2020年12月30日まで期間限定!新規口座開設だけで10万円GET!

【収益暴露】6000DLされた個人アプリ開発でどれだけ稼いだか【失敗談です】

アプリ開発_収入

この記事の内容は「お金を稼ぎたい」と独学でアプリ開発をした僕の失敗談と、そこから学んだことです。なので成功談が聞きたい…!という方は、ゴメンナサイ0rz

本記事を読んで得られるもの
  • リアルなアプリ開発の失敗談(アプリも公開します)
  • 副業で失敗する人の特徴
  • どうやったら、副業で成功できるか

こんにちは。ジョンです。
今はブログとFX、動画制作で生計を立てています。

今回は、そんな僕の失敗談の一つを、超具体的に暴露します。

 

【収益暴露】6000DLされた個人アプリ開発でどれだけ稼いだか【失敗談です】

いきなりですが、収益暴露です。

期間は2018年4月14日〜2020年11月7日まで。もちろんGoogleさんの規約的にも収益公開はOKです。
6000DLのスマホアプリで得た収益
広告収入
  • ポケ工場(Androidアプリ):¥19,756
  • ポケ村(iOSアプリ):¥9,923
  • 合計収益:¥29,677
    >>該当アプリ:ポケ工場

2019年の初旬ごろからアプリで稼ぐのは辞めたのでメンテナンスをしていません。iOSアプリはDevelopper登録してアプリを公開するだけで年額$99かかるため、現在は非公開にしています。

拍子抜けかもしれませんが、5000DL(Android)+1000DL(iOS)のアプリで稼いだ金額はたったこれだけです。

では、なぜこれだけしか稼げなかったのか。
アプリをリリースした経緯から、その理由をカンペキに分析してみました。

 

なぜ、アプリを作ったのか【興味ない人はスキップ推奨】

普段、お金稼ぎについてアレコレ言ってる僕ですが、実のところ大学生の時は”ポケモン廃人”でした。

1日10時間、交換掲示板に張り付きながら対人戦をこなす…冗談抜きに大学1年の夏休みの大半はこんな生活でした。

そこで、対人戦用のパーティとか、努力値とか管理しつつ、それをみんなに公開して評価してもらえるツールが欲しいなぁ。。。という想いからこのアプリを作るに至りました。つまり、当時は「お金儲けは二の次」といった感じ。

しかし「プログラミングの知識があったのか?」と言われると、実のところ皆無でした。

完全独学でJavaとSwiftを学びつつ、半年ほどでリリース

当時の僕は文系でしたのでプログラミング知識は全くゼロ。

独学でJavaを学びつつ半年ほどでAndroidアプリをリリース、その後Macを買いSwiftを独学しつつ数ヶ月でiOS版をリリースしました。

  • Androidアプリ→環境:Android Studio、言語:Java
  • iOSアプリ→環境:Xcode、言語:Swift

上記の通り、僕は二つの開発環境かつ、別の言語で各アプリを作りました(機能は全く同じアプリなのに…笑)。

今思えば作業効率も最悪、そしてコストもかかり最悪の選択肢でしたね^^。

なので、バカみたいに1日10時間程かけて、やっと5行ぐらいのコードを書き、、、という毎日。正月も返上し、全ポケモン900体くらいのステータスをまとめたデータベースをエクセルで作っていました。今思えば、外注しろと…いろいろ酷すぎますね笑。

 

完成したアプリをリリースして、満足した

そして、2018年4月にAndroid版をリリース。

当時のDL推移もデータがあるので公開します。

ダウンロード数
  • 2018年6月:1759DL
  • 2018年7月:808DL
  • 2018年8月:537DL …と続きます

こんな感じでDL数は、ぶっちゃけかなり好調でした(SNSで、結構バズったからです)。

しかし、上記の通り。売り上げは、全く伸びませんでした。
その理由は、今思えば明白ですね。

 

アプリ開発の収入が伸びなかった理由

  • 理由①:”クリエイター”でしかなかった
  • 理由②:稼ぐまで、継続しなかった
  • 理由③:飽きた(多分、一番デカイです)

理由①について、僕は「作っただけで満足し、人に知ってもらおうとしなかった」のです。しかしそれでは、当然誰からも評価されないし、稼ぐなんて不可能です。

例えば、「世界一うまい料理店」があったとしても、人類未踏の地に店を構え、何の広告を打たなければ、誰にも一生知られずに、食べてもらえずに終わるわけです。

要は、どれだけ素晴らしいクリエイターであっても、最低限の「売る努力」は必要になるということ。僕はそれを、当時全く理解していませんでした。

ポケモンに飽きたためアプリも熱が覚めた

なんだかんだ言っても1番の原因は「ポケモンに飽きたこと」だと思います(余談ですが、そのポケモン熱は「お金を稼ぐこと」に向き、それ以降ブログやMLMにも手を出し、全て失敗したわけです)

最近の成功者たちは得てしてこんなことを言いますね…

  • 成功には継続が必須
  • お金を稼ぐためには「顧客視点」が必須
  • 寝ている時間以外全てを費やす努力が必須

確かに、これは真実です。

しかし、根源的に聞こえるこういった考え方も、僕はかなり表面的であると思っています。要は全て「それが好きなこと」に尽きるのだと、数多くの失敗から僕は学びました。

好きであれば勝手に継続するし、好きであれば勝手に顧客視点になるし(例えば、僕がアプリ開発を始めたのも「自分がこれを欲しい!」と思ったから。実は自分=ターゲットそのものです)、好きなことであれば、寝ている時間以外…それどころか夢の中にも出てくるでしょう。

振り返れば、僕がアプリ開発で稼げなかった原因は全て「飽きた」ことに起因するのです。

 

アプリ開発で満足な収入を得られず、学んだこと

  • 表面的な失敗の原因は「宣伝不足」と「継続不足」
  • 根本的に一番大事なのは「情熱」であること
  • 副業をするなら「何なら情熱を持てるか」を熟考しましょう

ちなみに本ブログは、現在235日の毎日更新中。大好きなFXやお金稼ぎについての発信しかしていないので、継続ができています^^

好きなFXとブログだけで月200万程度ですし…結局「情熱を持てることをやろう!」が今の僕の中のビジネスの本質なのですよね。

もし今、「何か副業やろうかなぁ」と考えている方。まず「俺って何なら、続くんだろう」と自問自答してみてください。その答えが、きっとあなたの天職なはず。

副業やビジネスで悩んでいる方の助けになれば幸いです^^

ではでは、今回は以上です。

関連記事

【厳選3つ】サラリーマンにおすすめのWワーク【不労所得を目指す】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です