成功の対義語は「何もしない」です【根拠:成功者たちが言ってます】

成功_対義語

成功の対義語がわからない人
成功の対義語ってやっぱり「失敗」なの?それとも別?

本記事ではこのような疑問に答えていきます。

本記事を読んで得られるもの
成功の対義語は失敗じゃなく「何もしない」ということです。

 

こんにちは。Jonです。

国語的じゃなく、現実的に「成功⇄失敗」ではないと思います。

 

成功者たちも、同じようなことを言ってる人が多いです。

本記事は、本当の意味で成功の対義語が何なのか、解説していきます。

本記事の内容
  • 成功の対義語は「何もしない」です【根拠:成功者たちが言ってます】
  • 「失敗」の意味するものは?【エジソン流にいえば:新しい発見】
  • あなたが選ぶのは、0か、1以上か?【成功者の思考を学ぶ】

成功の対義語は「何もしない」です【根拠:成功者たちが言ってます】

成功の対義語は「何もしない」です【根拠:成功者たちが言ってます】

成功の対義語は「何もしない」だと思います。

与沢翼著『お金の真理』より

与沢翼さんといえば、起業して倒産、さらにはネオヒルズ族からの没落後の破産。
このように数多くの失敗を経験しながらも、現在は世界各国に不動産を保有する超お金持ちまで復活した方です。

そんな彼が2020年に出版した著書『お金の真理』から一説を紹介します。

確かに、多くの挑戦は失敗します。ときにマイナスになることもあります。私の経験からすれば逆にマイナスになることの方が多かったです。けれど、最初からゼロと決まっている方が私にとっては絶望的な話です。マイナスになろうと結果がでなかろうと、それでも良い結果が出る可能性だけは握っておきたいと言うのが、私が挑戦を続ける理由です。

何もしない=成功の可能性が0%ということ

つまり、与沢翼さんが言っているのは下記のようなことだと思います。

  • 何もしない→失敗もしないが、成功の可能性も0%
  • 挑戦する→失敗するかもだが、成功の可能性が1%以上ある

つまりは「何もしない」ことで、ハナから成功の確率が0%の人生より、挑戦することで1%以上の成功の可能性がある人生が良い、ということです。

これは、ものすごくうまく言語化されてるなと思いました。

個人的には、僕も全く同じ心理です。

 

成功者たちの名言

成功と失敗の一番の違いは途中で諦めるかどうか

-スティーブ・ジョブズ-

 

ミスすることを恐れて勝利はない。それがどんなに大きなミスであっても、ミスしたことを後悔はしない。それも自分の実力の一部であるし、勝つためには避けて通れないチャレンジだから。

-中田英寿-

 

ぼくはキャリアを通じて9000回以上のシュートをはずした。300回近い試合に負けた。勝敗を決するシュートを託され、失敗したことは26回ある。人生で何度も、何度も、何度も失敗を重ねてきた。だから成功できたんだ。

-マイケル・ジョーダン-

これらの言葉から学べることは「失敗の延長線上に成功があり、必ず失敗を避けて通ることができない」こと。例えば、1階から2階に上がる時、人によっては1段飛ばしすることはあっても、絶対に階段を登る必要がありますよね。

失敗とは、2階に続く階段の1段を登った、証拠だと思います。

 

「失敗」の意味するものは?【エジソン流にいえば:新しい発見】

「失敗」の意味するものは?【エジソン流にいえば:新しい発見】

じゃあ失敗って結局何か。

一番納得できた答えは、エジソンの言葉です。

わたしは今までに一度も失敗をしたことがない。電球が光らないという発見を、今までに2万回したのだ。

-トーマス・エジソン-

つまり、失敗=新しい発見、なんじゃないでしょうか。

会社での失敗なんて、小さいし、むしろ嬉しい

例えば、会社のプレゼンで失敗したり、周囲の人間から嫌われたり、それって喜ぶべきことなんじゃないでしょうか。

「このプレゼン資料の見た目が悪かったんだな」「話すときの表情が悪かったんだな」、失敗はこのように、新しい発見を生む種です。

成功者には「自責思考(全てを前向きに自分の責任とする思考)」が必要とよく言われますが、それは多分、失敗を新しい発見とすることができるからだと思います。

例えば周囲の人間から嫌われたとき、「あいつの性格が悪いだけ」と他人のせいにしても、自分は成長しませんが、「話し方が悪かったかなぁ」と反省し改善すれば自分を成長させることができます。失敗を発見とし、成長します。

つまるところ失敗=成長の糧です。

 

あなたが選ぶのは、0か、1以上か?【成功者の思考を学ぶ】

あなたが選ぶのは、0か、1以上か?【成功者の思考を学ぶ】

それでも失敗が怖い人のために必要なのは、先ほど述べた与沢翼さんの考え方です。

繰り返します。

確かに、多くの挑戦は失敗します。ときにマイナスになることもあります。私の経験からすれば逆にマイナスになることの方が多かったです。けれど、最初からゼロと決まっている方が私にとっては絶望的な話です。マイナスになろうと結果がでなかろうと、それでも良い結果が出る可能性だけは握っておきたいと言うのが、私が挑戦を続ける理由です。

成功の対義語は「何もしない」ことです。

 

何もしないで失敗のリスクを負わない代わりに、成功する可能性0の人生を受け入れるか。

それとも失敗のリスクを負いながら挑戦し、成功する可能性を1%でも紡いでおきたいか。

あなたが選ぶのは、0か、1以上か?
どちらでしょうか。

 

まとめ:成功の対義語は「何もしない」、失敗は「新しい発見」

最後に、本記事の内容をまとめます。

  • 成功の対義語は「何もしない」
  • 失敗は勝つために必要不可欠な「新しい発見」
  • 0のままの人生か、1以上の人生か選ぼう

というわけで、今回は以上になります。

関連記事

【月10万レベルまで】海外FXの始め方完全マップ【超初心者→中級者へ22記事で解説】

【厳選3つ】サラリーマンにおすすめのWワーク【不労所得を目指す】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です