2021年11月30日まで期間限定!新規口座開設だけで10,000円分のビットコインGET!

【AXIE INFINITY】サルでもわかるDEX「Katana」の概要・使い方【画像付き解説】

 

 

DEXがよく分からない人

・AXIE INFINITY界隈のDEX「Katana」では何ができるの?

・Katanaをググっても英語資料ばかりで困る。日本語解説してほしいな…

・画像付きで、Katanaの使い方を教えてほしいな…

本記事はこのような方のために投資歴8年の著者ジョンが、AXIE界隈で生まれた新DEX「Katana」の概要・使い方を画像付きで日本語解説していきます!

 

【概要解説】AXIE界隈のDEX「Katana」とは?

【概要解説】AXIE界隈のDEX「Katana」とは?

Katanaは2021年11月4日に発表されたRoninブロックチェーン上のDEX(分散型取引所)です。

この発表では、大きく下記2つの要素がAXIEエコシステムに誕生しました。

  • ①:DEX「Katana」
  • ②:Roninブロックチェーンのネイティブトークン「RON」(ETHラップの「WRON」)

②については一旦置いといて、まずはDEXについてです。

 

DEXの登場でめちゃくちゃ手数料が減ります

AXIEはゲーム内で仮想通貨SLPを稼ぐことができますが、そのSLPを用いて新しくAXIEを購入するためには多くの手数料がかかっていました。

具体的には、AXIEのゲームプレイで獲得したSLPを外部の取引所・ウォレットに送金し、そこでETHにスワップし、そのETHを再度RoninWalletに送る必要がありました。そのブリッジ手数料が$200ほどかかりました。

ここで言うブリッジ手数料とは「ETHブロックチェーンからRoninブロックチェーンへトークンを移動する手数料」です

しかし、今回のKatanaの登場により、この手数料$200を80~90%以上削減することができます

ジョン
日本人コミュニティでは、この手数料への不満がめちゃくちゃ多かったので、DEXの登場はプレイヤーに待ち望まれてましたし、かなり大きなメリットにです!

ずっと期待されていたDEXによって、多くの新規AXIEの購入、ブリーダーの増加が見込まれます。(ここらへんはブリード費用の改定や流動的費用調整など、すでに運営から改善が予告されてます)。DEXの登場はAXIEエコシステムの明るい未来への第一歩と言っても過言ではないでしょう。

ともあれ、Katanaでできることはこんなもんじゃありません。

では、ここからKatanaでできることをそれぞれ解説していきます。

Katanaでできること

主に下記三つです。

  • ①:スワップ
  • ②:流動性提供
  • ③:ファーミング

 

①:スワップ

まずはスワップです。スワップとは通貨同士の交換を意味します。

2021年11月4日時点で対応している通貨はこちらです。

WETH、AXS、SLP、USDC、RON(予定)、WRON(予定)

WETH、AXS、SLP、USDCは解説不要かと思いますので割愛して、新しく登場したRONとWRONについて、補足説明しておきます。

RONをラップしたトークンがWRON

まず、上でちょっと述べたRONはRoninブロックチェーン上のネイティブトークンです。主にGas代として機能します。ETHブロックチェーンにおけるETHと役割は同じです。

これまでRoninWallet間でのトークン(SLP、AXS、WEH)やゲーム内アセット(AXIEやLAND)の移動は1日100回まで手数料無料で可能でした。しかし、今後はこういったウォレット間の移動にも手数料としてRONが発生します。現在は未実装ですが将来的にはそうなると発表されました。

一方でWRONはRONをラップしたERC20トークンです。「なんでWRONが必要なの?」と疑問に感じる人も多いでしょうが、これはクリプトではよくあることだったりします。今回のケースではステーキングのプロトコルがERC20でしか組めないらしく、Ronin上のRONで報酬を支払うことができないことからWRONを作ったそうです。

まとめると、DEX「Katana」の登場により、これら通貨のスワップをAXIEエコシステムのみで完結することができるようになりました!

ジョン
これにより僕たちAXIEプレイヤーは手数料の大半を削減できる、というメリットがあります!

 

②:流動性提供、③:イールドファーミング

Katanaでは、DEXではよくある流動性提供とイールドファーミングができます。超ざっくりいうと、お金を預けると「金利」+「別の通貨」がもらえるシステムです。

流動性提供とイールドファーミングは、二つで一つの関係です。というよりイールドファーミングをするためには流動性提供をする必要があります。下記のような流れで流動性提供とイールドファーミングを行うことができます。

  • ①:2つの通貨をプールする(流動性提供)金利」がもらえる
  • ②:プールするとLPトークンが貰える
  • ③:LPトークン用いてファーミングする「別の通貨」がもらえる

最初に2つの通貨をプールに預け入れます。これが「流動性提供」です。お金を預けるわけなので、当然金利が付きます。プラスして、流動性提供をした証として「LPトークン」を受け取ることができます。

このLPトークンをステーキングすると、報酬としてRONをERC20でラップしたWRONが貰えます。リリース当日にこの記事を書いてるので、ぶっちゃけ預け入れに対してどれほどのWRONが付与されるのか全く分かりません。。。ここは分かり次第追記します。

記事執筆時点では下記2つのペアで流動性提供が可能です。

AXS/WETH、SLP/WETH

そんなわけで、DEX「Katana」の登場により、AXIEエコシステム内で流動性提供とイールドファーミングもできるようになりました!

ジョン
ではここから、実際にスワップと流動性提供、イールドファーミングを行う手順を画像付きで解説していきます!

 

【トリセツ】Katanaの使い方を画像付き解説!

【トリセツ】Katanaの使い方を画像付き解説!

スワップのやり方

ジョン
今回はSLPをWETHにスワップします!

まずはKatanaのトップページに移動します。

画面左上の「Swap」を選択します。

画面左上の「Swap」を選択

画面中央のドロップダウンメニューから、スワップ元の通貨を選びます。

画面中央のドロップダウンメニュー

今回はSLP→WETHのスワップなので「SLP」を選択します。

「SLP」を選択

次に下のドロップダウンメニューからスワップ先の通貨を選択します。

スワップ先の通貨を選択

今回は「WETH」を選択します。

「WETH」を選択

次に、交換したい数量を入力します。今回は10,000SLPをスワップしたいので「10000」と入力しました。なお下画像の青枠部分は、自動で計算されます!

交換したい数量を入力

では、いよいよスワップします!青ボタンの「Swap」を選択しましょう。

青ボタンの「Swap」を選択

最後に、下画像のように確認画面が表示されます!

確認画面が表示

「Confim Swap」を選択して、トランザクションに署名して、スワップ完了です!

 

流動性提供のやり方

ジョン
今回はSLP/WETHのペアで流動性提供をします!

まずはKatanaのトップページに移動します。

画面左上の「Pool」を選択します。

画面左上の「Pool」を選択

画面下 青ボタンの「Add liquidity」を選択しましょう。

画面下 青ボタンの「Add liquidity」を選択

次の画面が表示されるので、通貨ペアを選択し、流動性提供をする数量を入力しましょう。

通貨ペアを選択し、流動性提供をする数量を入力

また、Katana上で初めて取り扱う通貨の場合は、下画像の青ボタン「Approve」から、トランザクションに署名する必要がありますので、こちらも進めておきましょう。

下画像の青ボタン「Approve」から、トランザクションに署名

通貨の認証が完了すると、「Approve」の枠が、下画像のように「Supply」になります!

「Approve」の枠が、下画像のように「Supply」

「Supply」を選択すると、下画像の確認画面が表示されます。

「Supply」を選択すると、下画像の確認画面が表示
ピンク枠の部分は「取得できるLPトークンの量」です。これは次に解説するファーミングをする際に必要になります。

確認内容に問題がなければ「Confirm Supply」を選択して、流動性提供のセッティングは完了です!これで金利が貰えますよ~

ジョン
次に、流動性提供で得た金利を確認してみましょう!

 

流動性提供で得た金利の確認方法

まずはKatanaのAnalytics>Accountsページに移動します。

検索窓に自分のRoninアドレスを入力して「Load Account Details」を選択しましょう。なお、Roninアドレスは「ronin:~」という形式ですが、ここでは「0x~」に書き換える必要があるので要注意です。

検索窓に自分のRoninアドレスを入力して「Load Account Details」を選択

これで、流動性提供によって現在取得できた金利を確認することができます。

ジョン
と言っても伝わりづらいと思うので、僕のアカウントの実際の画面をお見せします!

 

【参考までに】僕が得た金利はこれくらいでした

さてさて、僕は上記手順通りに10万円分SLP/ETHの流動性提供をしました。で、10時間後に結果を見てみると、$2.63円(約300円)の金利がもらえておりました

10万円分SLPWETHの流動性提供

単純に金利だけを計算してみると10万円の流動性提供にて、日利700円、月利21,000円くらいになりそうです。

ただ、この計算はILも考慮に入れてないですし(実際、この時点では僕の収支はマイナスです笑)、日々金利変動するので全くアテにならない可能性もありますが、ちょっとでも参考になればと思います^^。

実のところ、僕が流動性提供をした真の目的は次に解説するファーミングでWRONを手に入れるためです!あとはこの記事を書くため!笑

 

ファーミングのやり方

この手順を進めるためには「流動性提供」を完了して、LPトークンを獲得する必要があります。LPトークンを持っていない方はコチラの手順からまずは流動性提供を完了させてください!

ジョン
今回はSLP/WETHのLPトークンを用いてファーミングしてきます!

まずはKatanaのトップページに移動します。

画面左上の「Farm」を選択します。

画面左上の「Farm」を選択

今回はSLP/WETHのLPファーミングをするので、右の「SLP/WETH」を選択します。

右の「SLPWETH」を選択

下画面が展開されるのでステーキングと同様に「Approve」を選択して、SLP/WETH LPのトランザクションをKatanaに許可します。

「Approve」を選択

最後に「Stake」を選択すればLPを用いたファーミング完了です!

最後に「Stake」を選択

 

ファーミング報酬「WRON」の受け取り方法

記事執筆時点ではWRONの報酬未実装のため、Sky mavisの公式ドキュメントから、こちらは引用します。

結論から言うと、先ほどの「Farm」のページから報酬「WRON」の残高確認と取得(Claim)ができるみたいです。

「Farm」のページから報酬「WRON」の残高確認と取得

引用元:Katana Docs

左下の赤枠が報酬のWRONですね。こちらは流動性提供の報酬確認より簡単で、個人的にはGoodです!

 

【英語で見たい方】公式ドキュメントはこちら

 

▼DEX「Katana」の公式ドキュメントはこちら

https://axie-infinity.gitbook.io/katana-docs/

▼DEX「Katana」の発表時のドキュメントはこちら

https://axie.substack.com/p/katana

ジョン
英語が分からない方でもChromeの翻訳機能で不自由なく読めます!皆さん一度は目を通しておきましょう!

とゆーわけで本記事は以上です。

RONとWRON実装次第、また追記していきます^^。

【収益も全公開】AXIE INFINITYの始め方完全ガイド【5STEPで解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です