2020年10月24日まで限定!「IS6FX」に無料口座開設で2万円ボーナス実施中!

【最後に勝つ人】「1年後の自分」のために仕事をすべき

1年後_仕事_自分

 

1年後が不安な人

・1年後の自分のため、どんな仕事をすべきだろう…

・1年後は、今より良い仕事ができる自分になりたい!

・今の仕事が、ぶっちゃけ不満

本記事は、このような方向けです。

本記事を読んで得られるもの
今やるべきは「今すぐ成果が出る」ことではなくて「1年後に成果が出ること」です。
サラリーマン2年、フリーランス半年の経験から実証済みなので、語ります。

 

こんにちは。Jonです。
1年半ほど前から、未来のためだけに働いてきました。

その成果を添えて、お話しします。

【最後に勝つ人】「1年後の自分」のために仕事をすべき

サラリーマン時代の僕は「今月の給料」と「年2回のボーナス」のために頑張っていました。今の僕は「来年以降の収入」のために頑張っています。

そして今は、平均的な50代サラリーマンの年収(677万円)の4倍以上の収入です。
僕は今26歳ですが、去年と比べると収入は10倍ほどになりました。

このヒミツは「仕事のやり方」にあると確信しています。要は「未来のために働く」ことが重要です。

 

今のために働く人と、未来のために働く人の違い

  • 今のために働く人→理想が低くなり、忍耐弱い
  • 未来のために働く人→理想が高く、忍耐強い

 

僕はサラリーマン1年目「今のために」働いてました

僕のサラリーマン1年目のとき、こんなことを考えていました。

・あと3日頑張れば給料日だから、辛抱しよう

・いつかは独立するけど、とりあえず今はサラリーマンで金貯めよう

・今の仕事は超つまんないけど、何となく不安だし続けよう

このとき、実は副業で何度も挫折してました。

その理由は、「今はサラリーマン忙しいからな…」というものでした。

加えて「すぐに結果が出ず」キツくて、アプリ開発を挫折しました。

明らかに優先順位は「副業」だったのですが、とりあえず今を生きることに、僕は精一杯でした。

サラリーマン2年目以降「未来のために」コツコツ努力

そして2年目以降、思考を修正しました。

・最優先は「不労所得」なので、副業第一に生きる

・目先の結果に期待せず、思考停止で毎日コツコツ作業

・サラリーマンは、もう切ろう

そして、挫折とは無縁になりました。
理由は「成果はどうせ1年後、あるいはその先かも」と思っていたからです。

確かに1~2か月目は、毎日5時間作業をしても、成果ゼロでした。

しかし3か月目から成果が出始め、1年後(というか今ですが)はすごいことになりました。

サラリーマン_一日

【フリーランスになるまで】サラリーマン時代の一日の過ごし方【1年続けた】

『アスリートの魂』というTV番組の特集【堂安律選手】

1年ほど前、『アスリートの魂』というドキュメンタリー番組でサッカー日本代表「堂安律選手」のサッカー生活に密着していました。

その中で、彼のコーチが発した言葉がものすごく印象的でしたので、紹介します。

酒とか、遊びとか、そんなのは引退してからやればいい。

サッカー選手なんて30歳で引退するかもしれない寿命が短い世界だ。
遊びたいなら、30歳から残りの70年遊びつくせばいいじゃないか。
それで人生遊びつくせないことなんて、絶対にないよ。

でも70年遊びつくすんだったら、今から10年間しかできないことを全力でやろう。

遊びは、未来にとっておけ。

本記事の内容は、まさにこれ。

しかも僕が言いたいのは30歳までの10年間頑張ろう!という話ではありません。

ビジネスでは、たった1年でOKです。だったら、できそうじゃないですか?

ほんの1年、頑張る決心さえできれば、ビジネスはホントに誰でも成功できる、、、と思ってます。

あなたもぜひ、やってみてください^^。

関連記事

【月10万レベルまで】海外FXの始め方完全マップ【超初心者→中級者へ22記事で解説】

【厳選3つ】サラリーマンにおすすめのWワーク【不労所得を目指す】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です