2021年1月24日まで期間限定!新規口座開設だけで1万円分のビットコインGET!

『10倍売る人の文章術』【セールスライティングノウハウ集】

文章術

第一センテンスを読ませるにはどうするべきでしょう?

短くせよ。それが答えです。

例えば


減量はたやすくありません。
コンピューター嫌いのあなた。
それは簡単です。
それは起こるべくして起こりました。
IBMに脱帽です。

どのセンテンスも短くて読みやすいので、読者はほとんど吸い込まれるようにコピーを読み始めます。機関車に例えてみましょう。発射する際の機関車はフル稼働です。車体を動かすのに必要なねるぎーや集中力は半端ではありません。しかいいったん動き出すと、徐々に進行はラクになります。

コピーの場合も同じです。

 

異論に先回りする。

これはコピーを書く際に考慮すべき重要な要素です。商品を紹介していて、見込み客から何かしら異論や反論が出そうだと感じたら、自らその異論を唱えることです。

消費者が目の前にいない以上、次にどんな質問が出るかを予測しなければなりません。異論が出そうだと感じながらそれを無視するのは、その消費者を無視するようなもの。

ごまかしは効きません。

たった数行でも、信頼度がアップする効果を生みます

 

本書のテクニックの中で最も大切なものを一つだけ挙げるとしたら、それは「正直さ」です。

宣伝文は正直・誠実でなければなりません。

消費者は賢明です。私たちが伝えようとすることが正直かどうかを見抜きます。宣伝文が正直であればあるほど、見込み客はそのメッセージを効果的に受け入れてくれます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です