2021年9月30日まで期間限定!新規口座開設だけで10,000円分のビットコインGET!

【玄人向け】FXトレードの失敗例を3つ紹介します【記録用です】

こんにちは。ジョンです。

1年以上いろんなトレード手法を検証してきて、もはやFX研究者になりそうな勢いですが、そんな僕が、過去に見つけた「失敗手法」をいくつか紹介します。

どれも、最終的には大損失です。

しかし、失敗から学べることもあるので、厳選した3つを公開します。

失敗例①ボリンジャーバンドを用いたトレードパターン1

ボリンジャーバンドを用いたトレード

基本条件

通貨ペア:USDJPY
資金:100,000円
トレード回数:20回

エントリ条件

下記条件を満たしたときに4hの次の始値でエントリ
① 30mのローソク足の実線が2σをブレイクしている
② 30mの移動平均線でバンドウォークと同一目線のパーフェクトオーダーが成立している
③ 1hの移動平均線でバンドウォークと同一目線のパーフェクトオーダーが成立している

利確・損切条件

損切:直近の最高値/最安値

利確:30mのローソク足の実線が10EMAをブレイクした後、次の始値で利確(ただし、10EMAブレイク時に含み損の場合は、利確しない)

結果

最終資金:65,309円(-34,691円)
勝率:50%(10勝10敗)

上記の説明だけでわかる人は、多分かなり玄人です笑
なので、こちらのエクセル配布します。

エクセルが欲しい方は、コメントまでご連絡どうぞ^^。

では次!

失敗例②:平行線、チャネルのレジサポ転換を用いたトレードパターン1

平行線、チャネルのレジサポ転換を用いたトレード

基本条件

通貨ペア:USDJPY
資金:100,000円
トレード回数:34回

エントリ条件

・4hにレジサポチャネルをひく(ひげは用いず実線のみ)
・4hでトレンドが発生している時のみ30mへチャートを切り替える
・21EMAと200EMAの関係が4hと30mで同様なことを確認する
・4hと30mでレジサポチャネルをひく
(・有効なチャートパターンがあるかどうか確認する)
・アップトレンドならロング、ダウントレンドならショートでエントリ
・指値逆指値は次のレジサポラインをひいて確認

利確・損切条件

・売りであれば、直近の最安値。買いであれば直近の最高値(トレンド終了ポイント)
(ひげは用いず実線のみ)
・(チャネルエントリの場合)チャネルの始点、3回以上はじいているラインがあれば、その下10pips
・(ラインエントリの場合)4hのチャネル上下限まで

結果

最終資金:45,217円(-54,783円)
勝率:38.2%(13勝21敗)

これ、ほんと検証始めたての時のやつ…

エクセルには最大ドローダウンや許容損失も細かに書いてるので、こちらも欲しければコメントまでどうぞ(ただし、検証エクセルのフォーマットがちょっと古いです)

失敗例③:MAのレジサポ転換を用いたトレードパターン1

失敗例③:MAのレジサポ転換を用いたトレードパターン1

基本条件

通貨ペア:USDJPY
資金:100,000円
トレード回数:18回

エントリ条件

【4h】
・20MAよりローソク足が下
・20MAの5波動が終わっていないこと
・5MAの第3波or第5波の始まりが観測できる。(5maにて押しが観測できた場合)
(直近で意識されているレジサポやMA、チャネルにで観測)
【15m】
・下落トレンド後が終了した地点で、エントリ。

利確・損切条件

損切:15分足で観測した重要なラインの5pips下(トレンド反転前に着けた最安値、意識されているレジサポ)

利確:4hの直近高値

結果

最終資金:15,652円(-84,348円)
勝率:50%(9勝9敗)

面白いのは失敗パターン①と同様の勝率なのに、損失が2倍以上ということ。こういったことから損切りライン設定の重要性が学べ、以後のトレードに活かしたりできてます^^。

こちらもエクセル欲しければ、コメントでどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です