロフェッショナル2名がタッグを組んで実現させたプロジェクトなのですね^^。

↓ちょうどEXコインについて話している放送で房さんも出演されてます!↓

https://ch.nicovideo.jp/mentalist/blomaga/ar1720954

 

仮想通貨EXコインの価格

2020年11月23日時点でのEXコインの価格は日本円で約123万円です。

EXコインチャート

このチャートを見る方法は唯一BigBossという取引所を利用するしかないのですが、、、そこについては事象の「EXコインの買い方」で紹介します。

 

仮想通貨EXコインの買い方

EXコインは日本の取引所には上場しておらず、唯一上場しているのが海外のBigBossグループです。唯一の購入方法は「BigBossに口座を作り、買う」しかありません。

BigBossは「クイック口座開設」というので1分ほどで無料で口座開設できるので、今のうちからEXコインを長期保有したい!という方は、ぜひBigBossを利用してみてください。

僕は海外FX専門ですが、BigBossも利用しており、信頼性高めの業者です^^

評判については、徹底調査していますので、気になる方は下記記事を参考にしてみてください。

BigBoss_口座開設

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です