2020年12月30日まで期間限定!新規口座開設だけで10万円GET!

【2020年版】TTCMの16の評判をガチレビュー【初心者向け】

TTCM_評判

 

FX初心者

・TTCMってどんなFX業社なの?海外の業者だから不安

・TTCMのスプレッドや約定についての評判を知りたい!

・TTCMの「悪い評判」もしっかり教えて欲しい

本記事はこのような方向けに、海外FX歴7年の僕が海外FX業者「TTCM(Traders Trust)」の評判をガチレビューしていきます

本記事の結論
  • TTCMは「200万円以上の資金でスキャルピングしたい人」というニッチな人向け
  • 2020年12月31日まで「新規口座開設で1万円もらえる」ので、これだけはもらうべき

 

TTCMの「信頼度」評判

評判①:日本法人はバミューダへ法人登録している

TTCMは世界に展開している金融グループです。よって、サービス提供地域ごとに保有ライセンスと法人名義が異なっています。

  • 日本法人:名義「TradersTrust BM」ライセンス「バミューダ」
  • 欧州法人:名義「TradersTrust CY」ライセンス「キプロス」

欧州法人が取得している「キプロスライセンス」は世界的に取得のハードルが高いとされているキプロス証券取引員会(CySEC)から得たもので非常に信頼性が高いです。

一方で、日本法人はバミューダへ法人登録しているのみ。

別サイトなどではこれを「バミューダライセンス」などと表記しているケースもありますが、実際はライセンス未保有で法人として名簿に名を連ねているだけです。

日本法人はかつて「バヌアツ金融ライセンス」を保有していましたが、現在はそちらを破棄し、バミューダへの法人登録のみにとどまっています。

ライセンスがない代わりに、TTCMは第三者からの監査を受けるため監査法人の「PWC」や「デロイトトーマツ」に四半期に一度監査を依頼し、未だ高い信頼性を維持しています

 

評判②:a-book業社である

TTCMは海外FX業者では数少ないa-book業者です。本ブログで名前を出しているFX業者でa-book業社なのは、他にTradeviewのみです。

a-bookとは「顧客の注文をそのままインターバンクに流すFX業者」のこと。a-book業社はスプレッドで利益を得ているので、顧客がトレードに勝ち長くトレードしてくれることが利益につながります

反対に「注文をインターバンクに流さないFX業者」をb-bookと呼びます。b-book業社は「顧客の損益が企業の利益になる」という利益相反のサービス形態のため、トレーダーに避けられる傾向にあります。

具体的にa-book業者にどのようなメリットがあるのかというと…

  • ①約定力が高い
  • ②スリッページが起こりづらい

実際の口コミでも、TTCMの約定力とスリッページのなさは検証されています。

TTCMの約定力とスリッページについての口コミ

 

評判③:口コミサイトからの評価が高い

海外FXの有名口コミサイトにFPA(Forex Peace Army)というものがあります。

 

口コミサイトでのTTCMの評価は星3.2です。

TTCM FPA評判

突出して高くないですが、決して悪くはない数字です。他社と比較してみると…

  • IS6FX(旧is6com):星1.8
  • XM:星3.0
  • Tradeview:星3.5

なんと、あのXMより評価が高いです。

ちなみに、口コミサイトなので詐欺業社などは容赦無く低評価で「SCAM(詐欺)認定」されます。例えば、噂に名高いIronFXやFXSuitといったFX業社はしっかり詐欺認定です。

FXSuit FPA画像 IronFX FPA画像

このようにTTCMは実際にFX業者を利用しているトレーダーからも一定の評価を得ています。

 

評判④:2009年設立の老舗ブローカーで信頼度が高い

TTCMは2009年に設立されたFXブローカーで海外FX業者としては比較的営業歴が長いことで知られています。

他社と比較してみると…

  • LANDFX:2013年設立
  • BigBoss:2013年設立
  • GEMFOREX:2014年設立
信頼性がないと出稿できないGoogle広告も
TTCMリスティング広告

TTCMはGoogleのリスティング広告へ出稿しています。

Googleの審査は年々厳格になっており(現にこのサイトもテーマが「海外FX」ということで、リスティング広告が難しくなりました)そんな中でも審査を突破したTTCMはGoogleという第三者機関からも信頼できる業者として認識されていると言えます。

 

TTCMの「安全性」評判

評判⑤:顧客資産は信託保全なしの分別管理

TTCMの顧客資産の管理方法は信託保全なしの分別管理です

「信託保全」と「分別管理」の具体的な違いは「顧客資産を誰が管理するか」です。

  • 信託保全:顧客資金を銀行などの「第三者」に管理委託する
  • 分別管理:顧客資金と会社資金を分けて「自社」が管理する

TTCMが万が一倒産しても顧客資産は別銀行にあるので返還されるという仕組みではありますが、その銀行まで差し押さえられてしまった場合、預けていた資金が返還されない可能性があるのが分別管理のデメリットです。

ライセンス変更に伴い信託保全がなくなった

上述の通り、TTCM日本法人の「TradersTrust BM」はバヌアツ金融ライセンスから乗り換え、現在はバミューダに法人登録をしています。

バヌアツ金融ライセンス時代→信託保全ありで分別管理をしていた

現在→分別管理のみ

自分の資産が安全かどうかは、トレーダー誰しもが気をつけておくべきことなので、必ず上記を把握しておきましょう

ジョン
とはいえTTCMは第三者機関として監査法人「PWC」から定期的に審査を受けていること。加えて、TTCM欧州法人は世界トップレベルのキプロスライセンスを保有していることから、安全性は高いと言っても良いでしょう!

 

評判⑥:追証なしのゼロカットシステム導入

TTCMは追証なしのゼロカットシステムを導入しています

ゼロカット制度とは「口座残高がマイナスになった時、マイナス分をFX業者が支払う制度」です。海外FX業者のほとんどが、この制度を採用している一方で、日本国内のFX業者はマイナス分はトレーダー負担となっています。反対にこれを追証制度と呼びます。

TTCMのレバレッジは500倍で稼ぎが大きくなる分、マイナスのリスクも大きくなりますが、ゼロカットシステムによって借金を抱えるリスクをゼロにすることができます

 

TTCMの「スプレッド」評判

評判⑦:【クラシック口座とプロ口座】スプレッドが広い

TTCMのクラシック口座とプロ口座のスプレッドは他社と比べて広いです

他社のスプレッド最小口座と比較し表してみました。
※最もスプレッドが狭い業者を青字表記しています。

  USDJPY EURGBP EURJPY EURUSD GBPJPY GBPUSD
TTCM
クラシック口座
4.5pips 10.4pips 15.3pips 5.3pips 25.6pips 11.5pips
TTCM
プロ口座
5.1pips 11.0pips 16.0pips 6.0pips 26pips 12.1pips
BigBoss
スタンダード口座
1.5pips 2.2pips 1.9pips 1.7pips 2.5pips 2.2pips
LANDFX
スタンダード口座
0.7pips 1.9pips 1.2pips 0.7pips 1.5pips 1.0pips
XM
スタンダード口座
1.6pips 2.1pips 2.6pips 1.6pips 3.5pips 2.3pips
Tradeview
スタンダード口座
1.8pips 2.5pips 1.9pips 1.7pips 2.3pips 2.0pips
TitanFX
スタンダード口座
1.3pips 1.5pips 1.7pips 1.2pips 2.4pips 1.6pips
AXIORY
スタンダード口座
1.2pips 2.0pips 1.4pips 1.2pips 1.7pips 1.4pips
なお、TTCMは「変動スプレッド制」を採用しており、毎秒スプレッドが変わります。上記は2020年11月19日時点のライブスプレッドになります。

しかし、圧倒的にTTCMのクラシック口座とプロ口座のスプレッドが広いことがわかります!

 

評判⑧:【VIP口座】業界屈指のスプレッドの狭さ

TTCMのVIP口座は海外FXの中でも最上位にスプレッドが狭いです。

先ほどと同様に、表にしたものがこちら。※最もスプレッドが狭い業者を青字表記しています。

  USDJPY EURGBP EURJPY EURUSD GBPJPY GBPUSD
TTCM
VIP口座
0.8pips 1.0pips 1.1pips 0.6pips 1.3pips 0.9pips
BigBoss
プロスプレッド口座
0.4pips 1.6pips 0.6pips 0.7pips 1.0pips 1.2pips
LANDFX
ECN口座
0.7pips 1.6pips 0.8pips 0.8pips 1.9pips 1.2pips
XM
ゼロ口座
1.1pips 2.0pips 1.4pips 1.1pips 2.2pips 1.3pips
Tradeview
ILC口座
0.6pips 1.8pips 0.9pips 0.7pips 1.0pips 1.0pips
TitanFX
ブレード口座
1.0pips 1.2pips 1.4pips 0.9pips 2.1pips 1.2pips
AXIORY
ナノスプレッド口座
1.2pips 6.6pips 2.1pips 1.2pips 11.7pips 12.0pips
TTCM
プロ口座
5.1pips 11.0pips 16.0pips 6.0pips 26pips 12.1pips
ピックアップした主要6通貨ペア中、3つで最小スプレッドです。各社の取引手数料は$1ごとに0.1pipsに変換しています。VIP口座の往復手数料は$3と破格です。

VIP口座を用いるのであれば、TTCMは海外FXの中でもNo1の性能と言っても過言ではありません

ただしVIP口座を利用するためには、かなり厳しい条件があります。

VIP口座を利用する条件
  • 条件:200万円以上を入金すること
  • 注意:ボーナスはもらえない

上記二点がVIP口座の条件、注意点です。

これらのことからFX初心者や、少額資金でトレードしたい方はVIP口座に向いていません

ジョン
とゆーわけでVIP口座は、大金を動かすことができ、かつ勝てる自信のある玄人トレーダーのみが利用に値する口座です。

 

 

TTCMの「ボーナスやサービス」評判

評判⑨:ボーナスキャンペーンが豪華

TTCMはボーナスキャンペーンが豪華なFX業者です

ボーナスは常時実施のものと、期間限定のものとがあり…

  • 常時実施:VIPキャッシュバックボーナス、月次トレードコンテスト
  • 期間限定:口座開設ボーナス、入金ボーナス
ボーナスをもらえるのはクラシック口座とプロ口座のみで、VIP口座は対象外なので要注意です
常時実施:VIPキャッシュバックボーナス

「VIPキャッシュバックボーナス」はトレード毎に、毎日一定のキャッシュバックを受け取ることができるボーナスです。

キャッシュバック率の表は、下記になっています。

取引量 クラシック口座キャッシュバック金額 プロ口座キャッシュバック金額
10~19lot $5 $5
20~29lot $20 $20
30~39lot $30 $30
40~49lot $40 $40
50~59lot $55 $55
60~69lot $70 $70
70~79lot $85 $85
80~89lot $100 $100
90~99lot $110 $110
100~149lot $130 $130
150~299lot $200 $200
300~499lot $450 $450
500~999lot $875 $875
1000lot~ $2,000 $1,000

特に申請は不要で、10lot以上の取引をした場合、翌営業日に自動的にキャッシュバック金額が振り込まれるルールになっています!

キャッシュバック率はそこまで高くありませんが、TTCMを利用するのであれば「毎日10lot以上のトレードをする」方がお得になることが分かります。

常時実施:月次トレードコンテスト

TTCMは毎月トレード成績のコンテストを行っていて、上位5名に計100万円の賞金を用意しています。

  • 1位:50万円
  • 2位:20万円
  • 3位:15万円
  • 4位:10万円
  • 5位:5万円

上位の成績はどんなものか、というと2020年11月は下記の感じ。

TTCM トレードコンテストランキング表

これを見ると、意外とレベルが高くないので、頑張れば上位取れます^^。

少額資金から初めて、トレードランキングの上位を目指すのもTTCMの面白い使い方の一つでしょう!

期間限定:口座開設ボーナス、入金ボーナス
TTCM 新規口座開設1万円ボーナス
最新情報:2020年12月6日現在TTCMは下記2つの期間限定ボーナスを実施しています。
  • ①:新規口座開設1万円ボーナス
  • ②:最大2000万円の入金200%ボーナス

 

【ボーナス獲得の具体例】

・口座開設ボーナス→口座開設するだけで1万円GET

・入金ボーナス→20万円入金すると、40万円のボーナスGET

 

TTCMで過去にこれほど豪華なボーナスが重なったことはないので、まだ口座開設していない方は、逃さないようにしてください!

口座開設とボーナス受け取り方法の詳細は、下記記事を参考にしてみてください。

 

入金ボーナスは下記申請フォームより、申し込みが必要となるので注意しましょう!

入金ボーナス申請フォーム: https://traders-trust.com/ja/bonus-100/

 

 

評判⑩:無料でVPSサーバー利用可能

TTCM 無料のVPSサーバー条件

TTCMは無料のVPSサービスを提供しています。条件毎に3種類用意されており、ご自身に合ったVPSを選択することが可能です。

  • ブロンズパッケージ:20万円以上の入金+月5lotのトレード
  • ・シルバーパッケージ:30万円以上の入金+月7lotのトレード
  • ゴールドパッケージ:50万円以上の入金+月10lotのトレード

各パッケージのスペックは下記。

  ブロンズパッケージ シルバーパッケージ ゴールドパッケージ
月額 25ポンド〜
※条件を満たせば無料
45ポンド〜
※条件を満たせば無料
80ポンド〜
※条件を満たせば無料
メモリ 1300M 2700M 5120M
ディスク 25G 50G 75G
OS Windows Server2012
Linux Serves
Windows Server2012
Linux Serves
Windows Server2012
Linux Serves

データセンターはAmazonやGoogleも利用しているEquinix社なので、落ちる不安も限りなくゼロで安心して利用可能です。

自動売買を考えている方は、利用すべきサービスですね!

 

ただし無料でVPSを利用するためには、サポートへ二度連絡する必要があるため、気をつけましょう!

 

評判⑪:取扱銘柄が計70種類と少数

TTCMの取扱銘柄は計70種(FX通貨ペア43種、CFD8種、先物4種、仮想通貨15種)で、海外FX業者の中では比較的少数です。

他社と比較してみると…

  • HotForex計191種類(FX通貨ペア48種理、貴金属6種類、仮想通貨12種類、その他株式など125種類)
  • XM計103種類(FX通貨ペア57種類、貴金属4種類、CFD銘柄42種類)
  • LANDFX計89種類(FX通貨ペア67種類、CFD銘柄22種類)

このように比較的少なめ。しかし国内FX業者と比較すると、2倍以上の銘柄を扱うことができるので、「銘柄が少ない!」と不自由することはないと言っていいでしょう。

  • DMM FX:計27種類(FX通貨ペア20種類、CFD銘柄7種類)
  • SBI FX:計37種類(FX通貨ペア34種理、暗号通貨3種類)

しかし「とにかくいろんな銘柄をトレードしたい!」という方であれば、最大手のXMやHotForexが無難な選択になります。

 

評判⑫:コピートレードができる

TTCMでは「コピートレード」というサービスがあります。自動売買と似ていますが、異なる点は「機械的なアルゴリズム」ではなく「人間」によって、トレードを自動化する点です。

  • 自動売買:「アルゴリズム」に従って、トレードが自動化される
  • コピートレード:「誰かのトレード」に従って、トレードが自動化される

自動売買では「ストラテジ」を自分で選択します。一方コピートレードでは「勝てそうなトレーダー」を選択し、その方と同様のトレードが行われるようになります。

メリットは、アルゴリズムではできない柔軟なトレードができること。

個人的には悪質さが介入できない仕組みのため、自動売買よりコピートレードを推奨しています。

コピートレードをやりたい方は、下記の記事にやり方をまとめていますので、是非参考にしてみてください。※なお、選べるトレーダーが多く、FX業者としての信頼性が高いHotForexでもコピートレードができるので、下記記事ではそちらを紹介しています。

海外FX_コピートレード

【最新版】海外FXコピートレードの攻略ロードマップ【4STEPでできる】

 

評判⑬:スキャルピング・自動売買OK

TTCMはスキャルピングも自動売買もルール上問題ありません

VIP口座であれば、スプレッドが業界最狭レベルのため、特に200万円以上の大きな資金でスキャルピングをやりたい方であれば、TTCMのトレード環境は最適でしょう。

また、無料VPSサーバーも利用できるため、自動売買にも向いています。

FX初心者
スキャルピングをやりたいけど、200万円も使えないし、だったらTTCMはあんまり利用しない方がいい?
ジョン
TTCMはVIP口座以外のスプレッドは広いため、200万円以下の資金であればTTCMでスキャルピングをするメリットは少ないです。小額からスキャルピングをやりたいのであれば、TradeviewのILC口座が最もおすすめです。

 

TTCMの「入出金」評判

TTCMの入出金方法を一覧にした表がこちらです。

決済方法 入金可否 出金可否 入金手数料 出金手数料
bitwallet
※即時反映

※1営業日以内反映
手数料なし 手数料なし
クレジットカード
※即時反映

※1営業日以内反映
※入金額までしか出金不可
手数料なし 手数料なし
海外銀行
※3営業日以内反映

※1営業日以内反映
手数料なし
※銀行側の手数料はアリ
手数料なし
bitcoin
※即時反映

※1営業日以内反映
手数料なし 手数料なし
国内銀行
※3営業日以内反映
× 手数料なし

上記より、おすすめの入出金方法はbitwallet一択です。

bitwalletのメリットは主に4つ。

  • メリット①:ほぼすべての
  • メリット②:入出金手数料がオール0リスト表示2
  • メリット③:bitwalletは作成も維持手数料も0
  • メリット④:利益分の出金が可能(クレカだと、無理)
ジョン
bitwalletは、ほぼすべての海外FX業者で利用可能なため、これから海外FXをやるのであれば、必ず作っておきましょう!

>>bitwallet公式サイトはこちら

 

評判⑭:条件次第で出金手数料がかかる

先ほどの表より、基本的に出金の手数料は無料なのですが、いくつか例外があるので気を付けましょう。

  • ビットコイン出金ではビットコイン入金の履歴がない場合、出勤申請額に対して4%が手数料として徴収されます
  • 入金後に一切のトレードをせず、そのまま出金をした場合「マネーロンダリング」等の不正利用が疑われるため、別途手数料を徴収する場合があります
  • 海外銀行送金にて、銀行側によるトラブルや送金拒否などで手数料が発生した場合はトレーダー負担となります

入出金は最もトラブルが起きやすいところなので、これらの注意事項はあらかじめ把握しておきましょう!

心配なら、bitwalletを利用しておくのが、最も安全です。

 

TTCMの「レバレッジ」評判

評判⑮:レバレッジは500倍で通常レベル

TTCMの最大レバレッジは最大500倍と、海外FX業者の中では一般レベルです

  • XM:888倍
  • LANDFX:500倍
  • Tradeview:400倍

ただし、口座残高に応じて最大レバレッジの上限が変わります。

  • 最大レバレッジ500倍:口座残高200万円まで
  • 最大レバレッジ200倍:口座残高200万円~500万円
  • 最大レバレッジ100倍:口座残高500万円以上

上記、VIP口座を利用する場合は注意しておきましょう!

 

TTCMの「日本語対応」評判

評判⑯:日本語対応カンペキ、サポートも日本語でOK

TTCMはバミューダに法人登記し海外で活動しているFX業者ですが、日本語対応が完璧にされています

  • 公式サイト
  • マイページ
  • サポート
公式サイトの日本語
TTCM 公式サイトの日本語対応
サポートの日本語
TTCM サポートの日本語対応

上記3つ全て日本語対応がされており、一切の英語を使う必要がありません。

サポートの詳細

TTCMのサポート情報は、下記です。

  時間 連絡先
電話 日本語:平日10:00~24:00
英語:平日24時間
0044 203 1295899
chat 日本語:平日10:00~24:00
英語:平日24時間
TTCM問い合わせページ
mail 平日24時間 support.int@ttcm.com

 

TTCMの会社概要

会社情報
会社名 TTCM Traders Capital Limited
設立 2009年12月
登録住所 バミューダ共和国
5th Floor, Andrew’s Place, 51 Church Street, Hamilton HM 12, Bermuda
金融ライセンス バミューダ共和国(法人登記番号No.54135)
サポート 電話:0044 203 1295899
メールサポート:support.int@ttcm.com
チャット:公式サイトより
サポート受付時間 平日10:00〜24:00(日本時間)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です