2022年11月30日まで期間限定!新規口座開設だけで60,000円GET!

【超危険!?】Binance(バイナンス)403エラーの解決方法は待つだけ【ホントは全然大丈夫】

Binance403エラーで焦ってる人
・Binanceで403エラーが出てアクセスできない
・Binanceの403エラーってヤバイ…?資産凍結される?
・Binanceの403エラーを今すぐ解決したい!

本記事はこのような方のため投資歴8年の著者ジョンが「Binance403エラーの危険性・解決法」を解説していきます。

ジョン
僕自身、下画面が出て超焦りました…無事解説できたので、備忘録もかねて、まとめておきます。

Binance403エラー実際の画面
本記事を読むメリット
  • Binance403エラーの解決方法が分かります!
  • 403エラーの原因が分かります!
  • 資産凍結の心配は99%ないと分かります!

Binance(バイナンス)403エラーは待てば解決します

Binance(バイナンス)403エラーは待てば解決します

結論、2時間ほど待った後、再度アクセスしたところ403エラーは解決しました

皆さんも下画像の画面が表示されているのであれば、同様の解決方法です。待ちましょう^^。

Binance403エラー実際の画面

403 ERROR
The request could not be satisfied.
Request blocked. We can’t connect to the server for this app or website at this time. There might be too much traffic or a configuration error. Try again later, or contact the app or website owner.If you provide content to customers through CloudFront, you can find steps to troubleshoot and help prevent this error by reviewing the CloudFront documentation

↓日本語訳↓

リクエストを満たすことができませんでした。リクエストはブロックされました。現在、このアプリまたはWebサイトのサーバーに接続することができません。トラフィックが多すぎるか、設定エラーの可能性があります。後で再試行するか、アプリまたはウェブサイトの所有者に連絡してください。CloudFrontを通じて顧客にコンテンツを提供している場合、CloudFrontのドキュメントを確認することで、このエラーのトラブルシューティングと防止を支援する手順を見つけることができます。

日本語訳すると「ブロックされました」って出るのでホント恐ろしいんですけど、身に覚えのない方であれば心配ないです。

一応、皆さんに安心してもらうために、一般的な「403エラー」の原因についてまとめておきます。

一般的な403エラーの原因

一般的な403エラーの原因

主に下記4つです。

  • ①:アクセス制限されている
  • ②:DNS設定のミス
  • ③:WAF機能の誤作動
  • ④:indexファイルが存在しない

①:アクセス制限されている

サイト側で特定のIPからのアクセスを制限したり、DDos攻撃などの際にIPを検知し悪制限を行うなど、何らかの理由でアクセス制限されているケースです。

これまでBinanceへ問題なくアクセスできていたのならIPが元からブロックされている心配はありませんが、短時間で何度もアクセスしていたりした場合に攻撃とみなされブロックされた可能性もあります。

もし数日たっても403エラーが解除されない場合、攻撃とみなされた場合があるので、何もしていないのであればサポートまで問い合わせてみてください。※公式サイトのサポートには今アクセスできないと思うので下記DiscordかTwitter推奨です

Discord:こちら
Twitter:こちら

②:DNS設定のミス

DNS設定のミスがある場合、403エラーが表示されるケースが稀にあるそうです。

こちら側からできることはありません。Binanceのような世界的取引所だとCDNを使っているのでキャッシュサーバー側で誤作動を起こしている可能性などもアリ、そうなるとBinanceがすぐにどうこうできる話ではなくなります。

もしこのケースだった場合、他にも大量にアクセスできなくなる人がいるハズなので、Twitterなどで他ユーザーの様子をうかがってみましょう。

③:WAF機能の誤作動

WAFはWeb Application Firewallの略称で、不正なアプリケーションからのアクセスを検知・ブロックする仕組みです。

WAFの誤検知によって、皆さんのIPが「危険」と検知されブロックされている可能性があります。

この場合も皆さんに非があるワケでないので、時間がたっても解決しなければ、下記のDiscordやTwitterでサポートチケットを投げましょう。

Discord:こちら
Twitter:こちら

④:indexファイルが存在していない

ディレクトリに直接アクセスした際、indexファイルが存在しないと403エラーが出るケースがあります。

これについてBinanceは心配ありません。そもそもindexファイルが存在しないのであれば、これまでもずっと403エラーが表示されるはずですので。

まとめ:403エラーでユーザー側に非があるケースは少ない

上記4ケースで紹介したように、403エラーは「不正なサイト・攻撃」などでない限り、ユーザー側に非があるケースはほぼありません

また、意図的であれ、そうでなかれ、仮に下記のような不正をしたとしましょう。

・Binanceを資金洗浄に使った
・他の海外取引所で違法取引を繰り返しブラックリストに載った
・他人の名義でBinanceに自分の口座を複数作った

このような不正では、IPをブロックするというより口座凍結されるはずです。403にはならないと思います。

先生 なので403エラーは、やはり誤作動など些細なことが原因だと考えられます。ひとまず、安心してOKです。

Binance403エラーは待って解決しなければサポートへ!

ほとんどの人が、待てば解決するので気長に待ちましょう。長くても数時間です。

数日たっても解決せず、「絶対に自分は無罪だ!」という方であれば、下記よりサポートに連絡してみてください。ご自分のメールアドレスと名前は忘れずに記載しておきましょう^^。

ではでは、本記事は以上です。ありがとうございました。

Discord:こちら
Twitter:こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です