2020年11月30日まで限定!新規口座開設だけで10万円GET!

海外FXの自己破産に関する法律的整理【意外と未来は明るい】

海外FX_自己破産_10

FXで自己破産できるか心配な人
FXで大きな借金を抱えた場合、自己破産はできる?この場合、国内FXと海外FXで違いはあるの?巷では自己破産できないって聞くけど、実際のところやってみればできたりしないの?

本記事ではこのような疑問に答えていきます。

本記事を読んで得られるもの
「FXで抱えた借金は自己破産できる?」この疑問をスッキリ解決することができます。また国内FXと海外FXの違いについても分かっていただけます。

自己破産とは今の収入、財産では借金の支払いが不可能であることを裁判所に認めてもらい、借金をすべて帳消しにする手続きです。
つまるところ、FXで抱えた借金を全て帳消しにできるか、という趣旨になります。

本記事の内容
  • FXで抱えた借金は自己破産できるのか?
  • 自己破産した先に待っている未来【意外と明るい】
  • FXで借金を抱えないためにやるべきこと

FXで抱えた借金は自己破産できるのか?

FXで抱えた借金は自己破産できるのか?

結論、法律的には自己破産はグレーですが、事実上99%可能です。

 

法律的観点

破産法252条1項には「免責不許可事由」つまり、借金の免除が許可されない事情が明記されています。次の一文が注目すべき点です。

浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと。

上記のように浪費や賭博(ギャンブル)、は射幸行為とみなされ、免責不許可事由となります。

つまり、FXや株式などは、投資的側面もありますが賭博的な特徴があることも否めませんので、射幸行為とみなされ免責不許可事由となりえますね。(個人的には投資的に使って欲しいけど、そうじゃない人が多いのが現状なわけです)

とはいえ、破産法条文内でFXに対して名指しで明記されてはいないため、「FXで抱えた借金に対して自己破産ができるか?」という問いに対して、法律上はグレーというのが現状です。

 

実際のところ自己破産って認められてるの?

実際のところ、FXや株で抱えた借金への自己破産は99%認められています。
それどころか、賭博による自己破産でさえ、認められるケースが多いです。

それって破産法と違うよね?と思うところですが、そもそも破産をする原因としてギャンブルは少なくありません(「ギャンブル依存症」なんて言葉もあるくらいです)。

なのでギャンブルによる破産を認めないとすると、数多くが露頭に迷うことになり、「法律上はアウトだけど、事情次第では自己破産を認めるよ」という酌量がされているわけですね。

このように法律上NGでも事情を汲んであげるよ、といったものを裁量免責と言い、実際のところは「ほとんどのケースで裁量免責される」という事実があります。

 

自己破産ができないケース

裁量免責はほとんどのケースで適用されますが、下記に該当する場合、自己破産できない可能性が非常に高いです。

  • 過去に自己破産経験がある場合

    免責不許可事由が複数ある場合

直近7年以内に自己破産経験がある場合は、問答無用で申請は却下されます。

また、詐欺や財産隠しなど、別の免責不許可事由を抱えている場合、自己破産できない可能性が高まります。

 

国内FXと海外FXにおける、自己破産の違い

国内FXと海外FXにおける、自己破産の違い

法律上は国内FXと海外FXにおける自己破産の違いはありません。
但し一般的に見て、同じFXであっても、国内と海外では借金を抱える理由に大きな違いがあります。その違いはこんな感じです。

  • 国内FX→知らない間に借金を抱える(受動的)
  • 海外FX→自らお金を借りた結果、借金を抱える(能動的)

覚えて欲しいキーワードは追証制度です。

 

追証制度がある国内FXではしらぬ間に借金を抱えるリスクがある

追証制度をざっくり言うと「口座残高がマイナスになった場合、トレーダー側に支払い義務が生じるルール」です。

例えば、FX口座に10万円入金して、ある通貨を買ったとしましょう。それを1日放置している間に、急落が起きていて残高がマイナス50万円となったとしたら、この50万円はトレーダーが支払わなければいけません。つまり、入金した10万円を失った上、さらに50万円の損失を抱えることになります。

国内FX業者は追証制度が義務付けられており、トレーダーは「ただ口座を放置しているだけ」でとてつもない借金を負うリスクがあります。一方で海外FXにはこの追証制度がないため、上記のケースでは損失は入金した10万円までに抑えることができます。

このようなことから①国内FXの借金は受動的②海外FXの借金は能動的(消費者金融からお金を借りるなど)、と言う構図になるわけです。

 

自己破産した先に待っているもの

自己破産をしても、意外と人生ゼロからのスタートというわけではありません。

自己破産した後に残るものは、下記です。

  • 99万円以下の現金
  • 新得財産(自己破産後に得た収入や財産)
  • 差し押さえ禁止財産(生活用品や家電など)
  • ほか裁判所に認められた自由財産(ケースによる)

ぶっちゃけ、日本はサポートが手厚すぎますね。
生活必需品+現金99万円は残るので、余裕で生活立て直しは効くかと。

 

まとめ:FXで借金を抱えないためにやるべきこと

まとめ:FXで借金を抱えないためにやるべきこと

気をつけるべき点は、下記だと思います。

  • FXのお金は借りずに余裕資金でやるべき
  • なるべく海外FXを使うべき
  • 国内FXを使うなら低レバレッジ&放置はダメ

自己破産した後も意外と生活の保証はありますが、クレジットカードはだいたい10年ほど作れなくなるので、なるべく避けるのが吉です。

ぜひぜひ、本記事を参考にしていただけると嬉しいです。

関連記事

【月10万レベルまで】海外FXの始め方完全マップ【超初心者→中級者へ22記事で解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です