自己啓発は意味がないという嘘【結論:最強の武器です】

自己啓発_意味ない

自己啓発がうまくいかない人
自己啓発本とかYouTubeをたくさん見て、自分を変えたいと思ってるけど、実のところ全然効果を感じない。自己啓発って本当に意味あるの?

本記事ではこのような疑問に答えていきます。

本記事を読んで得られるもの

自己啓発を使って自分を変える方法を、お伝えします。

やっぱり、自己啓発は超有効です。問題は、その使い方です。

 

こんにちは。Jonです。
大学時代から5年以上は自己啓発本を読み続けています。

でも、自分が変わったのは、たぶんここ半年くらいになってからです。
そして、自分の変化に伴い結果もついてきました。

今になって、4年以上自己啓発本を読んでも効果がなかった理由がわかりました。
自分を変えたいのに、中々結果が出ず悩んでいる人は、ぜひ読んでみてください。

本記事の内容
  • 自己啓発は意味がないという嘘【結論:最強の武器です】
  • 自己啓発を使って自分を変える方法【意味を持たせよう】
  • おすすめの自己啓発のやり方【本・ブログ・YouTube】

自己啓発は意味がないという嘘【結論:最強の武器です】

自己啓発は意味がないという嘘【結論:最強の武器です】

自己啓発は意味がないと言う人、あるいは「意味がなかった」という経験のある人も多いと思います。

でもむしろ、自己啓発は意味大有りの、最強の武器です。

「トルネコの大冒険」を知ってますか?

突然ですけど、「トルネコの大冒険」というゲームを知ってますか?

ドラクエシリーズのダンジョンゲームで、主人公のトルネコが世界中にある「不思議なダンジョン」を最深部まで攻略し、踏破していきます。

あるダンジョンでは序盤から攻撃力が最強になる「最強の武器(メタルキングの剣とか)」が手に入ったりします。ところが最強の攻撃力があっても、序盤ではトルネコのレベルが最弱なので、防御力が低く、敵からの攻撃にはすぐにやられてしまい、手に入った「最強の武器」も失ったうえで、地上に戻されてしまいます。

これは「自己啓発は意味ない」と主張する人が抱える問題と似ています。

つまり「最強の武器」が手元にあっても自分が攻撃せず防御だけでは、やられるし、やがてその武器すらも失い、またゼロからやり直しになるということです。

自己啓発=最強の武器

すみません、、、何が言いたいかというと、この「最強の武器=自己啓発」ということです。

つまり「自己啓発」はうまく攻撃に利用しないと、失われ、全てゼロからやり直しになってしまうということです。

ところが多くの人が攻撃ではなく守備に回ってしまうので、自己啓発は全く無意味なものになっちゃいます。本を読んで満足して、ハイ終わり。これじゃ意味ないですよね。

繰り返しますが、「自己啓発=最強の武器」ですよ。

 

自己啓発の意味がなかった僕の大学時代

大学時代「就職はクソだ」「自分でお金を稼げるようになりたい」と思って、よく自己啓発本を読んでいました。けど、何の結果も出なかったです。

今振り返ってみると、当時の僕は次のような感じでした。

自己啓発本を読む→やる気を出す→少し行動する→徐々にいつも通りの行動に戻る→やる気がゼロになっている→自己啓発本に意味がないと思い込む

これは、よくある失敗パターンですね。

特に自己啓発本を読んで間もない時間帯は、ビッグマウスになるし、何でもできる気分になっていたのですが、思い出すとマジで黒歴史でしかないです。。。笑

同じような状態の人は、たぶん自己啓発の使い方ミスってます。

 

自己啓発を使って自分を変える方法【意味を持たせよう】

自己啓発を使って自分を変える方法【意味を持たせよう】

自己啓発で自分を変える秘伝のコツは「捨てる→行動する」という順番です。

いきなり行動すると、やがて日常に戻る

具体的にお話していきます。

例えば、1日24時間の内訳が「食事2、仕事8、睡眠8、娯楽6」だったとします。

このときに自己啓発本を読んですぐ、「毎日副業を2時間やる」と決意し行動するとします。すると1日の内訳が「食事2、仕事8、睡眠8、娯楽6、副業2」と24時間をオーバーします。そして多くの人は、24時間をオーバーしていることに気づかず、最初のうちは睡眠を削りながらも長持ちせず、最終的に元の生活リズムに戻ります。自己啓発から得たやる気を徐々に失い、いつの間にかゼロの状態に戻ってしまうんです。

この一因は心理学的に「現状維持バイアス」と呼ばれるものです。
つまり、「心地が良い元の生活に戻ろう」と本能的意識に、多くの人は負けちゃうんです。

なので、まずは「何かを捨てる」から始める

とゆーわけで、「行動する」前に「捨てる」ことは必須です。
なぜなら1日の行動を24時間に収め、現状維持バイアスにかからないようにする必要があるからです。たぶん、みんなこれができてないと思います。

具体的に何をすべきことは次の3つです。

  • ①:現状の自分の1日の内訳を紙に書く(視覚化できればスマホでもメモ帳でもOK)
  • ②:そのうち、時間を削るものを選ぶ
  • ③:削った時間分、自分のやりたい「行動」を組み込む

これこそが、自己啓発を使って自分を変えるための秘伝のコツだと思います。

「仕事の残業があるから無理」という言い訳は一番悪です

こういう風に「1日のスケジュールを明確化しろ」的な意見に対して「残業があって、毎日決まった時間には帰れない」という反論があります。

残念ながら、こういった方は一番やばい状況に陥っていると思います。
なぜなら「人生の優先順位」をミスってないでしょうか。

「家族を養うために、会社はサボれない」「会社内で嫌われたくない」など想いは様々でしょうが、「家族を幸せにする」だったり「お金持ちになる」だったりの大きな視点で見て「会社で超まじめにやる」ということはホントに最優先なんですかね。

自分の目的を思い出して、「会社で働くこと」の延長線上にその目的があるかどうか、一度考えてほしいです。それより「副業」だったり、「セミナー」だったり、チャレンジする機会を優先し、会社は二の次にしていいんじゃないでしょうか。

1日の内訳は「人生を長い目で見た優先順位」を考えつつ、作ってほしいです。

 

おすすめの自己啓発のやり方【本・ブログ・YouTube】

おすすめの自己啓発のやり方【本・ブログ・YouTube】

自己啓発はいろんなやり方があると思いますが、僕個人は次の3つ以外ほぼやったことないです。そして、これだけで十分だと思います。

  • 自己啓発本(電子書籍やnoteなども含む)
  • 自己啓発系のブログ
  • 憧れてる人のYouTube動画
何人か、まとめときます

上記3メディアで僕個人が憧れてる人たちを、何人かご紹介しときます。

ブロガー兼YouTuberの『マナブ』さん、noteの『五十嵐』さん、投資家の『与沢翼』さん、実業家の『ホリエモン』、2ch創始者の『ひろゆき』さん、あとはメンズファッションバイヤーの『MB』さん。

毎週チェックしているのは、上記の方々くらいです。

「フリーランスで生きたい」とか「人から指示されるのが嫌い」とか「個人で稼ぎたい」とか「合理的に生きたい」とか、、、そんな価値観を持つ僕みたいな人は、おすすめの方々。

自己啓発で始めた行動は、習慣化します

ぶっちゃけ、行動を始めた最初2か月は結構つらいです。

でも、3か月目くらいで習慣化して、苦痛がなくなります。

ちなみにこのブログは2020年4月1日より、毎日1記事更新してます。多分毎日2500~4000文字ほどを3時間ほどかけて執筆してます。この記事執筆時点では7月7日で毎日更新98日目になります。

ホントに、100%習慣化しており、むしろ楽しくて、つらさは当時の5%くらいかもです。※0とまではいかないですけど。。。

なので、まずは3か月、確実につらいですけど、行動頑張ってみてください。

最後に、僕の好きな言葉を紹介します。

与沢翼さんの『お金の真理』という書籍内の言葉です。

確かに、多くの挑戦は失敗します。ときにマイナスになることもあります。私の経験からすれば逆にマイナスになることの方が多かったです。けれど、最初からゼロと決まっている方が私にとっては絶望的な話です。マイナスになろうと結果がでなかろうと、それでも良い結果が出る可能性だけは握っておきたいと言うのが、私が挑戦を続ける理由です。

チャレンジせずに成功0%の人生より、チャレンジして成功1%以上の人生のほうが、楽しいですよね。

と、この言葉を胸に皆さんもぜひ頑張ってみてください。

今回は以上になります。

関連記事

【厳選3つ】サラリーマンにおすすめのWワーク【不労所得を目指す】

【月10万レベルまで】海外FXの始め方完全マップ【超初心者→中級者へ22記事で解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です