『金持ち父さんの投資ガイド』から学ぶ言葉

投資ガイド

この本はいわば道案内をするガイドブックであり、ここの状況に合った具体的な答えを与えるものではない。この本の目的は、どんな質問をするべきか、それを知るための手伝いをすることにある。その手伝いができれば、この本は役目を果たしたことになる。

 

1.教育 Education

2.経験 Experience

3.ありあまるお金 Excess cash

これが3つのEだ。紙から目をあげながら金持ち父さんが言った。この3つを手に入れれば君は洗練された投資家になれる

 

金持ち父さんはこういっていた「家にも金持ち用、貧乏人用。中流の人用があるように、投資にもこの3種類がある。金持ちがする投資をしたいと思うなら、金持ち以上にならなければいけない。つまり、単なる投資をする金持ちではなく、洗練された投資家にならなければいけない。」金持ち父さんは、洗練された糖化を目指す私の育成プランを5つのステージに分けた。この本でも同じように5つに分け、それをさらに細かく、章や項目にかけてお話しする。

1:投資家になる心構えはできているか

2:どのタイプの投資家になりたいか。

3:しっかりしたビジネスを作り上げる

4:洗練された投資家になる

5:富を還元する

 

「お金の面から考えた場合、人が投資するのには3つの基本的な理由、あるいは選択肢がある。それは

1.安心していられること

2.快適であること

3.金持ちであること

の3つだ」

金持ち父さんはさらにこう続けた。「この3つはどれも重要だ。人間の人生の違いは、これらの選択肢に優先順位がつけられたときに生じる。大抵の人は今あげた順番でお金と投資に関する選択をしている」つまり、お金に関することを決めるとき、人がまず選ぶのは安心、次に快適さ、そして3つ目が金持ちであることだ。大抵の人が仕事による安定を優先するのはこのためだ。まず安定した仕事や職業を持ち、次に快適さを求める。金持ちであることは最後の選択肢だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です