お金がない大学生なのに、やれる投資がある件【無一文でもOK】

投資_大学生

お金のない大学生
将来お金持ちになるため、大学のうちから投資を始めたいけど、何からやっていいか分からない。損をするのは嫌なので、なるべく損をしたくないけど、大きなリターンも欲しい…そんな都合の良い投資ってあったりするの?

本記事ではこのような疑問に答えていきます。

本記事を読んでほしい人
  • アルバイトをしつつも、生活費の支払いもわりときつい人
  • 服や食事を買うにしても、お金を気にしちゃう人

本記事は上記のように、あまりお金に余裕がない大学生向けです。こういったお金の悩みを抱える方でも、リターンを期待できつつ、限りなく低リスクでできる投資をお伝えしていきます。

なのですみませんが、既に満足な稼ぎを得ている方や生活に不満のない人にはあまりお役に立てないかと。せっかく見に来てくれて申し訳ないのですが、、、ご了承ください(-_-)

本記事の内容
  • お金のない大学生がやるべき投資/やっちゃダメな投資
  • FXで150万損した僕が、大学生にオススメする投資
  • 大学生は人生のバイキングみたいな話

大学生がやるべき投資/やっちゃダメな投資

大学生がやるべき投資やっちゃダメな投資
やっちゃダメな投資

共通点はリスクが高すぎることです。

  • 仮想通貨
  • 不動産
  • アムウェイなど怪しげな団体への加入
やるべき投資

共通点はリスクが超低いことですね。

  • FX
  • 投資信託
  • 自己投資(本、メルマガなど)

自己投資は言わずもがな有益ですね。ビジネスの世界では自分=商品になるので、自分を磨けばおのずと収入も増えてきます。

 

ちょびちょびでも、堅実に増やしたいなら投資信託

投資信託は、超低リスクだけど、超低リターンです。ぼくが1年間投資信託で運用した結果は下記のような感じでした。

  • 毎月の積立額:5万円
  • 1年後の利益:5,972円

最終的に60万円が60万5972円まで増えたという感じ。これで物足りないという方は、投資信託に、向いてないです。

 

10~100万円を狙うなら、やっぱりFX

先ほども言いましたが、「リスクが超低い」ことを前提としてます。が、FXはやり方次第でギャンブルにもなるので、工夫が必要です。

わりと頭を使うので、そもそも努力する気がない人はムリな方法ですが、この記事を見に来てくれる方は自分を何かしら変えたいと思ってるはずなので、あえてこの方法を書きますね。

この方法を使うことで得られる恩恵は二つです
  • ①:自己資金は0円でFXを始めることができる
  • ②:勝てれば100万も狙えるし、負けても損は0円

カンタンに言います、この方法は『ビギナーズラックで大きな稼ぎを狙い、負けてしまっても損は0円、といったやり方』です。

この先、気になるはず。でもこの方法をお伝えする前に、FXの危険性をちゃんとわかってもらいたいので、ぼくが150万円失った話を、最初にお伝えしときます。

 

FXで150万損した僕が、大学生にオススメする投資

FXで150万損した僕が、大学生にオススメする投資

ぼくがFXを始めたのは大学1年生の時、きっかけは兄の影響を受けてです。なけなしのバイト代をつぎ込み、負け続けました。それでも続け、社会人になってからは毎月の給料から5万円をつぎ込み、それでも負けました。怪しい50万円ほどのコンサルにも引っ掛かり、総額で150万円は失いました。

しかし、FXの知識がなかったわけでもないし、努力をしなかったわけでもありません。負けても7年続けてるだけの熱意もあったし、本も100冊以上は読んで人並み以上に勉強してきました。

それでも、なぜぼくは負けたか。そして今は何故勝てているのか。結論から言うと『経験』です。細かく言うと『勝てる手法が分かるようになった経験』です。

ここまで言って何ですが、これ以上はお伝えしてもムダなので、あえて詳細は省きます。伝えたいことは『手法を勉強しろ』ということではありません。「最初はマジで負ける」伝えたいことは、コレです。つまるところFXは初心者が勝ち続けられるような甘い世界ではないとゆーことです。

ここまでご理解してもらって、ようやく『お金のない大学生がやるべき投資』に話を戻します。

 

海外FXのボーナス制度をフル活用し、勝ち逃げする

初心者がFXで勝ち続けられないこと、まずご理解いただいたと思います。ただし「最初の1回まぐれ勝ちする」ことなら、可能性はあります。この方法では、そのビギナーズラックを狙います。そしてたとえ負けても、損失はありません。

これを実現するのが「海外FXのボーナス制度」を使った方法。つまるところ、FX口座を作るだけで数千~数万円もらえるので、その貰ったお金で大きな稼ぎを狙ってしまおう、という方法です。
この方法の、手順は下記
  • ①:海外FX業者を選ぶ
  • ②:口座開設して取引スタート

以上、たったの2STEPで完了します。審査に1日程度かかりますが、口座を作るのは無料だし、作業自体は30分もかからないはず。

海外FX業者の選び方は初心者に難しいので、下記記事を参考にどうぞ。

海外FX_ボーナス

【2020年版】仮想通貨・海外FX業者の優良ボーナス一まとめ【20種類】

このボーナスをきっかけに、ぼくはFXで稼げるようになりました。投資は特性上「お金がない人は効率が落ちる」のが原則ですが、この方法はわりとセコく、誰でもできます。

しっかり勉強する覚悟があれば、ここから100万円を作ることも全然できるはず。とはいえ、がっつり運任せでも良いと思います。

ボーナス制度はオトクすぎていつ終わるか分からないため、ぜひ早めに試してみて下さい。

 

まとめ:大学生がやるべき投資3つ

最後に、大学生がやるべき投資3つをおさらいします。

  • 大きく稼ぎたい人向け:海外FX(ボーナスを利用してみる)
  • ちょびちょび稼ぎたい人向け:投資信託
  • 万人向け:自己投資

とゆーわけで、本記事は以上になります。

大学時代は、チャンスのバイキングみたいなもの

大学時代は、人生でもっとも多くのチャンスが転がっている場所です。授業は自由だし、サラリーマンの数倍稼ぐ頭の良い教授もいるし、意識の高い人たちはすでに社会に出る為にビジネスの勉強をしてたり、あるいは起業してるかもしれません。だれと付き合うか、何を学ぶか、バイキングと同じで自由に選ぶことができます。

カリキュラムが決められ、受け身で卒業できた高校までとはわけが違います。自分の決定と能動的な行動がなければ、単位は取れないし、卒業も出来ないです。ただこれは悪い事ではなく「自分の努力が成果に結びつく最高の環境」とも言え、むしろ多くの人にとっては人生で初めてのチャンスの場といえるはずです。ただ、このチャンスを活かせる人は100人に1人もいないのが悲しいところです。

じゃあこの好機をどう活かすか?答えは「何でもやってみる」しかありません。

イチロー選手が野球ではなくサッカーをやっていたら?ラグビーをやっていたら?全ては彼が幼い頃に「野球をする」と決心をしたところで決まっていました。それと同じで、将来あなたが「平凡なサラリーマン」になるか、「飛び抜けたお金持ち」になるか、それは今のあなたの選択に大きく左右されます。

過去に「勉強をする」という選択肢を取ったのであれば、あなたは今、良い大学にいるはず。逆もまた然りです。だから過去の選択によって今が成り立っていることは、あなたも理解できるはず。

つまり未来を納得できるものにしたいなら、今の選択を変えるしかないです。

「やらない」という選択肢はカンタンに取れますし、ぼくは正直どっちでもいいと思います。ただ、もったいないなぁと思うだけ。

未来をより良くするため、ぜひぜひ何でもチャレンジしてみてくださいね。

関連記事

【2020年5月更新】海外FX業者の優良ボーナスキャンペーン一覧【19種類】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です