2021年4月28日まで期間限定!新規口座開設だけで10,000円分のビットコインGET!

『最強のコピーライティングバイブル』【まとめ】

copy_writing_matome

「ひとつお願いがあるのですが…」

もったいぶらずに言おう。この言葉こそが、読み手を引き付けてしまう魔法のフレーズだ。

それは。人が一番行為を感じた相手は、自分が「頼みを聞いてあげたばかりの相手」だという心理状況からきている。

このたった13文字を文頭に入れるだけで、離脱率が大きく減少する。

ぜひ試してみてほしい。

 

「求む!」

「求む」は極めて直接的な表現であり、だからこそインパクトがあり、目を引き付けるものがある。

求の前後に置かれるのは「人」に関する言葉が多い。自衛隊員の募集広告が典型だが、求人広告において最も力を放つ表現である。

 

「どうやって、このように、どうして」とする

例:よく聞かれます。どうやって、若さを保つのか

この型の文法は、先に「疑問詞」を設定し、その後に「具体的成果・失敗」を組み立てる妙味にある。つまり、読み手に「おや?」と思わせた直後に手に入れたい答えが明示されているのでこれ以上の分かりやすさはない。

単純明快である。中身が見たくなるのは、キャッチコピーが聞いているからだろう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です