2020年11月30日まで限定!新規口座開設だけで10万円GET!

【ホリエモン・ひろゆきが実証】辛いときどうするか?【結論:堕落しましょう】

辛い時_どうする

辛くて苦しむ人
今、ガチで辛い。。。こんな時どうしたら立ち直れるんだろう。頑張りたいのに、どうしても気力が出ないし、自分ではどうしようもできない。

本記事ではこのような疑問に答えていきます。

本記事を読んで得られるもの
辛くて、何も考えたくない時、ひたすら休みたい時、ラクになれると保証します。

 

こんにちは。Jonです。
大好きだった彼女にフラれたとき、仕事で全然結果が出なかったとき、FXで150万円を失った時、全てを解決した方法です。

やってみて、ラクになってください^^。

 

辛い時どうすればいいか?

結論、全ての“やるべきこと”から、逃げましょう。

現実逃避でドラマを見たり、会社を休んだり、遊びまくったり、泣いたり、なんでもOK。とにかく休んでいいんです。

「休めれば苦労しないじゃん…」と言われそうですが、僕なんかきつくて会社辞めましたからね笑。けどむしろ、人生が好転してます。

そのままだとうつ病になったり、最悪自殺なんてことになっちゃうかも。
そうなる前に、絶対に、何があっても、「逃げ」てみましょう。

 

「無理して頑張る」ことは、全く正義じゃない

「辛い時こそ頑張れ」という思考は、人をダメにすると思います。

正解は、辛いとき楽できるように、普段から頑張っておくことです。

昔、ある相談を受けました。「リストラされて生活できなくなったから、これから死ぬ気で頑張りたいです!ブログを教えてください!」というもの。いっちゃ悪いのですが、頑張りどころをミスってるな、という感想でした。

やっておくべきは、普段からリストラを想定し、貯蓄なり副業なりを、がんばっておくことです。人間は窮地に立たされるまで、頑張らない人が多いのですが、そのまま生きるといざ窮地に立たされたときに、人生が詰みます。

 

「ホリエモン」ですら、すぐに立ち直れなかった

ホリエモンですら、逮捕当時はすぐに立ち直れなかったそう。
逮捕直後の孤独な牢獄で、看守の青年に慰められ、号泣したそうです。

自伝『ゼロ』で語られた印象的なエピソードです。

また、その中で、ホリエモンの生き方そのものと言える言葉があります。

自分は、全くのゼロだ。掛け算はできない。だからこそ毎日小さなイチを足していこう

大事なのは、毎日努力し、イチを積み重ねることですね。

掛け算は期待せず、小さなイチを積み重ねましょう

「人生」に掛け算はありません。一発逆転はないんです。
なので、普段から小さなイチを足して生きましょう。その積み重ねが、辛い時の保険になります。

僕が会社を辞めることができたのも、1年かけて欠かさずに毎日副業を積み重ね、収入があったから。

今辛いなら、一旦逃げて、イチを積み重ねる日常を作ってみてください^^

 

最悪シミュレーションをしておこう

2ch創設者「ひろゆき」が普段やってる思考法です。

あらかじめ、最悪を予想しておいて、その対策をしておく。万が一最悪の事態になっても「やれることはやったから、しょうがないよね」という無敵の思考です。次のような感じ

電車で隣のオッサンに「足を踏まれる」のが最悪

あらかじめオッサンに「足どかしてください」と注意しておく

やれることはやったので、最悪踏まれても納得する

辛い状況になってから頑張らない、という意味だと「逃げる」ことと似てますね。

ひろゆきの著書『無敵の思考』での本人談です。

 

「堕落」すらも、チャンスになる【ドンキ創業のきっかけ】

ドン・キホーテの創業者安田さん。実は、ドンキ創業のきっかけは「堕落」でした。

彼は三日三晩、ベッドの上でゴロゴロしてだらけまくったそうです。本当に、何もしなkったそう。その挙句「俺は一体何をしてるんだろう」と大きな自己否定をし、勢いでドン・キホーテを創業したというエピソードがあります。

「堕落しちゃダメ」というのも、ただの先入観かもです。
辛ければ逃げて、堕落しましょう。

そして、さらに掘り下げます。

 

辛くて、ガチで逃げれないときの対策

この事態に準備しておらず、マジで逃げられないという場合もあります。

そんなとき、やるべきは「短期間、それ以外のことを全て捨てる」という方法です。
具体的には「2週間、すべきことに一点集中する」ということ。

さきほどの「逃げる」とは真逆です。

与沢翼さんの『ブチ抜く力』参考です

なぜ「短期間・一点集中」なのか。
それは長期間全てを捨てて頑張ることは、非常に難しいからです。

1年間、仕事以外何もしないのは超キツいでしょう。しかし2週間であれば、できそうな気がしてきませんか。2週間を犠牲に、その後の人生が大きく変わるなら、意欲が出ませんか。

これは与沢翼さんの『ブチ抜く力』に書いてある、彼の成功の秘訣の一つです^^

 

ブチ抜いた先にあるもの

イメージできる「成功」より、遥かに素晴らしいものが、その先にあります。

仕事における成功とは「無難にプロジェクトを終えること」かもしれませんが、待っているのはそのような次元を超越した、エキサイティングなものです。

頑張る姿が周囲を惹きつけ、「あいつはデキる」という評価が定着し、Googleなどの大企業から引き抜かれるかもしれません(僕はソフト●ンクに勤めていましたが、実際に同期がマイクロ●フト、Goo●leに引き抜かれてました)。

もちろん、異性からの評価も変わります。他部署まで名が行き渡り、綺麗な女性からプローチがかかるかもしれません。自信がつき、女性からの見る目が変わるかもしれません。フリーランスであれば、仕事にも女性にも困らず引っ張りだこになるでしょう。

たった2週間ブチ抜いた先には、想像もできない結果が待っています。
本当に辛いけど、逃げれないとき。そんな時は開き直って、ブチ抜いてみてください。

 

まとめ:辛い時どうするか【逃げるorブチ抜く】

では最後に、本記事のまとめです。

  • ①:辛い時、逃げましょう
  • ②:最悪シミュレーションをして、今のうちに対策しましょう
  • ③:何があっても逃げれないなら、逆にブチ抜きましょう

では、今回は以上になります。

関連記事

【月10万レベルまで】海外FXの始め方完全マップ【超初心者→中級者へ22記事で解説】

【最新版】海外FX業者の優良ボーナスキャンペーン一覧【19種類】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です