2022年7月31日まで期間限定!新規口座開設だけで10,000円分のビットコインGET!

【保存版】Etherscanの概要・使い方・見方まとめ【初心者向けに画像付きで解説!】

【保存版】Etherscanの概要・使い方・見方まとめ【初心者向けに画像付きで解説!】
Etherscanを使いたい人
・Ehterscan(イーサスキャン)って何?
・Etherscanの見方・使い方を教えて!
・日本語で分かりやすく解説してほしい!

本記事ではこのような方向けに、投資歴8年の著者ジョンが「Etherscanの概要・使い方」を初心者に分かりやすくガチ解説していきます!

本記事の内容
  • Etherscanの概要
  • Etherscanでできること
  • Etherscanの見方・使い方
  • Etherscanのトラブル・よくある質問

Etherscanの概要

Etherscanの概要
サービス名 Etherscan(イーサスキャン)
サービス内容 イーサリアムブロックチェーンのオンチェーンデータ検索・確認・分析
開発チーム Matthew Tanら個人開発者チーム

Ehterscanはイーサリアムブロックチェーン上のオンチェーンデータ検索・確認・分析のための「ブロックエクスプローラー」と呼ばれる無料ツールです。

「ブロックエクスプローラー」はブロックチェーン毎にあり、例えばSolanaであればSolScan、PolygonであればPolygonScanなどです。

Ehterscanはイーサリアムブロックチェーンにおけるブロックエクスプローラーで「最も優れている」と言われているツールとなっています。

Etherscanでできること

Etherscanでできること

主に、下記のようなことができます。

・特定のアドレスの残高を確認する
・特定のアドレスの取引履歴を確認する
・現在進行中のトランザクション状態を確認する
・現在のガス代を確認する
・オンチェーン統計情報を確認する
・API/ABIにてデータを取得する
…など

上記のようにイーサリアムブロックチェーン上のデータであれば、ほとんどのデータを確認することができます

友達のアドレスを検索して残高を確認するなんてコトも余裕ですし、「最も利用されているDEX情報」など数多くの統計データも提供されています。

ジョン
このようにEhterscanはイーサリアムブロックチェーン上のあらゆるデータにアクセスできる無料ツールです!

Etherscanの見方・使い方

Etherscanの見方・使い方

よく使われる用途、下記「3つの使い方+おまけ」を紹介していきます!

  • ①:特定のアドレスの残高・残高推移を確認する
  • ②:特定のアドレスのトランザクション履歴を確認する
  • ③:現在のガス代を確認する
  • おまけ:スマートコントラクトを直接操作する

①:特定のアドレスの残高・残高推移を確認する

Ehterscanトップページから確認したいアドレスを検索します。今回は、実際に僕が昔利用していたアドレスを調べてみます!

トップページの検索バーに自分のイーサリアムアドレスをコピペして入力

アドレスの詳細ページに移動すると、下記のように現在のETH残高を確認できます。

現在のETH残高を確認

「Token」の項目から、アドレスに保有している別の通貨残高を確認することも可能です。

「Token」の項目から、アドレスに保有している別の通貨残高を確認することも可能

またページ下から「Analytics」タブを開くと、残高推移を確認することができます!

「Analytics」タブを開くと、残高推移を確認

ジョン
以上が「特定のアドレスの残高・残高推移を確認する方法」です!

②:特定のアドレスのトランザクション履歴を確認する

Ehterscanトップページから確認したいアドレスを検索します。今回は、実際に僕が昔利用していたアドレスを調べてみます!

トップページの検索バーに自分のイーサリアムアドレスをコピペして入力

検索するとページ下部から下記4種類のトランザクション履歴を確認できます!

下記4種類のトランザクション履歴を確認
  • Transactions:全てのトランザクションの履歴
  • Erc20 Token Txns:ERC20規格(独自トークン系)のみの履歴
  • Erc721 Token Txns:ERC721規格(NFT系)のみの履歴
  • Erc1155 Token Txns:ERC1155規格(主にNFT系)のみの履歴

では、それぞれ確認していきましょう!

「Transactions」を確認する

「Transactions」画面の見方は下記の通りです。

「Transactions」画面の見方は下記の通り
Txn Hash:トランザクション固有のID
Methodトランザクション種別
Blockトランザクションが格納されているブロック
Ageトランザクションが発生した日時
From送信元アドレス
To送金先アドレス
Value送金したイーサリアムの数量
Txn Feeトランザクション手数料

ジョン
「From」の隣の記載が「OUT」の場合は手数料が自分負担、「IN」の場合は相手負担になっています!

次に各トランザクションの詳細を確認してみます!確認したいトランザクションの「Txn Hash」を選択すると詳細画面に移動できます。この画面の見方は下記の通りです。

各トランザクションの詳細を確認
Transaction Hash:トランザクション固有のID
Statusトランザクションの状態(例 Success→成功、Failed→失敗
Blockトランザクションが格納されたブロック
Timestampトランザクションが発行された日時
Transaction Actionトランザクションの内容 ※詳細は後述
From:送信元アドレス
Interacted With(To):送信先アドレス
Tokens Transferredトランザクションのトークン転送詳細 ※詳細は後述
Value送信したイーサリアムの数量
Transaction Fee支払ったトランザクション手数料
Gas Price1Gasあたりのイーサリアム数量
Ether Price1ETHあたりのドル数量

難しいことを書いてあるようですが、日本語にするとカンタンですね!

ただ、ちょっと複雑な「Transaction Action」と「Token Transferred」の2項目については詳細を解説しておきます!

Transaction Action
→Mint of CryptoPunks3…(CP3D) To 0xe56c952425e988e7a89b450393a036ebf3a5e739
→1 of Token ID [8269]

上記の記載を日本語にすると「CryptoPunks3DのトークンID8269を一つ”0xe~”にMintする」という内容です。つまりはNFTをMintしているわけです。

このようにTransaction Actionの項目には、そのトランザクションで行っている内容が記載されています!

Tokens Transferred
 →From Null Address: 0x000… To 0xe56c952425e988e7a89b450393a036ebf3a5e739
For ERC-721 Token ID [8269] CryptoPunks3… (CP3D)

上記の記載を日本語にすると「ERC721規格のCryptoPunks3DのトークンID8269をNull Addressから”0xe~”へ送信する」という内容です。

このようにNFTをMintする際には送信元が「NullAddress」となるので要注意です。

「Erc20 Token Txns」を確認する

「Erc20 Token txns」画面の見方は下記の通りです。単に「Transaction」タブからフィルターしただけなので、見方はほぼ同じでカンタンです^^。

「Erc20 Token txns」画面の見方
Txn Hash:トランザクション固有のID
Ageトランザクションが発生した日時
From送信元アドレス
To送金先アドレス
Value送金したトークンの数量
Token送金したトークンの種類

「Erc721 Token Txns」を確認する

「Erc721 Token txns」画面の見方は下記の通りです。こちらも単に「Transaction」タブからフィルターしただけなので、見方はほぼ同じでカンタンです^^。

「Erc721 Token txns」画面の見方
Txn Hash:トランザクション固有のID
Ageトランザクションが発生した日時
From送信元アドレス
To送金先アドレス
TokenID送信したトークンのID
Token送信したトークンの種類

ERC721はNFTでよく使われる規格なので、上記のように「TokenID」という項目があります!

「Erc1155 Token Txns」を確認する

「Erc1155 Token txns」画面の見方は下記の通りです。こちらも単に「Transaction」タブからフィルターしただけです^^。

「Erc1155 Token txns」画面の見方
Txn Hash:トランザクション固有のID
Age:トランザクションが発生した日時
From:送信元アドレス
To:送金先アドレス
TokenID:送信したトークンのID
Value:送信したトークンの数量
Token:送信したトークンの種類

ERC1155も721と同様にNFT系の企画として利用されますが、違いとして「複数のトークンを一度のトランザクションで取引できる」という特徴があります。

なので「Value」という項目で数量が確認できるようになっています!

③:現在のガス代を確認する

Etherscanのガストラッカーから現在のガス代を確認可能です。

Etherscanのガストラッカーから現在のガス代を確認可能

また右側のチャートでGas代毎の「トランザクション承認までの時間」も確認できます。

Gas代毎に価格トランザクション承認までの時間も確認

ジョン
すぐにトランザクションを完了させたい場合、そうでない場合などに応じて、こちらを目安にガス代設定ができてメッチャ便利です!

おまけ:スマートコントラクトを直接操作する

UniswapやSushiswapのWebインターフェースがメンテナンス・ハッキングなどで利用不可になった場合、Ehterscanからスマートコントラクトを直接操作して資金の取り出しなどが可能です。

ジョン
いざというとき必要になるかもなので参考までに頭の片隅にでも入れといてください!

まずUniswapトップページから操作したいスマートコントラクトアドレスを入力します。今回は下記のUniswap(UNI)アドレスからUNIのスマートコントラクトを操作します。

0x1f9840a85d5aF5bf1D1762F925BDADdC4201F984
トップページの検索バーに自分のイーサリアムアドレスをコピペして入力

画面下の「Contract」タブから「Write Contract」を選択し「Connect to Web3」から自分のウォレットを接続します。

「Contract」タブから「Write Contract」を選択し「Connect to Web3」から自分のウォレットを接続

では100UNIを外部アドレスに送金してみます!下記のように入力しましょう!

100UNIを外部アドレスに送金
Dst(address):送金先アドレスを入力
rawAmount(unit256)送金するUNIの枚数を入力

お疲れ様でした!これにてスマートコントラクトを直接操作しての送金処理が完了です。

Etherscanのトラブル・よくある質問

Etherscanのトラブル・よくある質問

Etherscanは全て無料で使える?

ジョン
全機能無料で利用できます!

Etherscanは全ての機能を無料で利用できます。

ただ、ベータ版の機能もあり、それらは予告なしで消えたりするので、時期によって使える機能が少しずつ変わることがあります。気を付けておきましょう。

イーサリアム以外のチェーンの情報を見れる?

ジョン
Etherscanはイーサリアムブロックチェーン専用のブロックエクスプローラーです。他チェーンの情報は見れません。

それぞれ、下記のようにブロックチェーン毎にエクスプローラーが異なります。

Solana:SolScan
Polygon:PolygonScan
Avalanche:AvaScan

その他チェーンでもググれば出てくると思うので、ぜひご利用ください!ほとんど、使い方は似てますよ~。

取引履歴をエクセルにエクスポートできない?

ジョン
Etherscanでは取引履歴をエクセルにエクスポートできます!

Etherscanはエクセルに取引履歴を出力できるので税金計算時などに便利です。

下記記事にやり方をまとめているので参考にどうぞ^^。

【無料】DeFi取引履歴のエクセル出力方法【スキャンサイトで全取得できる】

まとめ:Etherscanは無料の超便利ツール

最後に、本記事のまとめです。

  • Etherscanはイーサリアムブロックチェーン専用エクスプローラー!
  • Etherscanは全ての機能を無料で利用できる!
  • Etherscanはいつでも利用できるようお気に入り登録推奨!

ではでは、本記事は以上となります。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。