2021年7月31日まで期間限定!新規口座開設だけで10,000円分のビットコインGET!

【詐欺?】仮想通貨投資は、もう遅いのか【結論:最バブルが来る】

仮想通貨_もう遅い

 

仮想通貨を買いたい人

・これから仮想通貨投資をしたいけど、もう遅い?

・仮想通貨バブルは終わったの?今からじゃ稼げない?

・仮想通貨投資は手を出さない方がいい?

本記事はこのような方のために仮想通貨がもう遅いのか?今買うなら、どの通貨なのか?について投資歴7年の僕が解説していきます!

【詐欺?】仮想通貨投資は、もう遅いのか【結論:最バブルが来る】

結論、仮想通貨は、もう一度バブルが来ると予想しています。

その理由は3つ。

  • 理由①:インターネット黎明期と似ている
  • 理由②:代替不可能な価値がある
  • 理由③:未だに「機関投資家」が参入していない

理由に触れる前に、ちょいと過去の仮想通貨バブルを振り返ります。

 

2017年に「仮想通貨バブル」

仮想通貨は2017年にバブルを迎え、たまたまビットコインを持っていた人が「億り人」なんて呼ばれ、大金を手にしました

しかし、2018年にはCoincheckによる580億円相当の「ネム流出事件」、海外の取引所では1000万円相当のMONAコインが盗まれるなど仮想通貨関連の事件が多発。当然、仮想通貨全体の価値は大暴落しました

実際にビットコインは最高値245万円(2017年末)から約35万円(2019年1月)へ急転直下の大暴落、これが仮想通貨バブル崩壊の象徴と言われていました。

これで仮想通貨投資は終わりかと思われました。

しかし、知見ある個人投資家や、機関投資家の意見が全く逆なのを知ってますか?

本当の仮想通貨バブルは、むしろ、これからなんですね。

ではでは、その理由を順に解説していきます。

 

仮想通貨が伸びる理由①:インターネット黎明期と似ている

実は、仮想通貨の歴史はインターネットとよく似ています。超わかりやすい記事があったので、貼っておきます。

この記事の内容をまとめると、次の感じです。

  • インターネットは1980年代、先進国の普及率は11%しかなかった
  • 仮想通貨は2019年、先進国の普及率は6〜7%しかない
  • 2020年時点では、仮想通貨はインターネットで言う「Google登場前」の黎明期
  • つまり、インターネット同様に、本当のバブルはこれから来る

『ビットコイン研究所』というオンラインサロンがあるらしく、データソースはそこっぽいですね。

こじつけっぽい説ですが、「生活そのものを変える存在」が時間をかけて世界に普及した歴史として、インターネットはまさに仮想通貨のモデルケースかもしれません。

 

仮想通貨が伸びる理由②:代替不可能な価値がある

仮想通貨は投機商品と捉えられがちですが、むしろ全く逆です。

2000以上ある仮想通貨は全て、独自の個性を備えており、社会に価値をもたらす設計になっているんです。

例えば…

  • ビットコイン:非中央集権である「究極の民主主義通貨」
  • リップル:国際送金の手数料・遅延を削減する「送金特価の国際通貨」
  • イーサリアム:スマートコントラクトを実現する「契約利用できる通貨」

最近では、仮想通貨の影響力の大きさを世界に知らしめた事件がありました。

それがFacebookが発表した仮想通貨「リブラ」。これは法定通貨の価値を脅かすものとして、なんと世界主要20カ国が会合するG20・中央銀行総裁会議にて「深刻なリスクがある」と合意文書を発表したほどでした。

それほど仮想通貨が世界にもたらす価値は巨大…いや、巨大すぎるのです。

仮想通貨が本当に価値を発揮し、世界を変えたとき、必ずその価格は急騰することになるでしょう。

 

仮想通貨が伸びる理由③:未だに「機関投資家」が参入していない

企業の資産を運用する機関投資家は数千万円、あるいは億単位を日々運用しています。

しかし彼らは2020年現在、未だに仮想通貨市場に参入していません

上述したように、登場して10数年しか経っていない仮想通貨は、投資対象としての信用不足だからです。また、為替とは性質が異なる仮想通貨トレードのナレッジ確立までに一定の時間もかかるでしょう。

これからETFの上場、また法的整備がされるにつれ、機関投資が参入し、億〜兆単位の資金が流入することで、仮想通貨市場は最盛期を迎えることになるかもしれません。

【追記】2020年10月、シンガポール最大手銀行の「DBS銀行」が仮想通貨取引所へ参入するとの計画が明らかになり、仮想通貨への信用を増した機関投資家たちが徐々に仮想通貨市場へ参入し始めました。その結果、予想通りの急騰が起こっています。
仮想通貨の開発が秘密裏に進められている

実のところ、数多くの有名企業が、仮想通貨の発行を目論んでいます

  • Facebook
  • Amazon
  • メルカリ
  • 楽天

みなさんも、おトクに買い物ができる「Amazonトークン」なんてモノが発表されたら、欲しくないですかね?(Amazonは具体的な構想は明らかにしていませんが、BITCOIN MAGAZINEという雑誌で、Amazonトークンの検証がされてます)

僕なら即買いです^^。

ビットコインの世界的流通は、法定通貨の価値を守りたい国々によって阻害されてきましたが、巨大な顧客を抱える企業が仮想通貨を発行した時、初めて世界中に仮想通貨が普及すると、僕はほとんど確信に近いものがあります。

 

【厳選3つ】おすすめの仮想通貨

  • ①:ビットコイン
  • ②:ネム
  • ③:リブラ(2021年1月発行予定)

 

①:ビットコイン

最もおすすめはやはり世界初の仮想通貨「ビットコイン」

仮想通貨はビットコインとそれ以外(アルトコイン)という区別もあるくらい、ビットコインは別格です。

2019年1月には35万円ほどまで暴落しましたが、2020年12月17日現在、約225万円まで再浮上してきました。最高値の226万円の更新まで、もうほんのわずかです。

初心者であればまずビットコインを保持しておいて、間違い無いでしょう。

ビットコイン_無料

 

②:ネム

個人的なイチオシが2021年1月にSymbolリリース予定の「ネム」

Symbolとはネムの新しいブロックチェーンです。バージョン名はカタパルト。

Symbol間近ということもあり、2020年6月ごろから半年で、価格が6〜8倍に跳ね上がりました。100万円投資してれば800万円になってたわけです。

さらに2020年12月17日現在の買値は27円ですが、過去の最高値は220円ほどであることから、まだ10倍以上の価格上昇が見込めます。

一般的にオプトイン前に価格が急騰し、オプトイン後に大きく下落する傾向がありますが、ネムのチャートはイーサリアムに酷似しており、下落しても一時的で、イーサリアムと同様に上昇を続けるんじゃないかと思っています^^。

10倍、テンバガーを狙うのであればネムも選択肢の一つです。

 

③:リブラ(2021年1月発行予定)

最後に、未発行の仮想通貨を一つ。

Facebookが2021年1月に発行予定のリブラです。

実はこれ、既存の仮想通貨とは全く別物で、その特徴は主に二つ。

  • ブロックチェーンの管理は「特定の企業群」が主体
  • 価値の裏付けに法定通貨を用いる

ビットコインは非中央集権であることが注目されましたが、リブラは「特定の企業群」と定義しており、Facebookが主体となって管理されることが懸念されています(とはいえ、後ほどこの企業群からFacebookは離脱する予定らしい)。

Facebookユーザーは2020年12月現在で約24億人ですから、24万人にリブラが浸透したとすれば、世界中どの国よりも大きな「リブラ経済圏」なるものが生まれると予想されています。

もし、こんな事態が起きたら、「リブラの価値>>>法定通貨の価値」という時代が来ることも、あり得ない話ではありません。

リアルに世界を変える可能性がある通貨なので、僕は買います^^。

 

【まとめ】仮想通貨を買うのは、もう遅いのか?

とゆーわけで、本記事をまとめます。

  • 仮想通貨は、むしろこれから最盛期を迎える
  • おすすめはビットコインとネム
  • Facebookのリブラに向けて、購入準備しておきましょう

ではでは、本記事は以上になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です