2022年7月31日まで期間限定!新規口座開設だけで10,000円分のビットコインGET!

【保存版】WAXブロックチェーンとは?特徴・始め方まとめ【NFT・ゲーム特化のチェーン】

【保存版】WAXブロックチェーンとは?特徴・始め方まとめ【NFT・ゲーム特化のチェーン】

WAXに興味ある人
・WAX(ワックス/WAXP)ブロックチェーンとは?
・WAXブロックチェーンの代表的プロジェクトは?
・WAXブロックチェーンの始め方を教えて!

本記事ではこのような方向けに、投資歴8年の著者ジョンが「WAXブロックチェーンの特徴・始め方」について代表的プロジェクトを紹介しつつガチ解説していきます!

ジョン
WAXブロックチェーンは主にゲームプロジェクトで利用されています!ブロックチェーンゲーマーの方、要チェックです!

本記事を読むメリット
  • WAXブロックチェーンの概要・特徴が1分で分かる!
  • WAXブロックチェーンの有名ゲームが分かる!
  • WAXブロックチェーンを今すぐ始めることができる!

WAXブロックチェーンの概要

WAXブロックチェーンの概要
チェーン名 WAX(ワックス/WAXP)
開発者 William Quigley / Jonathan Yantis
独自通貨 WAXP
コンセンサスアルゴリズム DPoS(Delegated Proof of Stake)
公式サイト WAX公式サイト
ホワイトペーパー WAX公式ホワイトペーパー

WAXは2017年にWilliam Quigley(ウィリアム・クイグリー) と Jonathan Yantis(ジョナサン・ヤンティス)の二人が立ち上げたブロックチェーンです。

WAXブロックチェーンは登場以降「NFTの王様」と呼ばれています。実績は豊富で、下記の通り国内外の大手企業がWAXブロックチェーンを利用しています。

日本企業:カプコン「ストリートファイターのNFT」販売
海外企業:Topps Digital「メジャーリーガーのNFT」「ゴジラのNFT」販売
※参考1:人気格闘ゲーム「ストリートファイター」のNFT発売へ
※参考2:WAXチェーンでゴジラやキングギドラのNFTコレクション販売へ

またWAXブロックチェーンは毎日40万人以上のユーザー、2300万にも及ぶトランザクションを処理しているので、人気が高く処理能力も非常に高いです!※データサイト『DappRadar』のこちらのデータ参照

このようにWAXはブロックチェーンゲーム及びNFTのプラットフォームに特化した、ブロックチェーンエコシステムです。

ジョン
ブロックチェーンゲームをやるなら、WAXは無視できない存在です!日本ではややマイナーですが、だからこそ知識を持っておくと先行者優位を取れます!

WAXブロックチェーンの特徴

WAXブロックチェーンの特徴は下記3つです。

  • 特徴①:独自コンセンサスアルゴリズムDPoS
  • 特徴②:WAXPを担保にした法定通貨キャッシング
  • 特徴③:創業者2人の経歴が突出している

特徴①:独自コンセンサスアルゴリズムDPoS

WAXブロックチェーンは独自コンセンサスアルゴリズムDPoS(Delegated Proof of Stake)を採用しています

コンセンサスアルゴリズムとは「分散したノード間での合計形成の仕組み」であり、このアルゴリズムに従ってトランザクションがブロックに格納されます。ブロックチェーンでは、いわゆる「マイニング」と呼ばれるモノです。

ビットコインや現在のイーサリアムブロックチェーンにおけるPoWはコンピューターの処理速度が高い「マイナー」がマイニング報酬を独占できることから、企業間で処理速度の争いが起き、電力消費の高騰などの環境問題が発生していました。

一方でWAXブロックチェーンのDPoSではWAX保有者が分担してトランザクションを処理する仕組みとなっており、こういった環境問題を解決しています。

実際、WAXブロックチェーンはビットコインブロックチェーンの0.00001%未満のエネルギーしか消費しないことがデータで証明され、Climate Care社から「カーボンニュートラル認証」を授与されています。

ジョン
イーロン・マスクでさえ「ビットコインは環境負荷がでかすぎる」と問題視しているほど大きな問題なので、WAXのエネルギー効率の良さは魅力的ですね!

特徴②:WAXPを担保にした法定通貨キャッシング

WAXブロックチェーンの独自通貨WAXPは「SALT」という仮想通貨融資プラットフォームで担保として採用されています

SALTでは、例えば「ビットコインを預けて米ドルを借りる」ことや「イーサリアムを預けて日本円を借りる」ことなど仮想通貨を預け入れることで法定通貨をキャッシングできるプラットフォームです。

ジョン
つまるところ、WAXPは法定通貨と交換できるほど信用の高い通貨と認められたわけですね!

実際WAXPの時価総額は約3,000億円で全仮想通貨中132位にランクインしているほど成長しています。

CoinmarketcapのWAXP※引用元:Coinmarketcap

特徴③:創業者2人の経歴が突出している

WAXブロックチェーンの創業者2人は、突出した経歴の持ち主です。特にJonathanさんにはビビると思います

William Quigleyさん

まずWAX現CEOのWilliamさんについてです。

彼は元ディズニー職員からベンチャーキャピタリストへ転身、その後Idealab社及びMagnetic社の最高経営責任者を務め、WAX立ち上げに至ります。

Jonathan Yantisさん

Jonathanさんは「OPSskins」の最高執行責任者であり、現在最大のステーブルコインとなっているテザーの共同設立者でもあります。

WAX設立前からOPSkinでは「ゲーム内アイテム(主にスキン)のマーケットプレイス」を志向し、なんとICOにて合計90億円を調達した実績があります。

90億円は当時のICOの中でもTOP10にランクインできるほどの数字です。

2017年ICO資金調達ランキング

1位 Hdac 2億5800万米ドル (約284億円)
2位 Filecoin 2億5700万米ドル (約283億円)
3位 Tezos 約2億3232万米ドル (約256億円)
4位 EOS Stage1  約2億3000万米ドル (約253億円)
5位 Sirin Labs 約1億5790万米ドル (約174億円)
6位 Bancor約1億5300万米ドル (約168億円)
7位 Polkadot 約1億4430万米ドル (約159億円)
8位 QASH 約1億820万米ドル  (約119億円)
9位 Status 約1億760万米ドル (約118億円)
10位 COMSA約9560万米ドル (約105億円)
※引用元:ICOで巨額の資金調達を実現した「仮想通貨」ランキング

ICO実績もさることながら、USDT(テザー)の共同創設者であることも驚きです。今や全仮想通貨中3位の時価総額、ステーブルコインでは圧倒的1位のコインです。

CoinmarketcapのUSDTランキング※引用元:Coinmarketcap

ジョン
WAXブロックチェーンを立ち上げた二人は優れたビジネスマン・起業家でありながら、クリプトにも深くかかわってきた人物なので信頼度が高いですね!

WAXブロックチェーンの代表的プロジェクト

WAXブロックチェーンの代表的プロジェクトを3つ紹介します。

  • ①:Alcor.exchange
  • ②:AtomicMarket
  • ③:Alien Worlds

①:Alcor.exchange

①:Alcorexchange
サービス名 Alcor.exchange
サービス内容 DEX(分散型取引所)
公式サイト Alcor.exchange公式サイト

Alcor.exchaneはWAXブロックチェーンなどマルチチェーンで利用できるDEX(分散型取引所)です。

主に下記のようなことができます。

・WAXブロックチェーン上のP2P仮想通貨売買
・WAXブロックチェーン上の仮想通貨店頭販売
・NFTトレーディング
・流動性提供/イールドファーミング

仮想通貨取引所のように仮想通貨売買が可能ですが、その価格はAMM(Automated Market Maker)という仕組みで自動計算され、全てがプログラムに制御されています。

そのためDMM Bitcoinやbybitなどの中央集権取引所のように、「運営者が価格を操作する」といった不正が100%起こり得ません

プログラムに脆弱性がある場合はハッカーからの攻撃リスクがありますが、Alcor.exchangeはWAXブロックチェーンNo1の取引高を持つ最も人気のDEXなので、初心者でも安心して運用できるのがメリットです。

ジョン
WAXブロックチェーンのDEXのうちでは時価総額、取引高ともに圧倒的No1なのでWAX上のブロックチェーンゲームなどをやりたい方にとっても必須となるであろうDEXですね!

②:AtomicMarket

②:AtomicMarket
サービス名 AtomicMarket
サービス内容 NFTマーケットプレイス構築プラットフォーム
公式サイト AtomicMarket公式サイト

AtomicMarketはNFTマーケットプレイスをカンタンに構築するための開発者向けプラットフォームです

WAX上の主要マーケットプレイスほぼ全てがAtomicMarketで構築されており、実際にAtomicHubは圧倒的利用者数No1、NeftyBlocksも次いで2位に位置しています。

ブロックチェーンやスマートコントラクトなどの知識がなくてもNFTマーケットプレイスが作れるので、WAXブロックチェーンは開発者にとってチャンスが多いチェーンでもあります。

ジョン
ユーザーとして見るとAtomicMarketに魅力は少ないですが、開発者として見ると多くのチャンスが眠っていますね!

③:Alien Worlds

③:Alien Worlds
サービス名 Alien Worlds
サービス内容 ブロックチェーンゲーム / メタバース
公式サイト Alien Worlds公式サイト

Alien WorldsはWAX、イーサリアム、BNBチェーンの3つのブロックチェーンにまたがる壮大なメタバース/ブロックチェーンゲームです

ブロックチェーンなのでP2E(Play to Earn)要素があり、ゲーム内で仮想通貨Triliumを稼ぐことが可能です。

>>【保存版】P2Eとは?有名ゲームや安全性・収益性を完全解説!【初心者向け】

ゲームの舞台は宇宙で、宇宙船NFTを購入することで、ミッション朝鮮やNFT発掘などのP2E要素にアクセスできます。

WAXブロックチェーンの中では最も人気で取引高が大きいブロックチェーンゲームなので、安心して遊べるほか、稼ぎも期待できるのでぜひトライしてみてください^^。

ジョン
ブロックチェーンゲームは1日単位で「稼げる」「稼げない」が変化するムズカシイ世界なので、自分で調査しつつ余裕資金でやってみましょう!

WAXブロックチェーンの始め方

今回は、WAXブロックチェーンで最も利用されているdApps「Alcor.exchange」でWAXブロックチェーンを始めてみます!下記手順で、所要時間は3分ほどです^^。

  • STEP①:国内取引所に口座開設
  • STEP②:バイナンスに口座開設
  • STEP③:WAX Walletをインストール
  • STEP④:国内取引所からバイナンスに送金
  • STEP⑤:バイナンスからWAX Walletに送金
  • STEP⑥:Alcor.exchangeにWAX Walletを接続

ジョン
Alcor.exchange以外のdAppsの場合でも、STEP⑥以外はまったく同様にすすめればOKです。一度覚えてしまえばラクラクできるので、この機会に手を動かしつつ体で覚えていきましょう!

STEP①:国内取引所に口座開設

まず最初にWAXブロックチェーンを始めるための資金を準備しましょう!

とりあえずは初心者に向けて使いやすさ重視のコインチェックでOKです

国内取引所のうちではアプリダウンロード数は1位と圧倒的なうえ、銀行入金だけでなくコンビニ入金・クイック入金などラクラク始められるのが最大のメリットです。

無料で作れますし、口座維持費用なども必要ないため、国内口座がない方は、一つは口座を持っておきましょう^^。

\アプリダウンロード数国内No1!/

ジョン
入金額はとりあえず5万円、なければ3万円程度でもOKです!購入する仮想通貨はXRPにしておきましょう!BTCやETHは今後の手順で大きな手数料がかかるので非推奨です。

STEP②:バイナンスに口座開設

WAXブロックチェーンは日本国内の取引所で取り扱うことはできません。

よって海外取引所の口座が必要になります。

初心者であれば取引高世界No1で、使い易さに優れているバイナンス(Binance)でOKです!

下記よりBinanceで無料口座開設を進めましょう!

STEP③:WAX Walletをインストール

WAXブロックチェーンのウォレットは専用の「WAX Cloud Wallet」が必要です。

こちらのWAX Cloud Wallet公式サイトから、下記のように情報登録してウォレットを作成しましょう!

STEP③:WAX Walletをインストール
Email / Username:メールアドレスを入力
Passwordパスワードを設定
Reenter Passwordパスワードを確認のため再入力

これにてWAX Walletの作成完了です!

STEP④:国内取引所からバイナンスに送金

WAXブロックチェーンを始めるためには仮想通貨WAXPが必要です。WAXPはBinanceで購入することができます!

WAXPを購入するため、さきほどコインチェックで用意したXRPをBinanceへ送金しましょう!コインチェックログイン後こちらの送金ページから下画像のように送金できます。

コインチェックからBinanceにXRP出金
送金する通貨:「Ripple」を選択
宛先:BinanceのXRPアドレスをコピペして入力
宛先タグ:BinanceのXRPタグをコピペして入力
送金先サービス名:「その他」を選択
受取人種別:「本人への送金」を選択
送金額:送金するXRPの枚数を入力

STEP⑤:バイナンスからWAX Walletに送金

Binanceログイン後、先ほどのXRPが着金したことを確認して、XRPのスワップページで下記のように設定してスワップしましょう!

XRPをWAXPにスワップ

こちらのWAXP送金ページから準備したWAXPSをWAX Walletに送金して準備完了です!

WAXPをWAX Walletに送金

STEP⑥:Alcor.exchangeにWAX Walletを接続

Alcor.exchange公式サイトの「Connect Wallet」を選択して、WAX Walletのトランザクションを承認したら接続完了です!

STEP⑥:AlcorexchangeにWAX Walletを接続

お疲れ様でした!これにてWAXブロックチェーンにてAlcor.exchangeを始めることができました!

ジョン
他のdAppsでも全く同じように進めることができるので、ぜひトライしてみてください!

WAXブロックチェーンのトラブル・よくある質問

WAXブロックチェンはMetaMaskに追加できる?

ジョン
WAXブロックチェーンをMetaMaskに追加することはできません!

WAXブロックチェーンを扱うためには専用のウォレット「WAX Cloud Wallet」が必要になります。

こちらの公式サイトからメールアドレス・パスワードの設定だけで、個人情報入力一切不要でウォレット作成できるので、今のうちに作っておくと便利です。

エクスプローラーはある?

ジョン
WAXブロックチェーンには専用のエクスプローラーサイト「WAX BLOKS」があります!

WAXブロックチェーンのネットワーク状況、トランク書運詳細などを確認するために専用エクスプローラーサイト「WAX BLOKS」が用意されています。

価格についても確認でき、WAXの情報は網羅しているので、これからWAXを頻繁に利用する方はブックマーク登録しておきましょう!

NFT取引にガス代はかかる?

ジョン
WAXではNFT取引にガス代は不要です!

WAXブロックチェーンはゲーム・NFT取引に特化したプラットフォームだけあって、NFT取引に一切のガス代は不要です。

ただし、仮想通貨の送金・スワップなどの際には「WAXP」がガス代として必要になるので、本記事に上述した方法で最低限のガス代は準備しておきましょう!

まとめ:WAXはNFT特化の専門ブロックチェーン

最後に、本記事のまとめです。

  • WAXブロックチェーンはNFT・ゲーム特化プラットフォーム!
  • WAXブロックチェーンは創業者2人の実績が突出している
  • WAXブロックチェーンは3分でカンタンに始められる!

ではでは、今回は以上となります。

なお、今後仮想通貨を運用するなら日本国内の取引所が必ず必要になります。

最速1日で口座開設出来て、入出金が早く、つみたてなどどこよりも多機能なコインチェックの口座をとりあえず作っておくのがおすすめです!

無料で口座開設できるので、手間を惜しまずやっておくと賢いです^^。

\アプリダウンロード数国内No1!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。